2019年08月27日

いわゆる「全権委任法」成立前夜

犯罪者によって動かされる犯罪国家の完成に向け
た動きは、止められ無いのではないかと思えます。

犯罪者によって動かされている国家が熱狂的支持
を得ています。嘘で塗り固めた演説、政策、発表
が疑う事を排除して受け入れられているようです。

日を追うごとに自由は封殺され、国民生活の隅々
にまで監視の目が張り巡らされています。これに
異論を唱える者は見当たりません。

ときに「盗撮は犯罪」と啓蒙する事もある警察が
実態は「警察こそ日本一の盗撮実行犯」なのです。

民間の盗撮犯が一ヶ所の盗撮装置を仕掛けるのに
精一杯で捕まる事もあるのに、警察は街の至る所
に盗撮装置をいくつも仕掛けて、いま既に盗撮を
実行している事をご存知でしたか。しかも大規模・
組織的であるにもかかわらず誰にも捕まりません。

国会の中から、歯止めの役割を期待できる勢力は
消え去りました。嘘で塗り固めた法案が形だけの
議論で嘘そのもの嘘そのままで成立するでしょう。

改元と共に始まった悪夢も加速していくでしょう。

――◇◆◇――

歯止めが必要となる分野において、思うに多くの
野党議員の皆様の考え方は、与党議員の考え方と
大きくは異なっておらず、議論対象となる法案に
ついて枝葉末節の問題点を指摘する事はあったと
しても、大枠の方向性では与党と一致し、一緒に
なって議論を進めてしまう可能性が高いと考えて
います。もちろん「全権委任法」等と言う名称の
法案が提出されるはずも無く、「全権委任法」と
誰もが簡単に見破る事が出来る毛色の法案が出る
訳ありません。むしろ野党議員の皆様にとっても
積極的に推進したいと思えるような分野の法案に
巧妙に偽装されて、本当の意図が隠蔽された形で
現出するのではないかと思っています。

「全権委任法」が成立した後に、どのような事が
行われるようになるかについては、いまの政権が
これまでにやってきた事の延長線上だと考えれば、
想像は難しくないのではないかと思います。

国民から選ばれた議員では無い者が考えた法案が
突然湧きあがり、多くの国民に、内容が知れ渡る
間もなく採決してしまう手口がまかり通っている
事は、言うに及びません。

――◇◆◇――

先日、突然公表された日米間の貿易交渉の内容に
何かおかしい、と疑問を持った方は少なくないの
ではないかと思います。何故なら、日本が米国に
対して米国側の要求をある程度受け入れる内容を
公表した一方で、米国が日本に対して、日本側の
要求について示した内容が、“ゼロ回答”だった
からです。

この様な内容が公表されたこと自体、驚愕でしか
ありませんが、この事によって明確になった事が
あります。それは、

いま日本にとって問題だと言える事は何一つ無い

と言う事実です。

米国から“ゼロ回答”の貿易交渉の内容を日本が
公表した事によって、いま日本にとって通商分野
で問題だと言える事は何一つ無い、と言う事実を
世界に向けて高らかに宣言してしまったのです。

この事実がある事に加えて、日本が“米国債”と
言う“米国の首根っこ”とも言えるものを握って
いる中で、「何故いま米国と話をする必要がある
のか」と言う“そもそもの部分”を疑わなければ
ならないと思うところではありますが、もしこの
まま交渉を続けるとしても気になる事があります。

続報によると日米両国が示したとして公表された
内容の他に公表されていない分野がまだある事が
わかりました。物にかかる関税の話は目くらまし
に過ぎず、公表されていない分野こそが、奴らが
交渉で本当に話したかった事なのでしょう。

日本国民が望んでいないし、日本国民が意思決定
に参加していないし、日本国民がそれが存在して
いる事すら知らされていない密約が、勝手に話を
付けて進められてしまっているのです。

このような密約を一つ残らず見つけ出して白日の
下にさらし、全て例外無く破壊し尽くさない限り、
日本国民に民主主義はあり得ないでしょう。

――◆◇◆――

政権が恣意的につくった合議体に、為政者の息が
かかった民間人を招き入れて、国民生活に関わる
多くの物事が、国民の知り得ない方法で決められ
ている現実がある事に、怒りの声を上げなければ
なりません。

この様な構造に気付き、声を上げ、解体を訴える
者を発見し、監視し、圧力を加え、摘発する為に
必要不可欠なインフラとして、盗撮装置の整備が
進められている事は間違い無いでしょう。

いまの政権がいままさに目の前で行っている事を
観察すれば、「全権委任法」等成立させなくとも、
「全権委任法」的な国家をつくり上げている事が
わかります。これから国会に提出される事が予想
出来る法案には、それを更に徹底させる様な罠が
組み込まれているだろうと思っています。

――◆◇◆――

皆様は、過去これまでに一度も経験した事の無い
“新しい形態”の地獄を経験しようとしています。

誰の目にも明らかで分かりやすい“殺戮”と言う
形態は見せないのかもしれません。しかしながら、
“新しい形態”の“殺戮”が含まれるでしょう。

それは皆様が過去これまでに一度も経験した事の
無い“新しい理想”の形をして、皆様の目の前に
示される事になるのかもしれません。

過去これまでに、誰一人一度も経験した事の無い
“新しい理想”であるが故にそれがもたらす結果
について正確な想像を膨らませる事が出来る者は
一人もいないのかもしれません。

止めなければなりません。

人間は“新しい形態”の“殺戮”を経験するまで
止まる事が出来ないのかそれとも踏みとどまるか、
わかりません。ただ、明確な警告を発信します。

いま目の前でつくられようとしている“未来”は
犯罪者達が“切り拓”こうとしている“明日”は

止めなければなりません。

articleR010827.atc 3DFPyc7wDde4YhyiAI3T

 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。