2021年02月24日

工作員は使い捨て

先日、仕事先の事業所の出入口にある門扉に、自動車が衝突し、
大きく破損する出来事がありました。目撃情報によると、何か
の工事で来場していた外部の業者が、用事を終えて退場する際
に門扉に衝突したとの事です。

門扉には、非接触のICカードをタッチすると解錠する仕組みの
自動錠が付いていました。破損により自動錠が使えなくなって
しまった為、衝突した日は終日、業者の人が入場許可証の確認
で、門扉のところに立っていたそうです。

衝突から一週間が経ちましたが、門扉の修理工事が始まる様子
は無く、いまは警備会社の警備員が24時間入場許可証の確認で、
門扉のところに立っている状況が続いています。

門扉の破損状況は、想像を絶する壊れ方です。門扉には自動錠
の他に、鍵を差し込んで施錠する手動錠と、鍵を使わなくても
施錠出来る手動錠が付いていて、自動錠と併せて鍵を使わなく
ても施錠出来る手動錠を常用していたのですが、自動錠の台座
がもげて跡形も無くなっている他に、手動錠がかみ合って固定
する為の穴も変形しているのです。つまり手動錠が施錠された
状態で、自動車が衝突したと言う事なのです。

これは一体、どういった原因で、衝突に至ったと言う事なので
しょうか。門扉が目の前に現れたら、危険を察知してブレーキ
を踏むのが、自然な行動です。ブレーキとアクセルを踏み間違
えたのでしょうか。はたまた、車両を離れる際に、ブレーキを
忘れたのでしょうか。閉まっていた門扉に、ぶつかったのです。

門扉の修理には、恐らく、門扉を丸ごと交換する工事が必要に
なるのではないかと思います。まさか過失でない訳が無いとは
思いますが、まるで犯罪を犯した自覚のある人間が、一秒でも
早く現場を離れたいと焦った結果であるかのような壊れ方です。

安全を確認する事が習慣の現場に突如現れた、異次元空間です。

事業所の内部に工事を依頼した人間がいるはずではありますが、
事業所が修理費を肩代わりする結末は、さすがに無理があるの
ではないでしょうか。

修理費は、中小の業者にとっては存続に関わる程高額の負担に
なる事が想像出来ます。賠償の示談交渉は難航が想像出来ます。

業者の人が何の工事をしていたか迄の目撃情報はありませんが、
回っていた情報によると、少なくともその日は、仕事先で自分
が待機する居室の一つ上の階に隣接する女性用トイレで、便座
の交換工事が行われていました。まさか赤外線カメラが仕掛け
られた便座にでも交換していたのでしょうか。

数十台の赤外線カメラを仕掛ける工作活動の隠蔽に、事業所に
あった蛍光灯を、ほぼすべてLED照明(LED照明は高額です)に
交換するだけの、湯水の様なお金はどこかから湧いて来るのに、
あの人達は、あの人達の為に危険を冒して迄事業所に侵入させ
工作活動をさせておきながら、それで事故を起こして窮したら、
何もせず、工作員を使い捨てにする、と言う事なのでしょうか。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

「通信の秘密」は風前の灯(ふうぜんのともしび)

あらゆるインターネット通信は、傍受されています。
こんな事を言っても、いまいちピンと来ないでしょうか。

暗号化された通信であっても、大手サイトではサーバに通信内
容を傍受する装置が仕掛けられていて、通信内容が分かるよう
になっています。

情報提供事業者は驚くべき程迄に一般利用者を裏切って、警察
等の行政機関に情報を渡しています。一般利用者がどのページ
を閲覧したか、つまり何を調べていたか、ニュースサイトなら
どの記事を見ていたのか、地図サイトなら何処を調べていたの
か、天気サイトなら何処に行こうとしているのか、こう言った
事が分かる閲覧記録の無差別な生データをリアルタイムで警察
に送信し、警察は長期間保管しています。SNS事業者なら、会員
がSNS内に送信したあらゆる情報を渡しています。やりとりした
メッセージの内容、保存したデータ、通信元の情報等、非公開
設定や非開示を謳う規約は関係ありません。

サーバに通信内容を傍受する装置が仕掛けられていないサイト
への暗号化された通信であっても、インターネットの中継器に
仕掛けられた無数の傍受装置から得られる、通信元と通信先の
組み合わせと、中継器を通過するデータサイズの組み合わせの
解析から、通信元の個人と、通信先のサイト内でどのページを
閲覧していたか、特定しようとする試みまでやっています。

警察等の行政機関は、すべてを見ているのです。

(前略)国税庁は、令和元事務年度(令和元年7月〜同2年6月)にシェアリングエコノミーで収入を得た人が所得税を正しく申告しているかを調査するため、200人規模のプロジェクトチームを設置。全国12の国税局と事務所で約1400件の所得を調べたところ、計約174億円の申告漏れが明らかとなり、追徴税額は計39億円に上ったという。

国税当局では、特殊なシステムを活用してネット上での取引実態を把握しており、国税関係者は「取引がバレないで済むとは考えないでほしい」と話す。

問題となった取引には、フリーマーケットを含む通販サイト上の取引のほか、暗号資産(仮想通貨)や民泊、ブログなどで商品やサービスを紹介し、読んだ人が購入すると報酬がもらえる「アフィリエイト」と呼ばれる広告収入もあった。(後略)


〈産経新聞 2月18日 朝刊 25面〉

国税当局が活用している、と明言した「特殊なシステム」って
どんなシステムなんでしょうね。考えを詰めて行きましょうか。

調査に200人規模のプロジェクトチームを設置したと言いますが、
この人達は、申告漏れの疑いがある調査対象者について、金融
機関に照会を行う等の証拠集めをした上で、個人に申告漏れの
指摘を行う事と、追徴する事が仕事なのではないかと思います。

最大の疑問は、一体どうやって申告漏れの疑いがある約1400件
の調査対象者を見付け出したか、と言う点にあります。民泊は
営んでいる不動産の住所が分かるので、そこから事業者の個人
情報に到達可能である事が容易に想像出来ます。では、記事に
ある民泊以外の取引については、一体どうやって取引者の個人
情報を入手したり、ましてや取引者がどれだけの取引を行って
いるかの情報を入手したりする事が出来るのでしょうか。

まさか、経験と勘を頼りに絞り込んだちょっとでも申告漏れの
可能性がある調査対象者について取引履歴の有無を無数にある、
通販サイト運営事業者、暗号資産取引事業者、民泊仲介事業者、
アフィリエイト事業者に、手当たり次第に照会を行っていって、
約1400件になった、と言う事なのでしょうか。そんな事はして
いないでしょう。すべての取引履歴は、行政機関によって傍受
され、集められていて、名寄せした上で、申告の有無や内容と
比較し、調査対象者を抽出して行った、と言う事なのではない
でしょうか。

そう考えると、「特殊なシステム」の延長線上に、キャッシュ
レス決済の履歴やポイントカードの履歴も、行政機関によって
傍受され、集められていて、生活の一挙手一投足まで把握出来
る様にするシステムがあると考える事は、自然な流れでしょう。

国会で虚偽答弁を繰り返し、虚偽答弁で国民を煙に巻いて時間
稼ぎをしている間に、うまい嘘で国民を騙して国民共有の財産
から富を掠め取り、その富を、自分を中心とする親しい仲間に
分配する仕組みをつくり続けている者達の断罪と追放が急務で
ある事は、議論を待つまでもありませんが「取引がバレないで
済むとは考えないでほしい」等と、あたかも「我こそ正義」で
あるかの如く言い放つ行政関係者がいる事には、絶望的な気分
になります。

いま権力の座にあり、権益を貪り耽る者達が退場する事が無い
限り、いま目の前で当たり前とされている状況が微動たりとも
変化する事は無いのかも知れませんが、いつか自分達の意思が
通る様になったときを見据えて、自分達ならどんな日本に住み
たいか、いまから考えを深めておいても損な事は無いでしょう。

 続きを読む...

posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

AI顔認識カメラを発見出来る様になるには

今回は、ちょっとした挑戦です。禁断のネタに挑戦です。AI顔
認識カメラを発見出来る様になる方法について、書いてみよう
と思います。とは言え、この方法で、本当にAI顔認識カメラを
発見出来る様になるのか未知数です。間違ってはいないと言う
自信はあるのですが、実践する本人の資質次第だからです。

自分は男性なので、そう言う経験は特に無いのですが、女性は、
すれ違う男性が、胸元を見ると、気付いてしまうらしいですね。
それは、男性が視線を胸元に向けている事を、自分の目で見て
気付いてしまう、と言う事なのでしょうか。それとも、自分の
目が男性の方を向いていなくても、気付いてしまう事もあるの
でしょうか。

女性で、すれ違う男性が、胸元を見て来る事に、良く気付いて
しまうと言う方は、AI顔認識カメラを発見出来る様になる資質
ありだと思います。特に、自分の目が男性の方を向いていなく
ても気付いてしまうと言う方は、かなり近い位置にいます。

まず、監視カメラがある事に気付くセンスを磨いてみましょう。
初めて訪れる店に入ったときに、何か感じる事がありませんか。
感じたら、周りを見渡してみましょう。店の中に監視カメラが
あると思います。いまや、監視カメラが無い店の方が珍しいの
かも知れませんね。

監視カメラの有無が分かる様になったら、従来からある“防犯
カメラ”とAI顔認識カメラとの違いを識別するセンスを磨いて
みましょう。こちらはかなり熟練が必要な領域かも知れません。

 
posted by miraclestar at 01:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

新型コロナウイルスワクチンについて伏せられて来た事実

本日から、政府が推進する新型コロナウイルスワクチンの接種
が始まるとの事です。医療従事者の一部から始めて、接種対象
を順次拡大していくとの事です。

日本以外の国では、既に接種を始めている国もあり、副反応の
知見も蓄積されて来ているとの事で、安全性について特に問題
は無さそうだ、と言う雰囲気がつくられているのではないかと
思います。とは言うものの、長期的な影響は未知数であり本当
に問題が無いのか、時間が経ってみないと結論は出ないと言う
のが実態でしょう。

ところで、接種開始日前日になって、気になる事実が明らかに
なりました。一部の新聞の中面に掲載されているだけで、気付
かず見過ごしてしまう人も多くいるかも知れません。

「2年ごと接種」で効果持続(中略)

日本で初めて承認された新型コロナウイルスワクチンを米製薬大手ファイザーと共同開発した独バイオ製薬ビオンテックの(中略)最高経営責任者(CEO)が、日本経済新聞のインタビューに応じた。(中略)氏は効果の持続性について「2年ごとに接種が有効」と述べ、多くとも一年ごとで十分との見方を示した。(中略)ワクチンは(中略)同社のバイオ技術を基にしている。ファイザーの世界的な臨床試験(治験)などでのネットワークを活用して安全性や有効性を検証し実用化にこぎ着けたが、(中略)氏が事実上の「生みの親」だ。(後略)


〈日経新聞 2月16日 朝刊 15面〉

事実上の「生みの親」が、「2年ごとに接種が有効」との見方を
示した事は、限りなく重い意味を持っていると思います。技術
の隅から隅迄を知り尽くしている者が「効果が持続する為に2年
ごとに接種が有効」と言っているのです。接種から2年後に再び
接種しなければ、どうなるのでしょうか。

そもそも、接種の履歴管理にマイナンバーを使ったシステムを
構築すると言う話が出た時点で「あれ?」と思った人もいたの
ではないかと思います。数週間の間隔をおいて2回の接種で効果
が得られる様になる、と言う話だったと思います。数週間の間
に引っ越しをしてしまい、履歴が追えなくなる人が一体どれ位
いるのでしょうか。

あらゆる面において後手後手の対応を露呈し続ける政府が何故、
マイナンバーを使ったシステムを打ち出す一点において先手が
打てるのでしょうか。

(前略)日本政府はファイザーと2021年中に1億4400万回分の供給契約を結んでいる。日本からの追加注文があった場合について「(中略)今のところ日本がより多く受け取ることはできると考えている」と述べた。日本へはベルギーにあるファイザーの工場と、このほど稼働した独マールブルクのビオンテックの工場から供給する。米国からの出荷も検討する。「欧米から十分な量を供給できる」とし、日本での現地生産は考えていないという。欧州連合(EU)が1月に導入したワクチンの域外輸出に事前許可の取得を義務づける制限措置については問題にならないとした。(中略)

ビオンテックはファイザーとワクチンの販売による利益と開発費用を折半する。このほかファイザーからは前払い金で20年4月に1億8500万ドル(約195億円)を受け取っており、さらに成功報酬として最大5億6300万ドルを得ることになっている。


〈日経新聞 2月16日 朝刊 15面〉

新型コロナウイルスのまん延で、年齢や基礎疾患等の条件から
もし感染した場合直ちに生命の危険に瀕する可能性の高い人が、
差し迫った危機を回避する為に、科学の力に頼る事は、意義の
ある行為だと思いますし、決して否定する事はしません。ただ、
健康面での不安が特に無い人が、慌てて接種する必要は無いの
ではないか、と思います。どちらにせよ、接種の順番が回って
来る迄の時間がある人も多いのではないかと思います。接種の
順番が回って来たときどうするか、考えを深めておくと良いの
ではないでしょうか。

 
posted by miraclestar at 08:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

これがやつらの「ニューノーマル」

古今東西の思想家や作家が警告したディストピアは、「いつか」
ではなく、もう目の前に存在しています。盗聴盗撮装置がはび
こる破廉恥な監視国家が、いま手を伸ばせばそこにあるのです。

「20世紀少年」と言う漫画をご存知でしょうか。自分は少年誌
に連載された物語の一部だったり、友達に借りた単行本の一部
を読んだだけで、物語の全体像迄は知らないのですが、独裁者
が暴走する世界を描いた物語だったのではないかと思います。

「20世紀少年」の中には、物語全体を通して鍵となるイラスト
として「人差し指を立てた手と見開かれた目が重なり合った印」
が随所に描かれていたのですが、独裁国家を示す実に的を射た
印だったのではないかと思います。

独裁国家には、盗聴盗撮装置で国民を監視し縛りつける仕組み
が不可欠です。ただ、技術を知らない一般国民には、何が盗聴
盗撮装置で、自らを縛りつけている仕組みなのか理解出来ない
場合が多い様です。その様な独裁国家にとって不可欠な仕組み
を「人差し指を立てた手と見開かれた目が重なり合った印」で
表現するアイデアは、なかなか優れたものだったのではないか
と思います。

「20世紀少年」では、「人差し指を立てた手と見開かれた目が
重なり合った印」が街中の随所に描かれていたのですが、特に
目立ったのは、街の高い場所に描かれた印だと思います。街の
高い場所に、独裁者の目が見開かれている事を警告する表現で
あったのではないでしょうか。

これと同様に、街の高い場所に独裁者の目が見開かれた実際の
事例を、実物で観察できる場所があります。狛江市と世田谷区
の境界近くで行われている建設工事で使用されている、高塔型
クレーンの側面に、周辺一帯を見渡す様にして盗撮するカメラ
がこっそり据え付けられているのです。このカメラは、少なく
とも数百メートル遠方の住宅の窓から、部屋の中の様子を識別
出来るだけの性能を持っている様です。また、周辺の道を歩く
人間を識別し、追跡する機能も持っている様です。

場所は小田急線喜多見駅から少し歩いた場所にあります。北口
を出て、ティップネスの周辺まで来てください。ティップネス
のある区画の周囲の公道を一周すると、この高塔型クレーンを
簡単に発見する事が出来ると思います。辺りが暗くなる時間帯
に訪れる事を勧めます。クレーンの先端にある航空機用の赤色
灯の他に、操縦室の側面に少し暗い赤色灯が光っているところ
が確認出来るのではないかと思います。この高塔型クレーンが
どのくらい高い場所にあるか、正確には分かりませんが、近く
にある川を超えてその先に広がる住宅街の住宅の中や歩行者迄
も盗撮する事が出来る状態があるのではないかと思います。

これと同様の仕組みの整備は、もう既に全国各地で進められて
いる様です。河川敷に設置されている、橋梁監視用のカメラは、
AI顔認識カメラであり、街の高い場所から橋梁と同時に周辺の
住宅の中や歩行者の動きを盗撮出来るようになっており、実際
に盗撮しています。東京スカイツリーには周辺一帯を見渡す様
に盗撮する超高繊細のカメラが据え付けられており、AIと接続
されていると、隠す事をせず、むしろこれが「ニューノーマル
だ」として、何と新聞がこれを報じました。

独裁者を放置すれば、何も無いと思っていた窓から見える空に、
ある日突然盗撮カメラが現れ、生活の隅の隅迄ほじくり出す様
にして、盗撮される様になる事は間違いないでしょう。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする