2017年04月25日

高崎地下LRTver1


高崎地下LRTver1.pdf


高崎地下LRTの私案を公表します。


提案に対して頂くであろう声に対するいくつかの答えを紹介します。

  • 誰も考えたことの無い突飛な計画
    高崎でLRTを建設しようなど誰も考えたことが無いかもしれません。提案の背景には高崎とほぼ同じ条件で東京からアクセスできる宇都宮でLRTを建設する計画が進んでいるという現実があります。
  • 壮大な無駄遣いに見える計画
    世の中には壮大な無駄遣いが数多くあります。数多くある無駄遣いの中でも社会の役に立つ無駄遣いだと考えています。
  • 川を渡る個所は簡単ではない
    道路の下に川がある場所は道路のすぐ下に軌道が敷設できるわけではありません。川を回避するために深いトンネルを掘ってしまうと排水対策に大掛かりな施設が必要となってしまいます。全線にわたって十分な深さのトンネルにすると本格的な地下鉄になってしまい、提案の方向性から外れます。現実的な解決策は「川を渡る個所は地上に出る」ということになるでしょう。
  • 幹線道路を横断する個所は簡単ではない幹線道路の地下には電線や水道管などが埋設されている可能性があります。これらをバイパスする工事をするくらいなら「幹線道路を横断する個所は地上に出る」という結論になることも考えられます。

 
posted by miraclestar at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

加工食品廃棄撲滅努力義務条例

条例案を提供します。どこの自治政府がこの条例を制定するか現在のところ不明です。

加工によって販売可能期間が一週間(※1)以内となる食品について以下の努力義務を課す。
  1. 販売可能期間が少なくなったら廉価販売すること
  2. 販売可能期間が終了した食品で食べられる食品(※2)は従業員に無償提供すること
努力の結果、それでも残った食品については廃棄することができる。

度重なる指導を受け入れず、努力をしない食品廃棄の常態化が認められる場合は『販売可能期間が一週間(※1)以内となる食品の加工をした事業者』に対して、廃棄した食品の販売価格と同額の罰金を科す。

※1
期間については実効性を考慮して検討が必要。
※2
食べられるかどうかの判断は従業員の自己責任において行う。無償提供された食品を食べた結果として受けた損害について雇用主に賠償請求することがあってはならない。

発案者コメント
  • 廉価販売について、企業はブランドイメージが毀損することを嫌ってやりたがりませんが、条例で明文化すればやらざるを得なくなるでしょう。
  • 食べることに困った人は加工食品を扱う現場で従業員として働けば高い確率で食品にありつくことができるようになります。経営者によっては廃棄食品の無償提供を嫌う人もいるようですが、合法化することによって堂々と要求することができるようになります。
  • 加工食品を扱う現場で従業員として働くことを希望する日本人が増えれば、移民を受け入れる議論を提起する必要がなくなります。

 
posted by miraclestar at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

東西戦争の時代をどのようにして切り抜けていけばよいのか

右翼と左翼の対立が極まっています。東に右翼の求心力があり、西に左翼の求心力があり、「東西戦争」と言える状況が生まれてきています。

右翼は危険だ、左翼は有害だ、という認識がお互いがお互いを見る目線なのではないでしょうか。

右翼は国家の正統性が極限までに高まる一方で独善に陥る危険があり、足を引っ張る勢力との争いが絶えません。左翼は人道的な満足感が得られる一方、移民の受け入れ・移民の権利向上などを通して、移民による社会保障のただ乗り・移民による国土乗っ取りのリスクがあります。

ここで、この話の前提について話しておかなければなりません。この話は「国家の主導権とは国土を開拓した民族にこそ与えられるべきである」との認識を前提としています。これは全人類が普遍的に受け入れることが可能な認識なのではないかと思います。本土民と移民の概念もこの認識から生まれてきます。「たとえ移民として入植した民族であったとしても、国土を開拓し人間が文明的な生活が送れる状態にした民族であれば本土民となる」という認識です。逆に移民とは、本土民が開拓した国土に後からやってきた民族のことで、移民が本土民と同じ社会保障や権利を要求するのは、本土民の人道的配慮の範疇でこそ認められる話なのです。

では、右翼と左翼のどちらに正統性があると認定することができるのでしょうか。右翼に正統性を認定してしまったら左翼がないがしろにされてしまいます。左翼に正統性を認定してしまったら右翼が破壊されてしまいます。右翼も左翼も必然性のある考え方なのです。

この課題に対する建設的な答えは、ひとつの国の中に右翼と左翼を同時に持つことだと思います。

右翼は国家アイデンティティそのもの、だから国家全体としては右翼的な政策を志向する。これは基本だと思います。左翼は国家アイデンティティの基盤の上に後発的に生まれ出るもの、だから右翼的な政策を基本とする国家の中に左翼的な要素も取り入れる。そのやり方にはいろいろな方法が考えられると思います。

 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

東京モノレール天王洲アイル駅南口橋上駅舎化

新春大ホラ第四弾。有明レガシーエリアから羽田空港へのアクセス改善策として、東京モノレール天王洲アイル駅南口橋上駅舎化を提案します。このくらいの提案になると、都議の先生方が普段扱っていらっしゃる案件と近い内容になるのではないでしょうか。

現在、以下の問題があります。
  • 上りエスカレーターしかない為、バリアフリーが必要な人にとって遠回りが必要になる
  • 交通量の多い横断歩道を渡る為、交通弱者にとって危険がある
  • 屋根が無い為、雨の日には濡れてしまう
東京モノレール天王洲アイル駅がある場所の近くにりんかい線が建設された当時、乗り換え利便性について妥協してしまったように見えます。

P1060652_o.JPG
りんかい線天王洲アイル駅出口付近歩道橋から
東京モノレール天王洲アイル駅方向を望む

P1060654_o.JPG
りんかい線天王洲アイル駅出口付近から
歩道橋で首都高速1号羽田線を超えて橋上駅舎へ

P1060655_o.JPG
東京モノレール天王洲アイル駅南口の
足元は東品川清掃作業所の構内道路

 
posted by miraclestar at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

有明レガシーエリアの開発

新春大ホラ第三弾。幅広い世代に向けて生涯学習の一環としてトップ・アスリートの監修による指導を受けることができる施設を企画しました。「受付代行業施設」は一社独占ではなく複数の会社に同時参入させることを想定しています。(空港のチェックインカウンターのようなイメージ)

東京トップ・アスリート・アカデミー.png
有明レガシーエリアの開発

 
posted by miraclestar at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

JR池袋駅・JR新宿駅改造案

新春大ホラ第二弾。この案が現実化するか分かりませんが、いままで色々な形で提案してきた東京近郊の鉄道新線の提案をすべて実現するための駅の形はどのようなものになるのか、示す責任があると思い紹介することにしました。

このような構造の駅にすると、山手貨物線(池袋〜渋谷)の運転間隔を限界まで詰めても、到着の遅れなどで入線する順番が前後したとしても、同じ種類の電車同士の間隔が充分空いている限り、駅手前で渋滞することが無くなります。

池袋駅・新宿駅改造案ver1.png
池袋駅・新宿駅改造案

 
posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

JR渋谷駅改造案

新春大ホラ第一弾。この案が現実化するか分かりませんが、いままで色々な形で提案してきた東京近郊の鉄道新線の提案をすべて実現するための駅の形はどのようなものになるのか、示す責任があると思い紹介することにしました。

渋谷駅改造案ver1.png
JR渋谷駅改造案

P1060641_o.JPG
現在の山手線ホーム北端から 400m のホームを
つくるとするならば南端はこのあたり

P1060649_o.JPG
直上を首都高速3号渋谷線の高架が走っている
現在の山手線ホーム南端付近

 
posted by miraclestar at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

JR渋谷駅変更案

再開発が進む渋谷駅ですけれども、いまから設計変更してJR渋谷駅のホームを増やすことはできませんかね。池袋駅・新宿駅・品川駅はあとからどうにかする敷地の余裕があるのですが、渋谷駅は“いま決断しないと”あとからどうにかすることはできなくなってしまうのです。

今後、山手貨物線の機能強化が検討されるようになったとき、渋谷駅の敷地面積が壁となって立ちはだかることが予想されます。このまま現行案で建設してしまうと、東北新幹線延伸が検討されるようになったとき、延伸の議論は新宿駅で止まってしまうことがほぼ間違いないような気がします。

渋谷駅変更案ver1.png

渋谷駅変更案4ver1.png
JR渋谷駅変更案

東北新幹線の延伸線で
  • 新宿を終着駅にするなら 案1
  • 渋谷を終着駅にするなら 案3
  • 品川を終着駅にするなら 案2 案4
京急線・京成線直通電車の
  • 料金収受を確実に行うなら 案1 案3 案4


P1060631_o.JPG
国道246号線南側

P1060632_o.JPG
国道246号線北側から銀座線方向を望む

P1060629_o.JPG
銀座線南側から国道246号線方向を望む

 
posted by miraclestar at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

努力する人・報われる人



努力する人・報われる人ver1.png


posted by miraclestar at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

ミラクルスターのつくりかた【Type-H, Bridal Exit from Wife Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-H, Bridal Exit from Wife Ver.】ver1.pdf


「補給廠(ほきゅうしょう)」とは現代人に分かりやすい言葉に直すと「補給工場」の意味です。ここでは情報を補給する体制を構築します。世界各国に派遣された隊員が、現地で多種多様な課題(地形・気候・社会状況など)に直面したとき、あらゆる角度から解決策を提供します。そのための情報を蓄積します。


 
posted by miraclestar at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ミラクルスターのつくりかた【Type-H, miracle-lab North Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-H, miracle-lab North Ver.】ver1.pdf


Type-H, miracle-lab North Ver. を公表します。この通りのことを実現する上で必要な条件が現時点で揃っていません。まずは思考実験から始めましょう。想像するだけだったら自由です。思う存分膨らませてください。イメージが鮮明になりすぎてどうしてもやりたくなったら、実現に向けた行動を開始しましょう。もしくは、思考実験に参加する人の数が充分な数にまで膨れ上がったら、自然と動き出すでしょう。


 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

いまこそ日本は英国との関係を強化するべき

英国のEU離脱で世界的な株価暴落、相対的な円高に悲観する動きが広がっていのではないかと思います。

しかし、これは日本の主要産業を『製造業』と捉えたときの見え方です。日経平均株価としてメディアに登場する指標とは、すべて『製造業』を中心とした企業群の指標なのです。サービス業も含まれていますが、『製造業』を中心産業としたサービス業の業績なのです。訪日客の増大で一部のサービス業が指標を底上げしているのかもしれませんけれど、それはあくまで棚からぼた餅を味わっているに過ぎません。

円高を悲観する動きも同様に日本の主要産業を『製造業』と捉えたときの見え方です。円高になることによって日本の『製造業』が受け取る通貨(円建て)が減少することを憂いているのです。

円高の状況がいつまで続くか見通すことはできませんが、日本人が海外に出かけることを考えたら見え方は180度変わります。円高によって日本人はより少ない通貨(円建て)によって海外に出かけることができるようになっているのです。これはチャンスととらえるべきです。

とりわけ、いまこそ日本は英国との関係を強化するべきだと思います。

これは、次世代の日本の主要産業をどう捉えるか、ということにもつながってくる話ですが、いま日本で生み出されつつある次世代の産業形態の中で最も成功していると評価することができる形態は、『教育観光』ではないかと思います。いまはただ訪日客の増大という指標に表れるのみで産業化する仕組みが成熟しているとは言いにくい状況にありますが、「日本から学びたい」という潜在的ニーズが拡大していることの反映ではないかと思います。

と、ここまでの話だけでもいっぱいいっぱいの人が出てきそうですけどもう少しついてきて下さいね。

日本と同様に「英国から学びたい」という潜在的ニーズが拡大していたのが英国だったということです。日本で『教育観光』が産業化するまでにもう少し時間がかかるかもしれませんけど、だからこそいまがチャンスだと思います。

 
posted by miraclestar at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Nana's Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Nana's Ver.】ver1.pdf


Type-B, Nana's Ver. を公表します。 “ Nana ” は英語です。日本人にはなじみの薄い単語かもしれないので、辞書で調べてみてください。


 
posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Turtle's Ver.】


ミラクルスターのつくりかた【Type-B, Turtle's Ver.】ver1.pdf


Type-B, Turtle's Ver. を公表します。Turtle's Ver. は、その上に象(のように大きな存在)や地球(女神さま)を載せる役割を自ら進んで引き受ける男たちにお勧めです。


 
posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする