2019年10月31日

いま既に「超監視社会」そのものである犯罪国家が中国を問題視出来るのか

途方もなく悪質な嘘付きに丸め込まれ、日本国民は深い霧の
中に閉じ込められ、まるで夢遊病患者の様な状態にあります。

中国の様に「顔パス」の改札をやらないだけで日本では鉄道
のホームの監視カメラがAI顔認識カメラ化されつつあります。

オフィスや学校で、入構時の本人確認や、勤怠・出席管理に、
顔認識技術を使っていなくとも、何の周知も無しにAI顔認識
カメラに置き換えられている場所があります。

警察が新たに設置するカメラは、間違いなくAI顔認識カメラ
である事はもちろん、何かしら別の目的を偽装して生活空間
の隅々にまでカメラを張り巡らせる、あの手この手の手口が、
次々と開発されています。民間住宅等民間の敷地にも、警察
に直通しているAI顔認識カメラが設置され、国民を盗撮して
います。逃亡犯の中で、発見された経緯に、曖昧な点がある
事例は、AI顔認識カメラの監視網が利用された可能性がある
と思います。

全国で走るタクシーのカメラは既にドライブレコーダーでは
無くAI顔認識カメラです。こう言った事が、何の周知も議論
も無く、勝手に推し進められているのが、いま皆様が生きる
日本国であり、それが目の前にいる独裁者の正体なのです。

先日、日経新聞に以下の様な記事が掲載されました。

中国の決済 顔認証主流に
(前略)中国で、(中略)「顔認証決済」が広がり始めた。(中略)中国では17年に「国家情報法」が施行し、政府は国家の安全保障を脅かすと判断した場合、中国企業から情報提供を受けることが可能になった。だが中国政府は同法を根拠に個人の信用情報などあらゆる情報を企業から入手しているとの批判が国内外から絶えない。(後略)

〈日経新聞 10月26日 朝刊 1面〉

なぜ、いわゆる共謀罪法を根拠にして、個人にまつわるあら
ゆる情報を企業から入手している日本国政府には批判が起き
ないのでしょうか。

情報統制されていて流通していないだけではないでしょうか。

(前略)こうしたなかで顔認証決済が生活に浸透すればするほど、中国政府は今後、犯罪者のほか一般人さえも、全土に張り巡らした約2億台の監視カメラと連動させ、人の動きや居場所、志向をより正確に把握し、監視する事が可能になる。14億人の中国は「超監視社会」に近づく。(後略)
〈日経新聞 10月26日 朝刊 1面〉

日本国政府は、既に、一般人さえも全国に張り巡らしたAI顔
認識カメラで、動きや居場所、志向を把握し監視しているし、
赤外線カメラを使って、建物の中の動きまでも監視し始めて
いるのに、どうして中国が問題なのでしょうか。

この記事を読んだ日本国民の皆様は、当然の事だ、と共感し、
この様な議論が、自由に出来る新聞が発行されている日本は
安心できる社会だ、と思わされてしまうのかもしれません。

しかしながら、中国は隠さず堂々とやる一方で、日本国政府
は日本国民に知られない様に細心の注意を払っているだけで
中国を批判する事等到底出来ない程、監視しています。ただ
隠蔽しているから知られていないだけなのです。

日本国民が生きるこの社会は、既に「超監視社会」なのです。
途方もなく悪質な嘘付きは、存在している事を知らなければ
なりません。いま目の前にいるのです。

 
posted by miraclestar at 23:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

四台目の赤外線カメラは上から

昨晩のうちに、四台目の赤外線カメラが据え付けられ、先程、
盗撮を開始しました。四台目の赤外線カメラは自宅の近くに
ある高い場所から見下ろす様な形で設置されています。

もはや、カメラの見た目を晒す必要すら無いかも知れません。
不透明なプラスチック製の筐体に赤外線カメラが収められて
いたとしても、役割を果たします。

現物は確認していませんが高い場所に設置されている事から、
周辺の民間住宅に暮らす人間の裸体が男女問わず盗撮出来る
状況にあると思います。

 
posted by miraclestar at 01:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

懲役刑の囚人の様な生活

食事しては寝るを繰り返す生活。ときどき、仕事をする為に
出掛ける。自宅と勤務先の間には、無数のAI顔認識カメラが
仕掛けられていて、常に動きが追われている。タクシー等の
一部業種の車両にもAI顔認識カメラが仕掛けられていて盗撮
を続けている。

自宅と勤務先の最寄り駅のホームのカメラがAI顔認識カメラ
になった。駅出入口にもAI顔認識カメラが仕掛けられている。

インターネットの通信内容はほぼ全て監視されている。

自宅も勤務先も、赤外線カメラで中の行動が監視されている。
しかも、裸体だ。裸体を監視されている。

三台目の赤外線カメラは想像を超えていた。

一台目の赤外線カメラは、自宅のすぐそばの建物に据え付け
られているので、その存在は誰の目にも明らかだ。

二代目の赤外線カメラは、勤務先の控室が入る建物の全体を
なめるように、反対側の建物の中に設置されている。外から
カメラそのものを見つける事は出来ないが、恐らく建物内に
据え付けられた監視カメラの一台として偽装していると思う。
赤外線カメラはちょっとくらいの障害物があっても透過して
みる事が出来るので、そのような設置方法でも役割を果たす。

三台目の赤外線カメラは、自宅の中を別の角度から盗撮する
監視カメラだ。カメラが設置されている方向は分かるのだが、
その方向にカメラは見当たらない。駐車場があり、カメラを
設置出来る建物まで100メートル以上の距離がある。その先に
あるのはマンションだ。マンションの一室に設置されている
のかもしれない。ただ間を遮る障害物が無数にあり、障害物
があっても、関係なく盗撮する事が出来る大口径のレンズが
組み込まれた大掛かりな装置なのだろう。

自由は無い。

 
posted by miraclestar at 18:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

台風19号の被害を目の当たりにした日本国民の皆様へ

台風19号で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

実は、台風19号が接近するなか自宅を離れる際に、万が一の
事があって、浸水してしまった場合に、この端末が水没して
使えなくなってしまう事が無い様に、高い棚の上に移動して
置いたのです。幸いな事に無駄な行動となってしまいました。

日々伝えられる未曽有の災害に心を痛めていらっしゃる方は
多いのではないかと思います。自分も、そのうちの一人です。

被害の全容も把握しきれていない中、また、当面の暮らしを
どうするかも見えない被災者が多くいる中、早すぎるのかも
知れませんが、復興の一助になればとの考えから、これまで
公表したタイムカプセルを開封する鍵の一つを公表する事に
致しました。

タイムカプセルに含まれる提案の内容は、北陸新幹線の沿線
となる地域において、いま進んでいるであろう成長の方向性
を無しにして、全く新しい、別の方向性を選択する内容です。

これまで同様の提案を数多く公表して参りました。ただ残念
な事に、意図した通りに活用して頂けた成功例はありません。

提案を目にした日本国民の皆様が、どの様に感じ行動するか
が大切な事であって、過大な妄想を語る政治家に流されては
いけません。過大な妄想は過大であるが故に必ず破綻します。

政治的な勝利が無ければ何も起きないと思います。いま目の
前にいて主導権を握っている政治家は何もやってくれません。

timecapsule180828.atc(353,124bytes) TSP-backoffice

 
posted by miraclestar at 07:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

政府は赤外線カメラの設置を進めている

赤外線カメラは、壁や布等を透過し外からでも建物の内部を
監視できるカメラです。窓に遮光する何かがあったとしても
布程度なら関係無く、内部の様子を知る事が出来ます。壁も、
素材によっては透過して、内部の様子を知る事が出来ます。

このカメラを、監視対象の部屋が見える、反対側の建物等に
設置し、監視を行っているのです。

もうお分かりかと思いますが赤外線カメラで見る事が出来る
人間の姿は裸体です。カメラに、もし通行人が映り込んだと
すれば、それは通行人の裸体を目にする事になるでしょう。

この様なカメラを、警察内部の誰からも捜査を受けない組織
で運用しているものと思います。誰からも捜査を受けず表に
出る見込みが無いからと言ってこのようななり方が許されて
良いのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

鉄道車両にGPSアンテナが不要な理由

野生動物の生態を研究するやり方を知っていますか。

ときどき、テレビでも野生動物の生態について紹介する番組
が放送されていて、研究する過程について、紹介するときも
あるから、そう言うのを見た事がある人はイメージしやすい
かもしれません。

野生動物ですから、動き回りますよね。動き回る動物を常に
観察し続ける事が出来れば良いのですけれども、どこまでも
いつまでも追いかけ続ける事は困難が伴います。人間が行動
する事が困難な道筋、例えば、水の中だったり、空だったり、
土の中だったりを、人間よりはるかに早く行動してどこかへ
行ってしまうでしょう。人間が動物の動きを常に観察し続け
ようとすれば、観察する以外に人間がやらなければならない
事が何一つ出来なくなってしまいます。

そこで、古くから行われているやり方は動物に目印を付ける
事です。目印を付けた動物が、次にいつどこで再び出会うか
によって、動物の行動を推しはかる事が出来るのです。

目印には、動物の個体の特徴を覚えておくやり方と、動物の
個体に実際に首輪、足輪、タグ等を付けるやり方があります。
どちらにしても、一つの個体に目印を付けただけでは研究の
目的が達成出来ない可能性があるので、複数の個体に番号や
名前等を付けて管理する事になるでしょう。

また、動物の個体に実際に何かを付けるやり方をやるときに、
発信機を付けたり、GPS機能付の発信機を付けたり、カメラを
付けたりして、より詳しく観察出来る事もあります。

ただし、必ずしも、動物に目印を付ける事が出来るとは限り
ません。個体数が少なく、出会う事が稀で、見つける事から
始めなければならない事もあります。目印を付ける事が禁止
されている事もあります。個体の特徴が乏しい事もあります。

その場合は、ひたすら観察し続けるしかありません。足跡や
排泄物等の痕跡から生態が推測出来る事があります。出会う
可能性がある場所で待ち伏せする事もあります。人間がその
場所にいて観察する事もあれば、カメラが代わりになる事も
あるでしょう。このとき、動きに反応して撮影するカメラが
活躍する事もあります。

――◇◆◇――

ここで、ちょっと技術が進歩した未来に、野生動物の生態を
研究するやり方は、どうなっているか、考えてみましょう。

動物の言葉が理解出来る技術が開発されて、動物にも自分の
名前がある事がわかったとしましょう。実際には、鳴き声を
聞いて個体を識別出来るようになる技術が考えられます。

そこで、動物の個体に自動で目印を付ける装置が考えられる
様になりました。餌で動物をおびき寄せて、鳴き声を聞いて
個体を識別出来たら、動物に名前が刻印された目印を付ける
装置が実用化されました。この装置で研究対象の個体の数を
増やす事が出来る様になりました。

次に、発信機を付ける装置も実用化されました。GPS機能付の
発信機を付ける装置も実用化されました。そして、カメラを
付ける装置も、次々と実用化されました。

ただし、必ずしも、動物に目印を付ける事が出来るとは限ら
ないと言う問題は残りました。餌に反応しておびき寄せられ
ない動物がいる事がわかりました。おびき寄せられても鳴か
ない動物がいる事がわかりました。識別出来ても目印が付か
ない動物がいる事がわかりました。

そこで、鳴き声を聞いて個体を識別出来たら、動物の見た目
を分析して、動物の個体の特徴を覚えておく事が出来る装置
が実用化されました。おびき寄せられた動物が鳴きたくなる
仕掛けが、あの手この手色々と考えられるようになりました。

餌で動物をおびき寄せるのでは無くて、動物が良く通る場所
に罠を仕掛けて、鳴く様にさせて、動物の見た目を分析して、
動物の個体の特徴を覚えておく事が出来る装置も出来ました。

これで、後は、動物が通る可能性がある場所に、動きに反応
して撮影するカメラを仕掛けておけば良いのです。撮影した
映像と、覚えておいた動物の個体の特徴を、照らし合わせて
識別する事も出来るでしょう。又は、撮影してすぐに照らし
合わせて、条件に合う映像だけ記録する事も出来るでしょう。
出来る限りたくさんの場所にカメラを仕掛けておけば、より
詳しく観察出来るようになるでしょう。

――◇◆◇――

先日、ある鉄道車両に、新たにGPSアンテナが装備されました。

カーナビが搭載されている自動車に乗ると良く見る、正方形
で平べったい手のひらに乗る位の大きさのアレです。自動車
で使われているGPSアンテナが、鉄道車両に装備されたのです。

注目したいのは、その鉄道車両が、十年とちょっと前に製造
された車両であると言う事です。何が言いたいのかと言うと、
製造されてから十年とちょっとの間、GPSアンテナ無しで走行
していたと言う事なのです。

では新たに装備されたGPSアンテナは、一体何なのでしょうか。

――◆◇◆――

鉄道車両にGPSアンテナは不要です。

もし自動車で使われているGPSアンテナが装備された鉄道車両
を見かけたら、それは本来の鉄道技術とは関係の無い、何か
別の目的があって装備されていると考えた方が自然なのです。

あなたの街を走る鉄道車両に、GPSアンテナは付いていますか。

――◆◇◆――

GPSアンテナが装備された鉄道車両は、これまで全く無かった、
と言ったら間違いになります。実際いまも現役で走っている
鉄道車両の中にGPSアンテナが装備された鉄道車両はあります。

ただし、GPSアンテナが装備された鉄道車両は、古い車両です。
いま新しく製造される車両より何世代も前に製造された車両
にGPSアンテナが装備されていて、現役で残っているのです。

古い車両に搭載されたGPSアンテナは、自動車で使われている
GPSアンテナとは違います。恐らく、鉄道車両にGPSアンテナ
が採用されていた時代には、まだカーナビが普及しておらず、
いまカーナビが搭載されている自動車に乗ると良く見る形の
GPSアンテナが、大量生産されていなかったのでしょう。

古い車両に搭載されたGPSアンテナは、一見してすぐにそれと
分かる形をしていません。GPSアンテナにつながったごつくて
でかい装置に「GPS」と書いてあるからやっとそれがGPSだと
わかる程、見慣れない形をしています。

その時代のGPSアンテナとGPS装置は、列車の位置と最低限の
識別コードを常時送信し続ける、単純な装置でした。情報は
地上で受信され、中央の指令所に集められ、中央の指令所で
情報を処理して、列車の位置を導き出していたのです。

では何故、その後製造された新しい鉄道車両にGPSアンテナが
採用されなくなってしまったのでしょうか。それは車載装置
の性能が向上して、車載装置で列車の位置を割り出して運行
に役立てる様になっていったからなのです。

車載装置にとって、GPSアンテナがもたらす情報は、必要以上
に余計な情報でした。車載装置にとって不必要な情報をそぎ
落とす為に、処理能力を浪費してしまう存在だったのです。

どういう事でしょうか。自動車との違いを考えてみましょう。
鉄道はレールのある場所以外に移動する事が出来ないのです。

鉄道は、レールを踏み外して、右に行ったり、左に行ったり
しません。常にレールのある方向にしか、移動しないのです。

常にレールのある方向にしか移動しないのなら、車輪の回転
を計測するだけで、かなり精密に位置を特定する事ができた
のです。車輪の摩耗で誤差が生じる事もあるから、ときどき
線路上に設けた運行支援装置(ATS等)の地上子からの情報で
修正すれば、目的に沿った情報を得る事が出来ました。

そうなるとGPSアンテナはお役御免でした。姿を消したのです。

 
posted by miraclestar at 22:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする