2019年10月08日

政府は赤外線カメラの設置を進めている

赤外線カメラは、壁や布等を透過し外からでも建物の内部を
監視できるカメラです。窓に遮光する何かがあったとしても
布程度なら関係無く、内部の様子を知る事が出来ます。壁も、
素材によっては透過して、内部の様子を知る事が出来ます。

このカメラを、監視対象の部屋が見える、反対側の建物等に
設置し、監視を行っているのです。

もうお分かりかと思いますが赤外線カメラで見る事が出来る
人間の姿は裸体です。カメラに、もし通行人が映り込んだと
すれば、それは通行人の裸体を目にする事になるでしょう。

この様なカメラを、警察内部の誰からも捜査を受けない組織
で運用しているものと思います。誰からも捜査を受けず表に
出る見込みが無いからと言ってこのようななり方が許されて
良いのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。