2019年08月03日

戦争が始まる

遠い昔、戦争がはじまったとき、当時の若い衆は、
バケーションが終わる頃には戻って元通りになる
と思って戦争に突入していったそうですね。

いまの若い衆もそれほど違わない気分で過ごして
いるのかもしれません。もうすぐ終わる、と。

ここ半年の間、特に元号が変わってからの三ヶ月
間は、ものすごい勢いで生活を破壊する仕組みが
整えられてきました。

生活を破壊するって、生活空間の中に何かしらの
危害を加える設備が増えたとは思えない人が多い
かもしれません。カメラが増えたと思いませんか。

カメラなら昔からあった、と思うかもしれません。
違います。いま新しく設置されたカメラは、全て
警察署につながっていて、警察官がいつでも自由
に生活空間を盗撮できるようになっているのです。

とは言っても24時間365日モニターに張り付いて
いるわけではありません。AI顔認識機能があって、
監視したい対象の写真を登録しておくと自動的に
映像を記録しいつどこのカメラに記録されたかが
分かるようになっているのです。

街中で出会うタクシーは、既にAI顔認識カメラが
搭載されています。鉄道車両にもAI顔認識カメラ
付がどんどん増えています。駅のホームに設置さ
れているカメラもAI顔認識カメラになりいつどの
駅からどの駅まで乗ったかを記録している様です。

生活を破壊するって、まだ納得できない人がいる
かもしれませんね。日常生活を送る上で、カメラ
に撮られているか否かは関係ないじゃないか、と
思いますか。

日常生活を送る事しかできなくなると言う事です。

ある政治集会に参加したとしましょう。政治集会
の会場に設置されたAI顔認識カメラが参加者の顔
を記録します。次から、街中のカメラで、個人宅
のカメラで、駅のホームのカメラで、鉄道車両の
カメラで、タクシーのカメラでも、参加者の行動
を追うようになるでしょうね。参加者が誰と行動
を共にする事が多いか、等の解析結果を元に傾倒
度も分かるでしょう。誰が動いていてどのような
同盟関係があるのか。そういった事全てが自動で
導きだせるようになるのですよ。

これは一例です。とある本を購入した人間を追跡
する、なんて事も行われるようになるでしょう。

この状況がすぐに終わる、なんて事は有りません。
ここに至るまで、何度も警告を発信していたにも
かかわらず、多くの人は、声を上げず、行動せず、
放置してきました。

状況が変化するタイミングは、3年又は4年に一度
です。変化させる事が出来なければ、次可能性が
あるのは3年後です。そのような周期でしか変化
し得ない事を、どうぞお知り置きください。

 
posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする