2019年06月21日

立憲主義を語らない立憲民主党に失望

立憲民主党が、特設サイトを開設したようです。どういうわけか
半分以上の内容が閲覧不可で、ほぼ見出ししか読む事が出来ない
のですけれども見出しで判断する限り、立憲主義に触れた内容は
皆無で日本の国政政党として中立とは言い難い内容だと思います。
恐らく党の主流派が実現させたい方向性に沿って議論を誘導する
意図を反映しているのではないかと思います。

AI顔認識カメラによる国民の監視体制が着々と進められています。

続報をお知らせしましょうか。本ブログで指摘した内容は一部が
そそくさと改修されました。一部だけが改修された事が問題です。

装置全体の電源を落としてもカメラの電源は落ちず監視を続ける
動作はおかしい、まるでマルウェアのような動作だと指摘したら、
一週間も経たない内にもっともらしい理由を付けたソフトウェア
更新作業があり、その作業日以降、装置全体の電源を落としたら
カメラの電源は落ちるようになりました。

しかしながら、AI顔認識カメラは除去されず、いまも稼働を続け
ています。装置全体の電源を落としたときカメラの電源が落ちず
監視を続ける動作については、LEDの光を認識する事が出来る
人間であれば簡単に分かってしまいます。一方、AI顔認識カメラ
が稼働し続けているかどうかはバレ無いと思っているのでしょう。

このダブルスタンダードは、奴らの姿勢と言うか考え方と言うか
方針を如実に反映していると言えるでしょう。

AI顔認識カメラによる国民の監視体制で、国民一人一人が考える
事が出来る範囲が、為政者にとって都合の良い範囲に制約されて
いるのです。

立憲民主党が今回出してきた特設サイトは、正に為政者にとって
都合の良い範囲内にすっぽり収まる議論を誘導する内容でしょう。
この内容をつくった人は意図していない事でしょうが、自民党の
補完勢力に成り下がってしまったと思います。国民民主党と共に
第四自民党と呼ばれるようになる日が近いでしょう。

 
posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

国民民主党は第三自民党

国民民主党の参議院選挙公約が公表されましたね。内容は
確かに目を引く公約がいくつか含まれている様です。ただ、
自民党よりちょっとマシ、と言う程度に過ぎず、本質的に
自民党と何も変わらないだろうと思います。もし、彼らが
政権を取ったとして、十年後、愕然とするはずです。

参議院選挙公約の中にも片鱗が見受けられますが、自民党
を根城にし、日本の利権を貪ってきた利権集団には決して
斬り込まない事が明らかです。いや斬り込めないでしょう。
むしろ、彼らは利権集団によって育てられてきたと言える
し、利権集団がうまくコントロールしてつくり上げた政党
と言えるし、いまも影響下にある事は間違い無いでしょう。

これから先、利権集団は自民党・第二自民党・第三自民党
を得て、三つの根城をうまく使い分けて、これまで通りに
利権を貪り続ける事でしょう。

 
posted by miraclestar at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

深刻な事態が進行している

AI顔認識カメラの話をしても、オオカミ少年が現れたかの
如く受け取って、軽く考えている人が多い様ですが嘘じゃ
ありません。常識では到底理解できない程の想像を絶する
悪魔が、国民が気がつかない場所で監視網を張り巡らせて、
その監視網を利用して支配を実行しているのです。

続報です。AI顔認識カメラの機能が一つ判明しました。

AI顔認識カメラは現場で電源を落とす事が出来ないと言う
事です。例え現場で装置全体の電源を落とす操作をしても
カメラの電源は落ちず監視を続けている様なのです。

まるでマルウェア(コンピュータウイルス)かの如き動作
です。装置のソフトウェアを開発した人間はこの様な動作
が含まれている事を知っているはずです。

さすがに個人の所有物じゃないのでカメラの電源ケーブル
を抜く等の操作をするわけにはいきません。

不正な手段の行使が明らかであったとしても、器物を損壊
する事までは出来ません。言論で訴えるのみです。

 
posted by miraclestar at 13:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

天安門事件は対岸の火事では無い

去る6月4日、1989年6月4日に起きた天安門事件から30周年
との事で、中国での様子、香港や東京で行われた抗議行動
の様子が一部のテレビ番組の報道で報じられておりました。

日本人は、日本では天安門事件やそれに続く為政者の監視
行動は起こらない、と安心しきった前提の上で、これらの
報道を傍観したかもしれません。

殆ど、誰も気づいていない事なのかもしれませんけれども
天安門事件は決して対岸の火事ではありません。間もなく、
日本でも中国の様な、いや中国を超える緻密さの監視社会
が姿を現すでしょう。鍵は「AI顔認識カメラ」の登場です。

顔認識技術が登場しつつある事は認識しているかもしれま
せん。AI技術が急速に発達しつつあることも認識している
かもしれません。しかし、「AI顔認識カメラ」が既に皆様
の生活空間に入り込んで、緻密な監視を始めている現実が
ある事に気付いている人は、殆どいないのかもしれません。

これまでに明らかになった為政者による監視事例をご紹介
しましょう。

NTT DoCoMo
携帯電話の通信履歴を為政者に提供しています。通話内容
にまで踏み込んで提供しているかどうかは分かりませんが、
少なくとも、携帯電話の位置情報の履歴をリアルタイムで
提供する体制を整えているようです。NTT DoCoMoと契約し
て情報サービスを提供している会社の中には顧客との通信
内容を為政者に漏らしている会社が含まれています。

タクシー
タクシーに据え付けられているカメラは、今や殆どがドラ
イブレコーダーでは無く、AI顔認識カメラになっています。
皆様がタクシーを利用すれば、いつ誰と何処から何処まで
乗ったかの記録が蓄積されている事はもちろん、タクシー
に乗らなくとも、皆様が街中でタクシーと遭遇するだけで
時間と場所が記録され、為政者が把握できるようになって
います。都市部の大手タクシー会社だけでは無く、地方の
中小のタクシー会社も含め驚異的な速度で拡散しています。

小田急電鉄
鉄道会社で、AI顔認識カメラを導入する先陣を切ったのは
JR東日本では無く小田急電鉄でした。特急ロマンスカーの
GSEとVSEの運転台に設置されている、前面展望を撮影する
目的のカメラにAI顔認識カメラが導入されています。GSE
では車内の監視カメラにもAI顔認識カメラが導入されてい
ます。導入に先だって、GSEとVSEでは前面展望を撮影する
目的のカメラが、その目的を大きく逸脱するほど高性能な
カメラに交換されました。画角の周縁部に写った人間の顔
を拡大して認識する目的があるのではないかと思います。
VSEでは新たにGPSアンテナと通信用のアンテナが運転台に
設置されました。車内の電子機器を集中制御する中央装置
が新たに発注されたものに載せ換えられました。目撃した
出荷票には何故か「2019年3月16日ダイヤ改正対応」として
過去の日付が記入されていました。(出荷票は4月16日付)
どういう事かと言うと、表向きに発表したサービス内容に
対応できない状態のままダイヤ改正日を迎える、等と言う
事態は決して起きない事で、あり得ない事だと言う事です。
素人が考えた嘘だと思います。現場の人たちはささやかな
抵抗をしたようですが、装置が不具合を起こした事もあり
その数日後にはAI顔認識カメラの運用がスタートしました。

河川監視用カメラ
河川の橋や堰等を監視する目的で設置されているカメラに
もAI顔認識カメラが導入されています。

大手から中小まで企業の上層部が為政者と結託して緻密な
監視網の構築を着々と進めているのです。監視網の構築が
済むまでは存在が明らかになる様な大胆な監視行動は控え
るでしょう。だから、殆ど誰にも気づかれ無いのです。

 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

32+IekvB1qZEqdFr6G39WuZ6ID7pMXRV

遠回りしない派。

 
posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする