2021年09月20日

「酸化グラフェン」が仕事を済ませた後の行く末

新しい技術である「mRNAワクチン」には、「酸化グラフェン」
が含まれているとの報告が多くあがってきています。複数の
科学者が、「mRNAワクチン」を直接分析し、含まれている事
を確認しています。ある科学者は、各社「mRNAワクチン」に
含まれている「酸化グラフェン」が、ある中国の会社が供給
する製品に含まれているものである事を突き止めました。

もはや、「酸化グラフェン」が含まれている事に疑いの余地
は無いでしょう。気になるのは「酸化グラフェン」が仕事を
済ませた後の行く末についてです。mRNAを体内の適切な場所
に届けた後、「酸化グラフェン」はどうなるのでしょうか。

特許文書の中には「PEG化脂質ナノ粒子」と言う、ワクチンに
とって重要な成分の記載がある様です。ある化学分野の業界
誌で医師が語ったところによると、ワクチンは、「コレステ
ロール」「リン脂質」「イオン化可能脂質」「PEG化脂質ナノ
粒子」の四つの主要脂質で構成されており、これらの脂質で
mRNAを包み込む事で、輸送中や体内に入った後の一定の時間、
分解されず存在できる、「人工的な生物圏」をつくっている
様です。特許文書や業界誌においては、これ以上に具体的な
物質名の記載は無い様ですが、この「PEG化脂質ナノ粒子」は、
ある中国の会社が「covid19のワクチン用添加剤」として供給
する「酸化グラフェン」化合物である様です。

「酸化グラフェン」化合物を供給する中国の会社の説明では、
化合物は、「コアシェル構造になっていてポリエチレングリ
コール(PEG)の高分子誘導体のエネルギーを貯蔵して、メカ
的なパフォーマンスと融合するための機能」だと言う事です。

「コアシェル構造」を日本語に訳せば、「核と殻の構造」と
なり、核の部分が「酸化グラフェン」で、殻の部分が「ポリ
エチレングリコールの高分子誘導体」になるのではないかと
思います。「メカ的なパフォーマンス」について、ここでは、
四つの主要脂質とmRNAが、輸送中や体内に入った後の一定の
時間、離散せずに一体で運ばれる様にする働きの事を言って
いるのではないかと思います。

気になるのは「酸化グラフェン」化合物が仕事を済ませた後
の行く末についてです。mRNAを体内の適切な場所に届ける迄
の時間、「酸化グラフェン」化合物は四つの主要脂質とmRNA
が離散せずに一体となる働きをするのでしょう。問題なのは
その役割が終わった後、どうなるかについてです。

四つの主要脂質のうち、「コレステロール」「リン脂質」は、
人体に存在している物質であり、時間が経てば共に溶出して
無くなるのではないかと思います。「イオン化可能脂質」に
ついても、脂質のひとつとして人体で分解されるのでしょう。
では「酸化グラフェン」が含まれる「PEG化脂質ナノ粒子」は、
どうなるのでしょうか。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

専業主婦って最後まで幸せな人生を全う出来るのだろうか

専業主婦って、最後まで幸せな人生を全う出来るのだろうか、
と思います。詳しく書く事はしませんが自分の母親と祖母は、
二代続けて専業主婦でした。

専業主婦は、自分は経験した事無いし、これから先同じ境遇
に立たされる事も無いのだろうとは思うのですが、専業主婦
にも、失業する日が来ると言う事、これは見過ごされがちだ
と思うのですが、いつかやって来る現実だと言う事を考えて
おかなければならないのではないかと思います。

失業の理由は様々です。専業主婦が抱える関係性の中に欠落
が生じる事によって失業する場合もあれば、身体に不具合が
生じる事によって失業する場合もあるでしょう。

失業した後の行く末は悲惨です。専業主婦にはそうではない
事の必要性に乏しい事から、受け取る情報に偏りがあります。
専業主婦になる前に社会との接点を多く経験し、専業主婦に
なった後も積極的な情報収集に努める事を習慣化していた人
は別ですが、そうではない人の場合、情報に偏りを突く悪意
がある誘いや、フェイクニュースがもたらされれば、簡単に
騙されてしまいます。しかも、社会との接点が少なかったり
狭かったりすれば、事実に辿りつく可能性は低く、絶望的な
までの長期にわたって嘘デタラメの虜にされてしまうのです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

“韓国・韓国人に対して持っている考えやイメージ”

この情報を知りたがっている人が、世の中にどのくらいいる
のかまったく未知数なのですが、少しはいるのではないかと
思う事があったので書いてみる事にしました。

自分自身は韓国・韓国人に対してどういう考えやイメージを
持っているのか、と言う事についてです。韓国と言えば自分
に色々な事を教えてくれた人物の祖国であり、その事実から
見れば、関心がある、と言う人はいるのかも知れません。

思えば、自分自身が韓国・韓国人に対して何かしらの考えを
表明する文章を書いた事はほとんど無かった、記事を書いた
事は一度も無かったのではないかと思います。まさにそれが
答えで、「何も無い」と言うのが正直なところです。

特別に韓国が好きと言う事はありません。好きも嫌いも無い、
「何も無い」、それが韓国・韓国人に対して持っている考え
やイメージ(実際は持っていない)の内容です。

世の中には、韓国嫌いでわざわざ韓国人がいる場所に行って
ヘイトスピーチをする人がいたり、日刊紙、週刊誌、月刊誌
等の言論空間で執拗な嫌韓論を展開する言論人がいたりする
様ですが、自分にとっては、まったく共感出来ない世界です。

ただ、韓国籍を持ちながら、日本人とほぼ同じ見た目で日本
人風の名前を名乗る者が、どうやらいるらしい事には常日頃
警戒心を持っています。しかし、これは、日本人を選好する
個人的嗜好から来るものであって、韓国人である事は、理由
ではありません。また、自分と深いかかわりを持たない者で、
長い歴史的経緯から、外国籍を持ちながら、日本国土で生活
する者がいる現実を、妨げる迄のもの、でもありません。

唯一、思い当たるのは、どうやら韓国人の中には「日本」に
対してマウントをとりたがる人がいる様です。例えば「日本
は韓国の一部だ」とか「日本の○○(コンテンツ)は韓国が
生んだ」とか、自分勝手な思い込みで日本の領域を侵犯する
事がしばしばあります。この様な試みに対しては毅然とした
態度で臨む事があります。それが唯一でしょうか。

 
posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

何も無かった顔をして商売を始めるのでしょうか

先日、アフガニスタンに駐留していた米軍が完全に撤退した
と言う、歴史的な転換の節目となる出来事がありました。

思えば2001年9月11日、NYの高層ビルへ旅客機が衝突する姿を
NHKの生中継を通して目の当たりにしました。後になってから
わかった事でしたが、高層ビルで勤務していた日本人を含む
多くの人が犠牲になった中、この日ユダヤ人だけがそろって
休暇を取っていた事実があった様です。もちろん、そんな事
省みられる事は無く、テロとの戦いに火がつきました。

2001年10月7日、米国はアフガニスタンに、先制攻撃を仕掛け
ました。国際社会は黙認で賛成しました。日本も含めてです。

ときは流れ、最初の出来事から二十年の節目を目の前にして、
完全撤退の節目を迎えました。いま、アフガニスタンは見た
目では変わろうとしているかのように見える動きがあります。

もしかしたら、現地の人々の努力によってアフガニスタンは、
今後良くなっていくのかも知れません。それは楽観的過ぎる
希望的観測かも知れませんが、有り得ない事では無い未知の
世界の話です。

歴史を振り返れば、戦争で国土がめちゃめちゃになったベト
ナムは、戦争終結後、そこそこの発展を遂げました。アフガ
ニスタンもベトナムと同様の道を辿る可能性は十分有り得る
事です。そのとき、何かしら儲けの機会があるのではないか。
米国を含め、各国が考えている事ではないでしょうか。

ここから先は、アフガニスタンで政権を担う者たちの判断に
なるので確定的な事は言えないのですけど、アフガニスタン
に先制攻撃を行い、国土をめちゃめちゃにした米国は、何も
無かった顔をしてアフガニスタンを訪れ、これからは経済だ
と言って、アフガニスタンで商売を始めるのでしょうか。

民間交流の実績から比較的信頼のある日本にしても同じです。
日本の国政において米国の戦争に加担し続けた政治家、その
政治家を支え続けた経営者が、何も無かった顔をしてアフガ
ニスタンを訪れ、商売を始めるのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

いまあなたが生きている国の実態

これ迄何度も書こうと思い立ち、その度に書くのを断念して、
その結果、まったく触れて来なかった内容があります。一度
も記事にして来なかった内容だと思います。

今回、初めてその事について書いてみようと思います。

タクシーやバス、鉄道駅施設に仕掛けられたAI顔認識カメラ
による監視網の存在は繰り返し指摘してきました。ところが、
ほとんどの人は監視されている事に気付かない上に、為政者
の嘘デタラメの説明を丸呑みにして安心し、為政者の掛け声
に合わせて、自ら進んで監視の枠組みに組み込まれて踊る人
迄いる始末です。監視網の存在について、確信を伴って理解
してくれる論客は皆無に等しく、「懸念がある」との警告を
発信する者がちらほら見受けられる程度でしかありません。

「監視されずに生きる自由」について語っても、理解出来る
者は絶滅危惧種で、「監視されずに生きる自由」が冒される
事に対する意識も感覚も漂白された人のうねりを前に、ただ
絶望に打ちひしがれるしかありません。

その様な状況がある中で、現在進行形で実行されている監視
であり、具体的に差し迫った危機であるにもかかわらず、AI
顔認識カメラ以上に、監視機器が目に付きにくい場所にあり、
監視を認識して確認出来ない人が多数を占める可能性の高い
監視の実態について書いたとしても、一体誰が聞いてくれる
のでしょうか。

皆さん、自宅の電気使用量を計測する機器が、通信機能付き
の新しいものに交換された事を覚えていますか。数年前から
順次交換が進み、順番が回ってきた際には、ポストに交換の
旨を知らせる紙が投函されるのみで、ほぼ選択の余地は無く
有無を言わさず交換されてしまったのではないかと思います。

為政者の説明によると、30分に一度、通信して電力使用量を
送信する仕組みだと言う事になっています。だから、「生活
の詳しい実態は分かりません、安心して下さい」と、直接は
言っていませんが、その様に思わせる事を誘導する説明だと
思います。

しかしながら、これは真っ赤なウソです。

実際は、一秒未満の細かい時間単位で電気使用量を送信して
おり、生活の詳しい実態が丸裸になる情報が送信出来る様に
なっています。しかも為政者は、これらあらゆる世帯の電気
使用量の情報を、いつでもどこでも自由に覗き見る事が出来、
場合によっては常時監視出来る仕組みになっています。

例えば、電灯の使用履歴によって在宅している時間が分かり
ます。複数の部屋がある世帯であれば、どの時間帯に何部屋
使われているかもわかります。日常的に使用されている時間
帯と部屋数から外れた事があれば、普段いない人が来ている
とか、生活の変化があったとか、そう言う事が分かります。

為政者は、あなたの生活の隅から隅までを知る事が出来るし、
精密に監視しています。その仕組みを気付かれない様に、嘘
デタラメの説明で煙に巻きながら、つくっています。

これが、いまあなたが生きている国の実態なのです。

 
posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

撤回のお知らせ

一年前に提示した以下のファイルについて、内容は公表して
いませんが、「既存の技術で実現する事は困難」と結論付け、
「無理がある」と考えを改めました。おわびして撤回します。

shelter200904.atc


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする