2019年10月18日

懲役刑の囚人の様な生活

食事しては寝るを繰り返す生活。ときどき、仕事をする為に
出掛ける。自宅と勤務先の間には、無数のAI顔認識カメラが
仕掛けられていて、常に動きが追われている。タクシー等の
一部業種の車両にもAI顔認識カメラが仕掛けられていて盗撮
を続けている。

自宅と勤務先の最寄り駅のホームのカメラがAI顔認識カメラ
になった。駅出入口にもAI顔認識カメラが仕掛けられている。

インターネットの通信内容はほぼ全て監視されている。

自宅も勤務先も、赤外線カメラで中の行動が監視されている。
しかも、裸体だ。裸体を監視されている。

三台目の赤外線カメラは想像を超えていた。

一台目の赤外線カメラは、自宅のすぐそばの建物に据え付け
られているので、その存在は誰の目にも明らかだ。

二代目の赤外線カメラは、勤務先の控室が入る建物の全体を
なめるように、反対側の建物の中に設置されている。外から
カメラそのものを見つける事は出来ないが、恐らく建物内に
据え付けられた監視カメラの一台として偽装していると思う。
赤外線カメラはちょっとくらいの障害物があっても透過して
みる事が出来るので、そのような設置方法でも役割を果たす。

三台目の赤外線カメラは、自宅の中を別の角度から盗撮する
監視カメラだ。カメラが設置されている方向は分かるのだが、
その方向にカメラは見当たらない。駐車場があり、カメラを
設置出来る建物まで100メートル以上の距離がある。その先に
あるのはマンションだ。マンションの一室に設置されている
のかもしれない。ただ間を遮る障害物が無数にあり、障害物
があっても、関係なく盗撮する事が出来る大口径のレンズが
組み込まれた大掛かりな装置なのだろう。

自由は無い。

 
posted by miraclestar at 18:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。