2016年08月20日

ミラクルスターのつくりかた【Type-H, Bridal Exit from Wife Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-H, Bridal Exit from Wife Ver.】ver1.pdf


「補給廠(ほきゅうしょう)」とは現代人に分かりやすい言葉に直すと「補給工場」の意味です。ここでは情報を補給する体制を構築します。世界各国に派遣された隊員が、現地で多種多様な課題(地形・気候・社会状況など)に直面したとき、あらゆる角度から解決策を提供します。そのための情報を蓄積します。


 
posted by miraclestar at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ミラクルスターのつくりかた【Type-H, miracle-lab North Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-H, miracle-lab North Ver.】ver1.pdf


Type-H, miracle-lab North Ver. を公表します。この通りのことを実現する上で必要な条件が現時点で揃っていません。まずは思考実験から始めましょう。想像するだけだったら自由です。思う存分膨らませてください。イメージが鮮明になりすぎてどうしてもやりたくなったら、実現に向けた行動を開始しましょう。もしくは、思考実験に参加する人の数が充分な数にまで膨れ上がったら、自然と動き出すでしょう。


 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

いまこそ日本は英国との関係を強化するべき

英国のEU離脱で世界的な株価暴落、相対的な円高に悲観する動きが広がっていのではないかと思います。

しかし、これは日本の主要産業を『製造業』と捉えたときの見え方です。日経平均株価としてメディアに登場する指標とは、すべて『製造業』を中心とした企業群の指標なのです。サービス業も含まれていますが、『製造業』を中心産業としたサービス業の業績なのです。訪日客の増大で一部のサービス業が指標を底上げしているのかもしれませんけれど、それはあくまで棚からぼた餅を味わっているに過ぎません。

円高を悲観する動きも同様に日本の主要産業を『製造業』と捉えたときの見え方です。円高になることによって日本の『製造業』が受け取る通貨(円建て)が減少することを憂いているのです。

円高の状況がいつまで続くか見通すことはできませんが、日本人が海外に出かけることを考えたら見え方は180度変わります。円高によって日本人はより少ない通貨(円建て)によって海外に出かけることができるようになっているのです。これはチャンスととらえるべきです。

とりわけ、いまこそ日本は英国との関係を強化するべきだと思います。

これは、次世代の日本の主要産業をどう捉えるか、ということにもつながってくる話ですが、いま日本で生み出されつつある次世代の産業形態の中で最も成功していると評価することができる形態は、『教育観光』ではないかと思います。いまはただ訪日客の増大という指標に表れるのみで産業化する仕組みが成熟しているとは言いにくい状況にありますが、「日本から学びたい」という潜在的ニーズが拡大していることの反映ではないかと思います。

と、ここまでの話だけでもいっぱいいっぱいの人が出てきそうですけどもう少しついてきて下さいね。

日本と同様に「英国から学びたい」という潜在的ニーズが拡大していたのが英国だったということです。日本で『教育観光』が産業化するまでにもう少し時間がかかるかもしれませんけど、だからこそいまがチャンスだと思います。

 
posted by miraclestar at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Nana's Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Nana's Ver.】ver1.pdf


Type-B, Nana's Ver. を公表します。 “ Nana ” は英語です。日本人にはなじみの薄い単語かもしれないので、辞書で調べてみてください。


 
posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Turtle's Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Turtle's Ver.】ver1.pdf


Type-B, Turtle's Ver. を公表します。Turtle's Ver. は、その上に象(のように大きな存在)や地球(女神さま)を載せる役割を自ら進んで引き受ける男たちにお勧めです。


 
posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

トランプ氏の大統領就任をきっかけとして、駐留米軍の撤退と「日本のことは日本で守る」体制の構築を始めましょう

新聞に米国のトランプ氏の発言が掲載されています。トランプ氏が米国大統領に就任した際には、日本に駐留する米軍の経費負担増を必ず求めると伝えてきているそうです。

日本に駐留する米軍の主な目的は中国と北朝鮮の力による侵略の脅威に対する抑止力です。つまり、中国と北朝鮮に対する適切な応対が出来るようになれば、駐留米軍の目的は消滅することになります。

これをいい機会にして、負担に見合わない軍隊は日本から撤退してもらうのがよいのではないでしょうか。

日本は日本で独自に中国と北朝鮮に向き合う道を皆で考えていきましょう。

 
posted by miraclestar at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

ミラクルスターのつくりかた【Type-G, Long Digest Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-G, Long Digest Ver.】ver1.pdf


Type-G, Long Digest Ver. を公表します。
スライドとスライドの間に大きな飛躍がありますが、
そこは自由に埋めていっていただければと思います。


 
posted by miraclestar at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

ミラクルスターのつくりかた【Type-G, Intro Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-G, Intro Ver.】ver1.pdf


「ミラクルスターのつくりかた」に女性向けバージョンが誕生。


 
posted by miraclestar at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ミラクルスターのつくりかた【Type-F, Short Ver. / Mild Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-F, Short Ver.】ver1.pdf
ミラクルスターのつくりかた【Type-F, Mild Ver.】ver1.pdf


Type-F, Short Ver. / Mild Ver. を公表します。
Mild Ver. は、自分自身が大義とつながったプレイヤーとなることは求めず、
今ある社会の中で均衡を目指し、後進の育成に徹する生き方を望む人におすすめです。


 
posted by miraclestar at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

ミラクルスターのつくりかた【Type-E, Intro Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-E, Intro Ver.】ver1.pdf


Type-E, Intro Ver. を公表します。
どのバージョンを公表するか最後まで悩みました。


 
posted by miraclestar at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

ミラクルスターのつくりかた【Type-F, Long Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-F, Long Ver.】ver1.pdf


Type-F, Long Ver. を公表します。
「老けない恋人」とはある一人の異性がどんなに強い力で食べ尽くそうと試みたとしても
侵しきれない(劣化しない)アイデンティティを所有する個人のことです。


 
posted by miraclestar at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする