2019年01月18日

「監視されずに生きる自由」を守り抜く為に 1

物心ついた頃からスマートフォンに触れ、当たり前のように利用して育った
世代の人たちにとっては、「監視されずに生きる自由」が、どういうもので、
どれだけ大切で貴重なものであるか、を実感しにくいかもしれません。

なぜなら、スマートフォンの電源を入れた瞬間からGPSが働き始め、
“刻々と変化する位置情報”が通信会社とソフトウェア会社に
知れ渡る『監視下の生活』が始まるからです。

最初から「監視された状態」しか知らない人が、「監視されていない状態」が
どういうものか想像することは難しいでしょう。「監視されていない状態」を
知る世代の人も、「監視された状態」と「監視されていない状態」の違いを
意識したことが無い人がほとんどなのではないでしょうか。

「監視された状態」と「監視されていない状態」のどちらが良いのか、
どちらが幸せなのか、考えることも選択することも、ましてや知ること
さえも機会が与えられて来なかった人が、このことをどう感じるのか、
もしかしたら多様な感じ方があるのかもしれません。

いままさに、目の前に、『逃げ場の無い監視社会』が
現出する方向に走り出すか否かの瀬戸際に来ています。

皆さんは、監視カメラの増備が、過去に経験したことの無い
規模で、密かに計画されていることにお気づきでしょうか。

このまま意識せず、声を上げないまま過ごしてしまえば、

いつの間にか『逃げ場の無い監獄』の中にいた

と言うことになりかねません。(続く)

 
posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする