2019年08月12日

国産技術を棄損する事こそ政体の目的

記憶する限り、戦後国産技術を棄損する事を目指
して大規模な殺戮が行われたのは1985年の今日が
初めてだったのではないでしょうか。以来同様の
規模の殺戮こそ行われなくはなったものの、国産
技術を開発したり、扱ったりした者が暗殺、逮捕、
妨害工作等に遭い、表舞台から葬り去られる事が
当たり前の光景となりました。

警察、検察、裁判所は小さな嘘付を裁く事も仕事
ですが国産技術を棄損する事を生業としています。

警察、検察、裁判所は結託して、国産技術を推進
する人間を犯罪者に仕立てあげたり、国産技術を
推進する企業を狙い撃ちして取り締まったりして、
国産技術を棄損する目的に貢献してきました。

犯罪をでっちあげる事等朝飯前で、至るところで
見受ける事が出来るありふれたやり方です。洗脳
を解除する事に結び付く裁判には間違い無く排斥
の判断を下しています。

皆様に注意を促したい事は、これが過去の話では
無く、いま目の前にある現実だと言う事なのです。

国産技術を棄損する事を推進してきた動かし難い
実績があり、いままさに国産技術を棄損する事を
推進しつつある事実があり、未来永劫にわたって
国産技術を棄損する事が容易に想像できる政体の
御曹司を有り難がって拝み倒していたら日本文明
は滅亡に向かう一方です。

奇しくも、純国産の血を受け継ぐ直系の跡継ぎを
産む事が出来なくなりましたね。それこそ表向き
の宣伝の向こう側で奴らが本当に考えている事を
反映した現実と言えるのではないでしょうか。

 
posted by miraclestar at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする