2019年11月16日

赤外線カメラによる建物内部の監視がはびこる社会

もはや、現実から目を背けなければ生きていく事が出来ない
時代の入口に差し掛かっているのかもしれません。

これまでの数週間のうちに、目の前に居座る独裁者について
より明確に、よりはっきりと、正体が明らかになっています。

民間人が到底成しえない不正の限りを尽くす犯罪集団である、

と言う事です。

赤外線カメラによる建物内部の監視がはびこる社会が、もう
目の前に迫っています。一部で既に始まっている事なのです。

AI顔認識カメラによる街角の監視と赤外線カメラによる建物
内部の監視で、やつらは情報の窃盗を目論んでいるのです。

例えば、何かしらの出来事によって新しい発想が生まれたと
しますね。あなたはそれを何かしらの成果に結び付けようと
行動を始めるかもしれません。ところが、あなたが発想を生
むきっかけとなった出来事は、AI顔認識カメラで監視されて
いて、やつらは24時間365日分析に励んでいるのです。あなた
が何かしらの成果に結び付ける前に、やつらは、それが自分
で思いついた事だと偽って成果に結び付けてしまうでしょう。

監視カメラにはマイクが付いていないイメージをお持ちの方
がいるかもしれませんが、少なくとも最新のAI顔認識カメラ
は映像だけでは無く音声も記録しています。あなたが街角で
仲間と会話をすれば、会話の内容は近くのAI顔認識カメラに
よって記録されています。やつらは24時間365日分析に励んで
いて、あなたと仲間の会話の中から情報を盗み出すでしょう。

赤外線カメラによる建物内部の監視では、AI顔認識カメラで
行ってきた情報の窃盗を、人間に目には見えないと思われて
いる建物外部から見た建物内部の出来事についても、行える
様になると言う事なのです。

これから先も、やつらに騙され続ける社会が続くのであれば、
赤外線カメラによる建物内部の監視で情報を窃盗し続けるし
か無いのです。

 
posted by miraclestar at 15:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

巧妙に隠された選別の仕組み

気になる知らせが舞い込んで来ました。衆議院議員の馬淵元
国交相が交通事故で大けがをしたそうです。命に別条は無い
との事ですが、議論の第一線から、一時退場を余儀無くさせ
られる事は間違いなさそうです。

踏んだり蹴ったりの現実に八方ふさがりの人達がいる一方で
被災地を訪問して誰にでも言えそうな事を言うだけで手柄を
ゲット出来てしまう人達もいる様ですね。醜聞に塗れた集団
が言う事であっても黙って言う通りに出来る能力をお持ちの
様です。前者と後者は、全く異なる運命が待ち受けています。

どの様にして選別されているかご存知ですか。

先日、女性を傷付ける行為をした男が逮捕され、名前と顔が
テレビで大きく取り上げられて報道されました。その報道の
すぐそばでシレッと不起訴の報道がありました。名前も顔も
報道されませんでした。男は外交官だった様です。「検察は
不起訴の理由を明らかにしていません」との事でした。何度
となく聞く言葉ではないでしょうか。

司法が動かなければ、この国はダメだ
(中略)地元有権者に金品を配った買収疑惑で辞任に追い込まれた菅原一秀前経産相に続き、きのう(10月31日)は河井克行法相が辞任した。同日発売の「週刊文春」で「政治とカネ」の疑惑を報じられるや、朝8時過ぎに閣僚の辞表を提出するという電光石火の辞任劇だった。(中略)それにしても、買収がアウトなら、地元有権者に衆議院手帳や線香、香典を配ったことが報じられた茂木外相は、なぜ「総理候補」を自任して居座っているのか。一大疑獄と化したモリカケ問題でも誰も責任を取っていない。公文書改ざんという前代未聞の悪事まで明らかになったのに、麻生財務相は大臣席でふんぞり返ったままだ。(中略)加計学園からの闇献金疑惑が浮上した下村博文選対委員長にしろ、大臣室で現ナマを受け取って辞任した甘利税調会長にしろ、調査結果をしかるべきタイミングで公表するとしながら、結局、何の説明責任も果たさないうちにシレッと復権している。(中略)司法は何をやっているのだ。(後略)

〈日刊ゲンダイ 11月2日(11月1日 夕刊) 1・2面〉

本来、いるはずの当事者が、いない事にお気付きでしょうか。
司法つまり警察、検察、裁判所が不在なのです。やつらには
捜査をする権限が与えられている一方で、捜査しない自由も
持ち合わせています。どういう場合に捜査をして、どういう
場合に捜査しない自由を行使するか、その判断している誰か
がいるのです。

ところで、その誰か、さえも絶体絶命の事態が発生しました。

前法相夫妻ダブル失職 ダブル補選の可能性
(中略)疑惑が事件化するのか、さらには(中略)連座制に発展するのかに注目が集まっている。(中略)実際、2013年7月の参院選で同様の事件が摘発され、連座制が適用されているのだ。比例区選出の元参院議員の元秘書が、ウグイス嬢1人に法定上限2倍の3万円の日当を支払った疑いで、同年9月に逮捕され、11月に懲役1年6月執行猶予5年の判決が確定。元議員は「秘書の選挙運動の内容を知らなかった」と主張したが、翌年4月に連座制適用の判決が下された。有罪になったのが元秘書で、ウグイス嬢の違法買収金額は3万円。河井夫妻のケースと全く一緒なのだから、河井夫妻も罪に問われなきゃおかしい。(中略)陣営が違法買収したウグイス嬢は13人と人数が多いので、刑が重くなり、5年以下の懲役・禁錮となる可能性があります(後略)

〈日刊ゲンダイ 11月4日(11月2日 夕刊) 14面〉

その誰か、は過去に確定した判決をねじ曲げるのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

赤外線カメラによる建物内部の監視が始まる

嘘じゃありません。空想でもありません。もうすぐ始まります。
何故なら、そのやり方で切り抜けてしまった独裁者は、
そのやり方をやり続けるしかないからです。

 
posted by miraclestar at 21:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

いま既に「超監視社会」そのものである犯罪国家が中国を問題視出来るのか

途方もなく悪質な嘘付きに丸め込まれ、日本国民は深い霧の
中に閉じ込められ、まるで夢遊病患者の様な状態にあります。

中国の様に「顔パス」の改札をやらないだけで日本では鉄道
のホームの監視カメラがAI顔認識カメラ化されつつあります。

オフィスや学校で、入構時の本人確認や、勤怠・出席管理に、
顔認識技術を使っていなくとも、何の周知も無しにAI顔認識
カメラに置き換えられている場所があります。

警察が新たに設置するカメラは、間違いなくAI顔認識カメラ
である事はもちろん、何かしら別の目的を偽装して生活空間
の隅々にまでカメラを張り巡らせる、あの手この手の手口が、
次々と開発されています。民間住宅等民間の敷地にも、警察
に直通しているAI顔認識カメラが設置され、国民を盗撮して
います。逃亡犯の中で、発見された経緯に、曖昧な点がある
事例は、AI顔認識カメラの監視網が利用された可能性がある
と思います。

全国で走るタクシーのカメラは既にドライブレコーダーでは
無くAI顔認識カメラです。こう言った事が、何の周知も議論
も無く、勝手に推し進められているのが、いま皆様が生きる
日本国であり、それが目の前にいる独裁者の正体なのです。

先日、日経新聞に以下の様な記事が掲載されました。

中国の決済 顔認証主流に
(前略)中国で、(中略)「顔認証決済」が広がり始めた。(中略)中国では17年に「国家情報法」が施行し、政府は国家の安全保障を脅かすと判断した場合、中国企業から情報提供を受けることが可能になった。だが中国政府は同法を根拠に個人の信用情報などあらゆる情報を企業から入手しているとの批判が国内外から絶えない。(後略)

〈日経新聞 10月26日 朝刊 1面〉

なぜ、いわゆる共謀罪法を根拠にして、個人にまつわるあら
ゆる情報を企業から入手している日本国政府には批判が起き
ないのでしょうか。

情報統制されていて流通していないだけではないでしょうか。

(前略)こうしたなかで顔認証決済が生活に浸透すればするほど、中国政府は今後、犯罪者のほか一般人さえも、全土に張り巡らした約2億台の監視カメラと連動させ、人の動きや居場所、志向をより正確に把握し、監視する事が可能になる。14億人の中国は「超監視社会」に近づく。(後略)
〈日経新聞 10月26日 朝刊 1面〉

日本国政府は、既に、一般人さえも全国に張り巡らしたAI顔
認識カメラで、動きや居場所、志向を把握し監視しているし、
赤外線カメラを使って、建物の中の動きまでも監視し始めて
いるのに、どうして中国が問題なのでしょうか。

この記事を読んだ日本国民の皆様は、当然の事だ、と共感し、
この様な議論が、自由に出来る新聞が発行されている日本は
安心できる社会だ、と思わされてしまうのかもしれません。

しかしながら、中国は隠さず堂々とやる一方で、日本国政府
は日本国民に知られない様に細心の注意を払っているだけで
中国を批判する事等到底出来ない程、監視しています。ただ
隠蔽しているから知られていないだけなのです。

日本国民が生きるこの社会は、既に「超監視社会」なのです。
途方もなく悪質な嘘付きは、存在している事を知らなければ
なりません。いま目の前にいるのです。

 
posted by miraclestar at 23:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

四台目の赤外線カメラは上から

昨晩のうちに、四台目の赤外線カメラが据え付けられ、先程、
盗撮を開始しました。四台目の赤外線カメラは自宅の近くに
ある高い場所から見下ろす様な形で設置されています。

もはや、カメラの見た目を晒す必要すら無いかも知れません。
不透明なプラスチック製の筐体に赤外線カメラが収められて
いたとしても、役割を果たします。

現物は確認していませんが高い場所に設置されている事から、
周辺の民間住宅に暮らす人間の裸体が男女問わず盗撮出来る
状況にあると思います。

 
posted by miraclestar at 01:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする