2021年02月24日

工作員は使い捨て

先日、仕事先の事業所の出入口にある門扉に、自動車が衝突し、
大きく破損する出来事がありました。目撃情報によると、何か
の工事で来場していた外部の業者が、用事を終えて退場する際
に門扉に衝突したとの事です。

門扉には、非接触のICカードをタッチすると解錠する仕組みの
自動錠が付いていました。破損により自動錠が使えなくなって
しまった為、衝突した日は終日、業者の人が入場許可証の確認
で、門扉のところに立っていたそうです。

衝突から一週間が経ちましたが、門扉の修理工事が始まる様子
は無く、いまは警備会社の警備員が24時間入場許可証の確認で、
門扉のところに立っている状況が続いています。

門扉の破損状況は、想像を絶する壊れ方です。門扉には自動錠
の他に、鍵を差し込んで施錠する手動錠と、鍵を使わなくても
施錠出来る手動錠が付いていて、自動錠と併せて鍵を使わなく
ても施錠出来る手動錠を常用していたのですが、自動錠の台座
がもげて跡形も無くなっている他に、手動錠がかみ合って固定
する為の穴も変形しているのです。つまり手動錠が施錠された
状態で、自動車が衝突したと言う事なのです。

これは一体、どういった原因で、衝突に至ったと言う事なので
しょうか。門扉が目の前に現れたら、危険を察知してブレーキ
を踏むのが、自然な行動です。ブレーキとアクセルを踏み間違
えたのでしょうか。はたまた、車両を離れる際に、ブレーキを
忘れたのでしょうか。閉まっていた門扉に、ぶつかったのです。

門扉の修理には、恐らく、門扉を丸ごと交換する工事が必要に
なるのではないかと思います。まさか過失でない訳が無いとは
思いますが、まるで犯罪を犯した自覚のある人間が、一秒でも
早く現場を離れたいと焦った結果であるかのような壊れ方です。

安全を確認する事が習慣の現場に突如現れた、異次元空間です。

事業所の内部に工事を依頼した人間がいるはずではありますが、
事業所が修理費を肩代わりする結末は、さすがに無理があるの
ではないでしょうか。

修理費は、中小の業者にとっては存続に関わる程高額の負担に
なる事が想像出来ます。賠償の示談交渉は難航が想像出来ます。

業者の人が何の工事をしていたか迄の目撃情報はありませんが、
回っていた情報によると、少なくともその日は、仕事先で自分
が待機する居室の一つ上の階に隣接する女性用トイレで、便座
の交換工事が行われていました。まさか赤外線カメラが仕掛け
られた便座にでも交換していたのでしょうか。

数十台の赤外線カメラを仕掛ける工作活動の隠蔽に、事業所に
あった蛍光灯を、ほぼすべてLED照明(LED照明は高額です)に
交換するだけの、湯水の様なお金はどこかから湧いて来るのに、
あの人達は、あの人達の為に危険を冒して迄事業所に侵入させ
工作活動をさせておきながら、それで事故を起こして窮したら、
何もせず、工作員を使い捨てにする、と言う事なのでしょうか。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする