2022年01月06日

日本の近未来を占うふたつの首長選挙

日本の近未来を占うふたつの首長選挙について、振り返って
みようと思います。どちらも昨年8月末、同日に行われました。

前任者の選挙が行われたのは、そのときから四年前、2017年
の事でした。それぞれ7月30日と8月27日に行われていました。
そのどちらも、得票数を書き換える不正選挙が疑われた選挙
でした。

前者は、横浜市長選挙で、ある政策課題の是非が争点となり、
反対を掲げる候補者二名と、「白紙だ」と称しながら事実上
推進派の候補者一名で争われました。ある政策課題の是非に
ついて、出口調査の結果は反対が七割に達しました。しかし、
推進派の候補者が当選とされました。これは計算が合わない
結果でした。反対派の有権者七割が反対の候補者二名に半分
ずつ分かれたとしても、推進派の有権者三割よりも多いはず
なのです。

後者は、茨城県知事選挙で、ある別の政策課題の是非が争点
となり、こちらは得票数を書き換える不正選挙の明白な物証
を残した選挙でした(2020年2月3日記事に詳細があります)。

それ迄も、得票数を書き換える不正選挙はしばしば行われて
いたのかも知れませんが、自分がその明確な痕跡をつかんだ
初めての選挙が、前者の選挙、二回目が後者の選挙でした。

その両方が同日に行われたのですが、不正選挙で歪められた
政治は正されるのか、注目していました。そのうち、後者は
現職が再選されてしまいました。

不正選挙で歪められていた選挙ふたつが、同日に行われれば、
活動が分散して、同時にふたつが正されるのは難しい、とは
思っていました。実際にその通りになりました。それは仕方
のない事だと思います。ただ、残念な事がひとつありました。
国民民主党の茨城県連が得票数を書き換える不正選挙で誕生
した現職を支援した事でした。これで国民民主党は、得票数
を書き換える不正選挙を是認した事になってしまいました。

前者については、特に候補者自身、当選してからは市長自身
について、賛否両論がある様です。当選当初、ある政策課題
について、公約通り中止にしたのは、成果だったと思います。
ただし、それ以外はボロボロの様です。

果たして、あの市長の誕生は、吉だったのでしょうか。それ
とも凶だったのでしょうか。色々あり過ぎて評価がなかなか
定まらないところかと思いますが、自分は次の一点で、あの
市長を評価しているし、期待もしています。それは、社民党
との政策協定の存在です。

社民党との政策協定は、選挙に先立ち、候補予定者と社民党
との間で、2021年8月1日付で締結されました。恐らく、この
政策協定の存在はほとんどの人に知られていないのではない
かと思いますが、非常に完成度が高く、この内容を受け入れ
た首長が誕生した事は、画期的な事だと思います。

特に目を引くのは、以下の条文の存在です。

11. 市民のプライバシーと個人情報を守り、監視社会化の防止につとめる。

〈横浜市長選挙立候補予定者  山中竹春  と
 社会民主党神奈川県連合代表 福島みずほ の
 政策協定書 2021年8月1日〉

他にも、自分が社民党に対して懸念している、外国人に利益
供与する可能性について、少なくともこの政策協定にはその
様な内容が含まれていない点も、安心出来る内容です。

社民党から入手出来ると思うので、一度全文を読んでみては
いかがでしょうか。

 続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする