2019年04月23日

タイムカプセル


timecapsule190423layer3.atc(873,476bytes)


 
posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯行声明もプロパガンダも無いテロ事件

先日の衆議院議員補欠選挙において政権与党である自民党は
選挙が行われた選挙区で全敗と言う結果が出ました。逆風が
吹いていた沖縄3区はともかくとして、大阪12区では勝つと
思っていたのではないかと思います。

単純な与野党対決では無く、保守分裂でも無く、保革対決に
第三極と言う構図でも無く、誰が当選してもおかしくは無い
四人で争われた選挙でした。このような選挙において、適切
な得票比率を予想する事は困難で、もし伝家の宝刀を使うと
致命的な矛盾を露呈してしまう危険性があり、それは出来無
いと言う判断があったのでは無いかと思います。

しかしながら、必ず勝つという確信があったのでは無いかと
思えてしまいます。選挙戦終盤、首相が応援演説で現地入り
し、主要な演説場所一ヶ所で演説するだけでは無く、選挙区
内の全ての市を回って演説すると言う力の入れ方だったよう
です。しかも、首相が、吉本新喜劇の舞台に直々に登場して
アピールすると言う念の入れ方で、その様子はテレビで放映
されました。

ここまでやって負けたら大恥をかいてしまいます。

必ず勝つ、と言う確信につながる情報でももたらされていた
のでしょうか。投票日の朝刊では自民党が勝つと言う雰囲気
が漂っていました。

――◇◆◇――

日本で選挙の投票が行われていたその日に、親日国とされる
スリランカで同時多発で大規模な爆発を伴うテロと思われる
事件が発生しました。

外国人が良く使うホテルや、キリスト教の教会等が狙われて
おり、過去に発生したテロ事件との類似性からイスラム過激
派が関わっているのではないかとされ、現地スリランカ政府
は国内のイスラム過激派とされる組織のメンバーを拘束した
と報じられました。

そのような事件が起きる中で選挙の投票が締め切られ、開票
が行われたのです。結果は、国政において自民党全敗でした。

――◇◆◇――

2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが起きたあの日、
NHKは世界に数多ある中継先の選択肢の中から、ワールド
トレードセンタービルを遠景に望む場所を選び、飛行機がビ
ルに飛び込む瞬間を生中継しました。

当時たまたまNHKが流れるテレビの前に居た自分は、その
後の展開も含めてただただ呆気にとられるばかりで、疑問に
思う事は無かったのですけれども、ものすごい奇跡が起きて
いたのではないかと思います。

もちろん世界を揺るがす事件にはしばしば奇跡はつきもので、
完全にあり得ない話であるとは言えないのかもしれません。

ところで当日ワールドトレードセンタービルに居た日本人の
中にも巻き込まれた人がいた一方で、ユダヤ人だけは一人も
現場におらず、難を逃れていたと言う事実があったようです。

当時この事を綿密な取材を元にNHKの番組で証言していた
NHK職員が居たそうなのですが、その後NHK放送局内の
窓から転落死して命を落としてしまったそうなのです。実に
都合の良い死に方で口が閉ざされ、職員が出演していた番組
の映像はもちろん、職員が居た痕跡等も徹底的に消去された
らしいのですが、果たして、ワールドトレードセンタービル
に勤務していたユダヤ人が事件当日だけ全員現場に居ないと
言う奇跡はあり得る事なのでしょうか。

ここでその真相について考える事はやめておく事にしますが、
少なくとも確かな事は、当時のアメリカ政府は、この事件と
犯人・犯人グループを最大限政治利用し、戦争に突き進んで
行った事でしょう。アメリカの多様な産業に利益をもたらし、
特に、軍需産業に多大な利益をもたらした事は間違い無いと
言えるでしょう。

テロ事件には犯行声明がつきもので、例えそれが捏造された
ものであったとしても、少なくとも、人々の前には、犯人と
犯行声明が、確かに存在しているかの如く現れ、それと対を
成して、ここぞとばかりに政権浮揚につながるプロパガンダ
を発信する為政者が現れる、と言う風景こそが、過去のテロ
事件において見慣れた風景であったのでは無いかと思います。

――◆◇◆――

先日、スリランカでテロと思われる事件が発生したその日に
日本で行われた衆議院議員補欠選挙において、自民党全敗の
結果が出ましたが、もし日本国民が、事件の恐怖におののき、
庇護を求めて軍国政権にすがり、自民党が勢力を伸ばす結果
が出ていたとするならば、いま目の前に見える風景が、全く
異なるものになっていたかもしれません。何故なら、テロと
思われる事件を受けてここぞとばかりにプロパガンダを発信
し、平時の監視正当化と非常時のSNS規制に、一気に突き
進んでいた可能性があったからです。

国政において、自民党が全敗した事は、
この空気を吹き飛ばしてしまいました。


スリランカでテロと思われる事件が発生したにもかかわらず、
犯行声明は出ておらず、これまで見た事の無い展開が続いて
いるようです。

現地政府が犯人の疑いがあるとして拘束した組織はこれまで
大規模なテロ事件を起こした事は無く、もし拘束した組織が
本当に犯人だとするならば、今回の事件が初犯、と言う事に
なります。ただ、初犯であるにしては事件の規模があまりに
大き過ぎると思います。犯人として拘束した人数は二十四人
だそうですが、二十四人ではこれだけの規模の事件を起こす
事は出来ないのではないかという分析もあるようです。

そもそも国内の過激思想を持った組織がテロ事件を計画して
いると言う調査報告書を日本の報道機関が入手して報道して
いますが、どうして秘密裏に行われた諜報活動の成果は機密
の塊であるはずなのに、黒塗りも無しに入手する事ができて
いるのでしょうか。もっともらしく見えたとしても、所詮は
怪文書の類の信頼度しか無い、と考えた方が良いと思います。

一方で、実際の犯人グループは拘束に向かった警察に抵抗し、
警察官を三人殺害する等、凶暴で迷いの無いプロ集団の様相
を呈しているようです。

日本で軍国政権が勝利する結果を得て、平時の監視正当化と
非常時のSNS規制に、一気に突き進んでいたとするならば
事件の矛盾に気づかれてしまう情報がここまであふれる事は
無かったのかもしれません。それこそ「目的は達成された」
と言う事だったのでしょう。

いま、起こしてしまったテロ事件を誰の犯行にして幕引きを
図るか、の答えが出ず迷走しているように思えてなりません。

何故なら、外国人が良く使うホテルや、キリスト教の教会等
を狙うと言う犯行の様相は、過去に発生したイスラム過激派
によるものとされる事件と似ているけれども、スリランカは
仏教徒が七割もいる仏教国だったからです。スリランカで対
立と言えば人口比率一位の仏教徒と二位のヒンドゥー教徒で
あり、内戦も起きました。ただし過去の話で終結しています。
イスラム教徒はキリスト教徒と並んで少数派であり、少数派
が少数派に対して無差別テロ事件を起こすほどの動機を持つ
のかと言えば、そのシナリオには無理があるように思えます。

――◆◇◆――

得票数の数字を大幅に書き換えることができるとするならば
僅差で競り勝つような数字にして計画していた通りの順位に
持っていく事が最良のシナリオです。対立の構図がどうあれ、
途中経過で誰が優勢であれ、最終的に競って勝ったとすれば、
不自然に思われることが無いのです。

得票数の集計の段階で得票数の数字を大幅に書き換え、計画
した通りの得票数を報告させるようにするためには、脅迫や
買収などの方法で選挙管理委員会に従事する職員でその権限
がある者の中に実行役を確保するか、少なくとも、報告した
得票数と発表された得票数が異なっていても、その事を口外
しない口止めの約束が成立しなければ成功しないでしょう。

実際は、口止めの約束なんて無くて例え発表された得票数が
異なっていたとしても、その事を口外する職員なんていない
のかもしれませんけれども。

知事選など広域にまたがる投票結果を集計する選挙において、
得票数を集計する単位が複数の選挙区に分かれている場合は、
全ての選挙区で実行役を確保できるとは限らず、実際の投票
結果を報告する選挙区の数が多くなると、計画していた通り
の順位にはならず、失敗する可能性が出てしまいます。

そこで知事選等の選挙においては、計画して当選させる候補
が圧勝するようなシナリオを採らざるを得ないでしょう。

これが小規模な自治体の首長選等の選挙で得票数を集計する
単位が複数の選挙区に分かれていない選挙においては、最初
から僅差で競り勝つシナリオを採ることが出来るのでしょう。

首都圏のNHKニュースで選挙が始まった当初からNHKが
推していた東京都北区長選挙の新人候補について、開票速報
が出始めた当初、新人候補が現職候補に僅差で競り勝つ出口
調査結果を発表していて、新人候補と現職候補の選挙事務所
双方に中継が入ってどちらが勝つか分からない状況なのかと
思っていたのに、結果が出てみれば、何と、現職候補が大差
をつけて完勝するという出来事がありました。得票率にして
実に8%もの差がついたのです。

こういう事もあるのか、とは思いましたが、未遂でしょうか。

 
posted by miraclestar at 16:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする