2018年01月04日

あの24日間は何だったのか - 僕が福岡市長選に挑戦した理由 2

タイトルは盛り過ぎました。僕が挑戦したわけではありません。
僕がかつて NR JAPAN で活動していた頃の仲間が福岡市長選に挑戦すると言うことで、
その選挙運動員として福岡市長選に挑戦したという意味です。2010年11月のことです。

活動内容は決して味の良い物語ではありません。

当時「自らの主張を代弁する首長や議員を誕生させる必要性」について深く理解して
いたわけではありませんでした。そもそも福岡市長選に挑戦したこと自体、主体的に
動機付けしたものではなく、仲間が挑戦することを受けて後付けしたものでした。

当時、好きだった人には「選挙運動員として福岡市長選に挑戦」する旨伝えており、
自らの心づもりは、当然のことながら、共に築く未来を切り開く目的がありました。

最下位で敗退した後、家計が窮地に陥る底を経験し、好きだった人も去りました。
一人目のパートナーを含む十人のパートナーの支えを受けながら、当時の経験を
踏まえた構想を提供するまでになりましたが、そこまでの経験を踏まえて

 「僕が福岡市長選に挑戦したあの24日間は何だったのか」

について振り返ってみようと思っています。(続く)

 
posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。