2016年12月12日

【 立川アリーナ 】はいかが

実現可能性は未知数ですけど、東京五輪会場で横浜アリーナが使えないという結論になった場合は、有明アリーナをやめて立川アリーナを検討してみてはいかがでしょうか。

有明アリーナが建設される場所に行くためには、特に東京の西側に住んでいる人の場合、私鉄・JR・新交通を乗り継いで片道700円から1000円程度の交通費を支払わなければならないことになります。最低賃金で働いている人であれば、二時間分の給料が交通費だけで飛んでしまうことになります。とても日常的に訪れて何かをする場所ではありません。一方、立川ならば、かなり広い範囲でJR又はモノレールの運賃だけでアクセスできる場所になるはずです。

有明だと建設後、活用していくというモチベーションもアイデアも湧きません。立川なら色々アイデアが湧きます。

場所は国営昭和記念公園のすぐそばに広大な未利用地があります。広さは横浜アリーナ・有明アリーナ予定地と比べてかなりの広さがありますが、南北に長く東西に短いので、この敷地に収めるためには設計変更が必要になるとは思います。ただし、ここは長い間マンション開発業者に譲らず未利用地として守り継がれてきた土地だと思うので、譲ってくれるかどうかは分かりません。

P1060495_o.JPG
南西端から北東方向を望む

P1060499_o.JPG
北東端から南西方向を望む

 
posted by miraclestar at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック