2018年11月01日

時間に比例しないノウハウの守り方 - 5 政治家を見出すには

本稿では

【労働者】の立場から【経営者】に有利につくられてきた
これまでの社会を解体し真に平等な社会を構築する方法論

について書き綴っています。

【労働者】の利益を代弁する政治家を見出すにはどうすればよいのでしょうか。

政治家としての任務を全うする上で、充分な職業経験が
無ければ務まらないということは言うまでもありません。

しかし、職業経験よりも何よりも優先して
確認しなければならない資質があるのです。

それは

本当に【労働者】の利益を代弁する意思決定をする人間なのか

という資質です。

当たり前のように思うかもしれませんが、
よく確認しなければなりません。

代議士として担いで議員になった後から
クビにして変更することは困難です。

【労働者】の声を聞く素振りを見せておきながら
最終的には【経営者】の都合を反映させ判断する※
“なりすましの詐欺師”を選んではいけません。

※…「現実的な判断」と主張するのかもしれません
  【労働者】の声と【経営者】の都合の衝突時に
  【経営者】の都合を切り捨てる能力こそ生命線

また、職業経験がある人間とは【経営者】の側から
「組織に組み入れよう」とする触手が常に伸びてくる存在でも
あるため、代議士になる過程で、もしくは代議士になってから
【経営者】の誘いにのって【労働者】の利益を代弁する側から
【経営者】の利益を代弁する側に寝返る可能性があるのです。

献金・名誉職・脅迫などの手口で簡単に懐柔されるでしょう。

では実際に【労働者】の利益を代弁する意思決定をする
人間をどのようにして見出し選べばよいのでしょうか。

表面的な言葉を鵜呑みにして判断しては
いけないことは言うまでもありません。

政治家自身の発言や行動の一挙手一投足を
可能な限り集めて判断するしかありません。(続く)

 
posted by miraclestar at 00:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

時間に比例しないノウハウの守り方 - 4 労働者の利益を代弁する政治家

世の中には大きく分けて二種類の人間がいます。

労働者 と 経営者

です。本稿では

【労働者】の立場から【経営者】に有利につくられてきた
これまでの社会を解体し真に平等な社会を構築する方法論

について書き綴っています。

労働者の利益を代弁する政治家の離合集散が止まりませんね。

労働者の利益を代弁する政治家は労働組合を母体に生み出されました。
業務の効率化・大規模化に伴って似た境遇の労働者がたくさん生まれ
労働者の利益を代弁する政治家の誕生へとつながる素地となりました。

労働組合は今や小規模な事業所の労働者も取り込むようになり、
必ずしも効率的で大規模な事業所に限ったものではなくなりましたが、
労働組合の誕生に効率的で大規模な事業形態が鍵となった経緯は
見逃しがたい現実です。従って労働者の利益を代弁する政治家は
効率的で大規模な事業形態の存在を無視することができず
振り回されることが宿命であると言えるのでしょう。

労働者の利益を代弁する政治家が経営者が生み出す
効率的で大規模な事業形態に束縛され自由になれないでいる間に
【経営者】が知恵をつけて【労働者】の問題意識を逸らす手段を
巧妙化させれば労働者の利益を代弁する政治家が色褪せ存在意義を
問われるようになることは避けられない現実なのでしょう。(続く)

 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

Saikyoto


周りとちょっと違うことをしてみた。そんなちょっとした “一歩” がつながって広がる世界。

 
posted by miraclestar at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

タイムカプセル


timecapsule181003.atc(148,804bytes)


パスワードはアルファベット24文字。


 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

日本共産党と協力していくことができると考える主張内容について

提案者が日本共産党と協力していくことができると考える
提案者の主張内容について明確にしておきたいと思います。

  • 消費税廃止と法人税中心の税制への移行

  • 自由貿易体制からの撤退と関税自主権の確立

  • IR法の廃止とぱちんこ店の健全化


 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする