2018年09月27日

日本共産党の主張内容との違いについて

これまで数多くの政策提案をしてまいりましたが、
この度日本共産党の主張内容に触れる機会があり、
主張内容に共鳴する部分と違う部分があることが
分かり、はっきりさせる必要があると感じました。

日本共産党の主張内容として参照した原本は、
日本共産党が正式な見解としてまとめたものではなく
Wikipedia日本語版にまとめられているものを参照しました。

  • 提案者は外国人地方参政権の付与に反対である
    提案者の主張内容と日本共産党の主張内容の
    根本的かつ決定的な違いだと思います。

  • 提案者は日米同盟の解消には賛成だが日本共産党とは一線を画す
    日本共産党はその名称やその成立経緯から、共産主義国家との
    連携が色濃くなりがちでバランスを欠くと言わざるを得ません。

  • 提案者が主張する社会革命の手段と方向性は日本共産党が主張するものとは違う
    提案者の政策提案は、提案者が100%、誰の力も借りず、提案者の
    パートナー達の意見を参考にしながらゼロから構築したものです。
    提案者が日本共産党の主張内容を参考にしたことはありません。

  • 提案者は天皇制をわざわざ廃止する必要性までは感じていない
    提案者にとって、天皇制は必要不可欠なものではありませんが、
    とは言うもののわざわざ廃止する必要性までは感じていません。


 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする