2017年07月18日

春日井環状地下鉄(写真付)ver1


春日井環状地下鉄(写真付)ver1.pdf(928,853bytes)


春日井環状地下鉄の私案(写真付)を公表します。


 
posted by miraclestar at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春日井環状地下鉄ver1


春日井環状地下鉄ver1.pdf


春日井環状地下鉄の私案を公表します。


 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

BestRelationships 誕生の物語 1

BestRelationships を使いこなす仲間が増えてきました。ここで改めて BestRelationships を利用する上で知っておいてほしいことをお伝えしようと思います。使いこなしている人はこれができているから使いこなせているのでしょうけれども。

BestRelationships は僕と僕の十人のパートナーとの共同作業の結果として生まれてきているものである。

ということなのです。BestRelationships を利用する上で、僕と僕の十人のパートナーとの関係性に挑戦しないことが絶対条件です。それができない人は、BestRelationships を利用できないのです。それができない状態で無理矢理利用しようとした人は破滅的な現実に直面しているはずです。

 
posted by miraclestar at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

旭川地下LRT(写真付)ver1


旭川地下LRT(写真付)ver1.pdf(846,751bytes)


旭川地下LRTの私案(写真付)を公表します。


 
posted by miraclestar at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川地下LRTver1


旭川地下LRTver1.pdf


旭川地下LRTの私案を公表します。


 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

旭川空港線ver1


旭川空港線ver1.pdf


旭川空港線の私案を公表します。


日本人にとって重要な設備投資になるでしょう。


 
posted by miraclestar at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

小樽地下LRT(写真付)ver1


小樽地下LRT(写真付)ver1.pdf(2,012,776bytes)


小樽地下LRTの私案(写真付)を公表します。


 
posted by miraclestar at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽地下LRTver1


小樽地下LRTver1.pdf


小樽地下LRTの私案を公表します。


 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

釧路地下LRT(写真付)ver1


釧路地下LRT(写真付)ver1.pdf(1,380,109bytes)


釧路地下LRTの私案(写真付)を公表します。


 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釧路地下LRTver1


釧路地下LRTver1.pdf


釧路地下LRTの私案を公表します。


計画はひとつの形になりましたが、越えなければならない合意形成の壁があります。


 
posted by miraclestar at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

七戸地下LRTver1


七戸地下LRTver1.pdf


七戸地下LRTの私案を公表します。


この計画を提案させていただくことはひとつの実験です。


 
posted by miraclestar at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

10人のパートナー出身大学の情報

一人目 成城大学
二人目 明治学院大学
三人目 日本女子大学
四人目 武蔵野大学
五人目 東洋英和女学院大学
六人目 英国の総合大学
七人目 慶応義塾大学
八人目 東洋大学
九人目 帝京大学
十人目 日本大学

出会いの時期
一人目〜四人目
五人目・六人目
七人目
八人目・九人目
十人目
2012年4月頃
2013年4月〜2013年8月
2012年9月〜2013年4月
2013年10月頃
2014年4月頃

 
posted by miraclestar at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

高崎地下LRTver1


高崎地下LRTver1.pdf


高崎地下LRTの私案を公表します。


提案に対して頂くであろう声に対するいくつかの答えを紹介します。

  • 誰も考えたことの無い突飛な計画
    高崎でLRTを建設しようなど誰も考えたことが無いかもしれません。提案の背景には高崎とほぼ同じ条件で東京からアクセスできる宇都宮でLRTを建設する計画が進んでいるという現実があります。
  • 壮大な無駄遣いに見える計画
    世の中には壮大な無駄遣いが数多くあります。数多くある無駄遣いの中でも社会の役に立つ無駄遣いだと考えています。
  • 川を渡る個所は簡単ではない
    道路の下に川がある場所は道路のすぐ下に軌道が敷設できるわけではありません。川を回避するために深いトンネルを掘ってしまうと排水対策に大掛かりな施設が必要となってしまいます。全線にわたって十分な深さのトンネルにすると本格的な地下鉄になってしまい、提案の方向性から外れます。現実的な解決策は「川を渡る個所は地上に出る」ということになるでしょう。
  • 幹線道路を横断する個所は簡単ではない幹線道路の地下には電線や水道管などが埋設されている可能性があります。これらをバイパスする工事をするくらいなら「幹線道路を横断する個所は地上に出る」という結論になることも考えられます。

 
posted by miraclestar at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

町田モノレールver1


町田モノレールver1.pdf


町田モノレールの私案を公表します。


既に行政主導の計画がある中で代案を提案させていただく理由には以下のようなものがあります。
  • 民家密集区域の回避
    今から計画を決定して民家密集区域で用地取得交渉を開始するとなると、着工までに十年単位の時間が掛かります。(対応する区間:桜台〜桜美林学園前・市民病院前〜町田)
  • バスからの乗り換え需要の掘り起こし
    バスからモノレールに乗り換えると交通費の総額は高くなりますが、利便性を求める人に選択肢を提供することができます。(対応する乗換駅:桜台・桜美林学園前・忠生・山崎団地入口・木曽団地南・旭町)
  • 人口・目的地密集区域には路面電車並みの駅間距離
    高齢者等、健常者にとっては何でもない距離が負担になることがあります。居住地から目的地まで駅から歩く距離が少しでも短くなれば、利用頻度が高くなる可能性があります。(対応する区間:上山崎入口〜木曽団地南・市民病院前〜シバヒロ前)
  • 宅地造成を前提とした計画の先送り
    人口希薄区域を走る区間は利用者が低迷し、採算の足かせになる可能性があります。宅地造成を前提とした人口希薄区域への新線開業を先送りし、黒字化を狙います。(開業を見送る区間:多摩センター〜桜台)

 
posted by miraclestar at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

統治機構改革・新三権分立

エイプリルフールにちょっと大きめのホラを吹きます。

 統治機構首都幹線鉄道構成都市
左翼の都12系
西京都
(久留米市)
西海道新幹線
九州新幹線
大分市・長崎市
熊本市・鹿児島市
統合の都14系
【名称未定】
(大和郡山市)
南海道新幹線
京都市・徳島県
名古屋市・鳥取市
右翼の都13系東京都
東海道新幹線
東北新幹線
仙台市・盛岡市
函館市・札幌市


 
posted by miraclestar at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

南海道新幹線・四国新幹線・現況ver3


南海道新幹線・四国新幹線・現況ver3.pdf(3,336,125bytes)


南海道新幹線・四国新幹線 建設計画について現地調査を行った際に撮影した現況写真を公表します。


 
posted by miraclestar at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

リニア山陰新幹線(西線)ver1


リニア山陰新幹線(西線)ver1.pdf


リニア山陰新幹線(西線)の素案を公表します。
これは素案です。ここから肉付けをしていかなければなりません。


 
posted by miraclestar at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

加工食品廃棄撲滅努力義務条例

条例案を提供します。どこの自治政府がこの条例を制定するか現在のところ不明です。

加工によって販売可能期間が一週間(※1)以内となる食品について以下の努力義務を課す。
  1. 販売可能期間が少なくなったら廉価販売すること
  2. 販売可能期間が終了した食品で食べられる食品(※2)は従業員に無償提供すること
努力の結果、それでも残った食品については廃棄することができる。

度重なる指導を受け入れず、努力をしない食品廃棄の常態化が認められる場合は『販売可能期間が一週間(※1)以内となる食品の加工をした事業者』に対して、廃棄した食品の販売価格と同額の罰金を科す。

※1
期間については実効性を考慮して検討が必要。
※2
食べられるかどうかの判断は従業員の自己責任において行う。無償提供された食品を食べた結果として受けた損害について雇用主に賠償請求することがあってはならない。

発案者コメント
  • 廉価販売について、企業はブランドイメージが毀損することを嫌ってやりたがりませんが、条例で明文化すればやらざるを得なくなるでしょう。
  • 食べることに困った人は加工食品を扱う現場で従業員として働けば高い確率で食品にありつくことができるようになります。経営者によっては廃棄食品の無償提供を嫌う人もいるようですが、合法化することによって堂々と要求することができるようになります。
  • 加工食品を扱う現場で従業員として働くことを希望する日本人が増えれば、移民を受け入れる議論を提起する必要がなくなります。

 
posted by miraclestar at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

リニア新幹線の走行原理について

個人的にはリニア新幹線の走行原理自体に改良の余地ありと考えておりますが、何らかの原理で浮上して高速で走行する交通機関が実用化されることは間違いないわけでして、土木構造物の建設を開始しても問題はないと考えています。現在のリニア新幹線が要求する規格は強磁場の発生を踏まえて充分な余裕を持たせてあり、後から大幅な変更の必要に迫られることはないと思います。検討開始から着工、そして完成まで長い時間を要する話であり、路盤工事に取り掛かる頃には最善の走行原理が実用化されているでしょう。

現在のリニア新幹線には「常温超電導の実用化」が決定的に欠けています。旧来の物理学で観察可能な範囲で無理矢理実現している状態であり、システムが破綻したときの事故リスクが予想できていない状態と考えています。「超電導」という現象が一体どういう現象なのか、「常温超電導」が実現する条件とはどういうものか、解明を済ませた上で最善の走行原理が見いだせる、もしくは現在の技術が最善であるかもしれませんがその確証が得られると予想しています。

 
posted by miraclestar at 04:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

Next Generation Automobile Industry ver1


NextGenerationAutomobileIndustryver1.pdf


I introduce a prediction of Next Generation Automobile Industry.


次世代の自動車産業について予測した資料を紹介します。


 
posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする