2018年11月30日

時間に比例しないノウハウの守り方 - 6 労働者の利益を代弁しうる政治家の人材像とは

本稿では

【労働者】の立場から【経営者】に有利につくられてきた
これまでの社会を解体し真に平等な社会を構築する方法論

について書き綴っています。

では実際に【労働者】の利益を代弁する意思決定をする
人間をどのようにして見出し選べばよいのでしょうか。

政治は権力闘争です。

選挙に勝たなければ、闘争の場に立つことさえできず、
勝っても、力が無ければ意見を通すことができません。

しかしながら、力を持てば力を持った者同士で連携し、
力を持った者だけで物事を決めるようになるものです。

【労働者】の利益を代弁するという志を持って
政治の道に足を踏み入れた人間でも、力を持ち
力を持つ者に囲まれるようになれば志を忘れて
【経営者】の誘いに負けるようになるでしょう。

力が無ければ【労働者】の利益を届けることができません。ところが、
力を持てば【経営者】の誘いに負けるようになるのです。(続く)

 
posted by miraclestar at 01:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする