2021年02月15日

これがやつらの「ニューノーマル」

古今東西の思想家や作家が警告したディストピアは、「いつか」
ではなく、もう目の前に存在しています。盗聴盗撮装置がはび
こる破廉恥な監視国家が、いま手を伸ばせばそこにあるのです。

「20世紀少年」と言う漫画をご存知でしょうか。自分は少年誌
に連載された物語の一部だったり、友達に借りた単行本の一部
を読んだだけで、物語の全体像迄は知らないのですが、独裁者
が暴走する世界を描いた物語だったのではないかと思います。

「20世紀少年」の中には、物語全体を通して鍵となるイラスト
として「人差し指を立てた手と見開かれた目が重なり合った印」
が随所に描かれていたのですが、独裁国家を示す実に的を射た
印だったのではないかと思います。

独裁国家には、盗聴盗撮装置で国民を監視し縛りつける仕組み
が不可欠です。ただ、技術を知らない一般国民には、何が盗聴
盗撮装置で、自らを縛りつけている仕組みなのか理解出来ない
場合が多い様です。その様な独裁国家にとって不可欠な仕組み
を「人差し指を立てた手と見開かれた目が重なり合った印」で
表現するアイデアは、なかなか優れたものだったのではないか
と思います。

「20世紀少年」では、「人差し指を立てた手と見開かれた目が
重なり合った印」が街中の随所に描かれていたのですが、特に
目立ったのは、街の高い場所に描かれた印だと思います。街の
高い場所に、独裁者の目が見開かれている事を警告する表現で
あったのではないでしょうか。

これと同様に、街の高い場所に独裁者の目が見開かれた実際の
事例を、実物で観察できる場所があります。狛江市と世田谷区
の境界近くで行われている建設工事で使用されている、高塔型
クレーンの側面に、周辺一帯を見渡す様にして盗撮するカメラ
がこっそり据え付けられているのです。このカメラは、少なく
とも数百メートル遠方の住宅の窓から、部屋の中の様子を識別
出来るだけの性能を持っている様です。また、周辺の道を歩く
人間を識別し、追跡する機能も持っている様です。

場所は小田急線喜多見駅から少し歩いた場所にあります。北口
を出て、ティップネスの周辺まで来てください。ティップネス
のある区画の周囲の公道を一周すると、この高塔型クレーンを
簡単に発見する事が出来ると思います。辺りが暗くなる時間帯
に訪れる事を勧めます。クレーンの先端にある航空機用の赤色
灯の他に、操縦室の側面に少し暗い赤色灯が光っているところ
が確認出来るのではないかと思います。この高塔型クレーンが
どのくらい高い場所にあるか、正確には分かりませんが、近く
にある川を超えてその先に広がる住宅街の住宅の中や歩行者迄
も盗撮する事が出来る状態があるのではないかと思います。

これと同様の仕組みの整備は、もう既に全国各地で進められて
いる様です。河川敷に設置されている、橋梁監視用のカメラは、
AI顔認識カメラであり、街の高い場所から橋梁と同時に周辺の
住宅の中や歩行者の動きを盗撮出来るようになっており、実際
に盗撮しています。東京スカイツリーには周辺一帯を見渡す様
に盗撮する超高繊細のカメラが据え付けられており、AIと接続
されていると、隠す事をせず、むしろこれが「ニューノーマル
だ」として、何と新聞がこれを報じました。

独裁者を放置すれば、何も無いと思っていた窓から見える空に、
ある日突然盗撮カメラが現れ、生活の隅の隅迄ほじくり出す様
にして、盗撮される様になる事は間違いないでしょう。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世代を代表する長編テレビアニメ

今回の記事は、趣向を変えてテレビアニメの話をしようと思い
ます。興味のある方のみ、お付き合いください。

いまあるかどうかは分かりませんが、かつての世代においては
「世代を代表する長編テレビアニメ」と言うものがあるのでは
ないか、と思います。主に、幼少期から小学生の時期にかけて、
夕方には自分の家に帰る事になっていて、家に帰ればテレビが
あって、テレビをつければ、アニメがやっていて、見てしまう
と言うテレビアニメがいくつかあったのではないかと思います。

その中には、十年以上の長い期間に渡ってやり続けているもの
もあるかも知れません。こういったテレビアニメは、いつから
見始めても、一話だけ見れば、その中で完結していて楽しめる
内容になっていて、世代を超えた知名度があるものばかりだと
思います。中には、連続で見続けなければ理解出来ないテレビ
アニメもあります。こういったテレビアニメは、ひとつの季節
とか長くても一年とか、限られた期間で終わってしまうものが
多く、知名度にはピンからキリまであります。

ところがそんな中で、連続で見続けなければ理解出来ない内容
なのに、一年とかの限られた期間で終わらず、それ以上の長い
期間に渡ってやり続けていたテレビアニメもあったのではない
かと思います。その多くは、少年誌の連載で絶大な人気を誇る
長編漫画が原作で、人気が出る事があらかじめ予想出来る物語
をテレビアニメ化した作品なのではないかと思います。

こういった作品は、その放送時期に子ども時代を過ごした人で
あれば、大多数の人が見て知っている作品であり「世代を代表
する長編テレビアニメ」と呼べるのではないでしょうか。

自分より少し上の世代にとっての「世代を代表する長編テレビ
アニメ」とは、「キン肉マン」だったのではないかと思います。

自分が小学校に入学してすぐの頃、隣の家に住んでいた兄さん
(面識は無い)が、確か、小学校を卒業するかしたかとの事で、
兄さんが持っていたおもちゃと漫画をまとめて貰った事があり
ました。その中には、大量の「キン肉マン」のゴム人形が含ま
れていた事が、いまでも強烈な印象の記憶として残っています。

しかしながら、自分がテレビアニメを見ていた時期には「キン
肉マン」の放送が無く、「キン肉マン」のテレビアニメを見た
記憶は一度もありません。「キン肉マン」の原作漫画を読んだ
事もありません。だから、「キン肉マン」と言うキャラクター
の存在とその意匠は強烈に記憶しているのですが、物語自体は
知らないのです。

ちなみに、貰った漫画の中には、全巻ではないものの「ドラえ
もん」の単行本や映画の原作本が含まれていて、「ドラえもん」
の方は、かなり見ました。映画はある時期は欠かさず見ていま
したし、映画の原作本を買い足した事もあったと思います。

横道にそれましたが、自分の世代にとっての「世代を代表する
長編テレビアニメ」について触れてみたいと思います。ヒント
を漢字四文字で言うと「七」「雲」「計」「亀」だと思います。
特に好きとか、特別な感情があるわけではないのですが、物語
のほぼ全編に渡って見た事がある唯一の長編テレビアニメだと
思います。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする