2019年08月03日

戦争が始まる

遠い昔、戦争がはじまったとき、当時の若い衆は、
バケーションが終わる頃には戻って元通りになる
と思って戦争に突入していったそうですね。

いまの若い衆もそれほど違わない気分で過ごして
いるのかもしれません。もうすぐ終わる、と。

ここ半年の間、特に元号が変わってからの三ヶ月
間は、ものすごい勢いで生活を破壊する仕組みが
整えられてきました。

生活を破壊するって、生活空間の中に何かしらの
危害を加える設備が増えたとは思えない人が多い
かもしれません。カメラが増えたと思いませんか。

カメラなら昔からあった、と思うかもしれません。
違います。いま新しく設置されたカメラは、全て
警察署につながっていて、警察官がいつでも自由
に生活空間を盗撮できるようになっているのです。

とは言っても24時間365日モニターに張り付いて
いるわけではありません。AI顔認識機能があって、
監視したい対象の写真を登録しておくと自動的に
映像を記録しいつどこのカメラに記録されたかが
分かるようになっているのです。

街中で出会うタクシーは、既にAI顔認識カメラが
搭載されています。鉄道車両にもAI顔認識カメラ
付がどんどん増えています。駅のホームに設置さ
れているカメラもAI顔認識カメラになりいつどの
駅からどの駅まで乗ったかを記録している様です。

生活を破壊するって、まだ納得できない人がいる
かもしれませんね。日常生活を送る上で、カメラ
に撮られているか否かは関係ないじゃないか、と
思いますか。

日常生活を送る事しかできなくなると言う事です。

ある政治集会に参加したとしましょう。政治集会
の会場に設置されたAI顔認識カメラが参加者の顔
を記録します。次から、街中のカメラで、個人宅
のカメラで、駅のホームのカメラで、鉄道車両の
カメラで、タクシーのカメラでも、参加者の行動
を追うようになるでしょうね。参加者が誰と行動
を共にする事が多いか、等の解析結果を元に傾倒
度も分かるでしょう。誰が動いていてどのような
同盟関係があるのか。そういった事全てが自動で
導きだせるようになるのですよ。

これは一例です。とある本を購入した人間を追跡
する、なんて事も行われるようになるでしょう。

この状況がすぐに終わる、なんて事は有りません。
ここに至るまで、何度も警告を発信していたにも
かかわらず、多くの人は、声を上げず、行動せず、
放置してきました。

状況が変化するタイミングは、3年又は4年に一度
です。変化させる事が出来なければ、次可能性が
あるのは3年後です。そのような周期でしか変化
し得ない事を、どうぞお知り置きください。

 
posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

狂気の正体

犯罪者の無罪放免、犯罪者が国家を動かしている
現実、AI顔認識カメラによる切れ目無い監視体制。

これだけの事を書いても大騒ぎにはなりません。

より無難な話題でお茶を濁して現実逃避し、やり
過ごしているように思えます。

狂気そのもの、のやり方を歓迎し、もっとやれと
積極的な支持をもたらす、狂気そのものの岩盤層
が存在しているのです。

皆様の周りにも、狂気そのものの存在はいるはず
です。皆様の心の中にもいるのかもしれません。

ここでは狂気そのものについて詳しく書きません。
何故なら、狂気を呼び起こしてしまうからです。

自分自身の力で狂気の正体を突き止めてください。

 
posted by miraclestar at 21:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

牙を抜かれた嘘付きについていってはいけない

Webサーバーそのものに監視プログラムが仕組
まれるようになりました。通信経路は暗号化され
安全が保障されているかの様に装っておきながら
Webサーバーそのものに細工がしてあって逐次
為政者に報告が行くようになっているのです。

少なくとも細工を受け入れる事を認めた関係者が
いるはずです。秘密にしているかもしれませんが。
牙を抜かれた嘘付きが、これまでと同様に先頭に
立って影響力を行使する事があってはなりません。

 1
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

狂気が支配する国

つい先日、性犯罪で告訴され辞職に追い込まれた
元国会議員が検察によって無罪放免となりました。
何かしらの活躍を期待しているのかもしれません。

この国では、犯罪を犯した人間が無罪放免となり
国家を動かす要職に招かれ、良心に生きる国民を
縛り上げる例が枚挙にいとまがありません。

自民党の選対委員長は、元犯罪者が務めています。
未遂に終わったものを含めこの元犯罪者が主導者
として名を連ねた例は多々あります。

タクシーに続き、鉄道での移動についても監視が
始まりました。ホーム上に設置されているカメラ
がAI顔認識カメラとなり、個人がいつどの駅から
どの駅まで移動したかを記録している様です。

 
posted by miraclestar at 23:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする