2023年01月31日

記事


articleR050131.atc(377,732bytes)

鍵 :(近日公開)


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月29日

特急わかさ 私案

いくつもの私案を公開しましたが、工事不要、現行の設備で
実現可能な特急電車の私案は、初めてではないかと思います。


kiji230129.atc(46,020bytes)

内容:特急わかさ 私案
注意:解説は含まれていません。
鍵 :Bpt2DsHQJHlgy1LPpxEj


 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

父親が、何故か仕事を続けている

定年退職後、再雇用先で期間延長を続け、勤務先規定で限度
となり、昨年度末は「これで最後」と言っていたのに、いつ
からか、細々とではあるものの、多分同じ仕事をしている様
だった。

父親は、相変わらず息子の言う事を認めようとしないけれど、
生きているのは何よりだ。

 
posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来を決める意思決定の力

女性は男性と比べて、力の面で劣ります。これは、どんなに
“男女平等”が言われたとしても、否定しがたい現実です。

では、女性には未来を決める意思決定の力は無いのか、周り
の男性が決める、踏襲と惰性に付き従うしか無いのか、必ず
しもそうでは無いと思います。特に、異性・同性から手本と
して注目を集める立場の人は、意思決定の力を行使する機会
は頻繁に訪れているはずです。

その様な意思決定の力を行使する機会は、往々にして、それ
と気付く事無く、日々の惰性の中で棄権となり、結果として、
周りの男性が決める、踏襲と惰性に付き従う日常に埋もれて
しまいがちだと思います。



ステルスマーケティングという手法があります。手本として
注目を集める立場の人が、企業等から広告報酬を得ておきな
がら、その事実を明かさず、自発的選択の結果であるかの様
に商材に触れ、宣伝を図るやり方の事です。

日本では、ステルスマーケティングは不誠実なやり方として、
糾弾の対象となる空気が残っている様なのではあるのですが、
日本の中小企業(美容室等)がやれば叩かれる一方、とある
大手がやれば誰も何も触れないと言う、ダブルスタンダード
がまかり通っています。

いまから、一年程前、何年も続いていたラジオの情報番組が、
改変を機に突然打ち切りになる“事件”が起きました。

テレビでは、スポンサーを明らかにする表示が比較的徹底さ
れています。それがラジオでは、スポンサーを明言する番組
がある一方で、まったく触れない番組もあります。中には冠
元がスポンサーだろうと想像出来るものもありますが、それ
すら無いものもあります。件の番組がそうでした。

件の番組では、ニュースを装って、とある大手の企業活動を
宣伝していた事があったので、「まさかね」とは思っていま
した。その「まさか」が現実になりました。

件の番組に出演していた女性タレントには、偶然かも知れま
せんが、とある大手の商材を嗜好すると公言していた背景が
ありました。すると、二時間の情報番組が丸ごと打ち切りに
なった一方、女性タレントを起用した30分の冠番組が誕生し
ました。

その30分の番組が謎だらけなのです。女性タレントには情報
番組のアシスタントを務める力はありました。それはあると
思います。しかし冠番組となると、放送作家が無理して情報
をかき集めて維持している感漂う番組になってしまいました。
しかも、スポンサー名は、どこにも一言も出て来ないけれど、
女性タレントは、放送中一回は、とある大手の商材をこする
と言う、謎に包まれた定番があるのです。



女性には、「強き者のパートナーを自称してしまえば、強き
者が擁する権力を我がものにする気分に浸れる、少なくとも
一時的には我がものと主張し、周りが騙される範囲と期間で、
周りを付き従える事が出来る様になる」選択肢がある(男性
にも無い訳ではない)ので、強き者がそこにあれば、実態を
判断せず付いて行ってしまう事も、あるのかも知れませんが、
それが本当に望む未来をもたらすのか、意思決定の力を行使
する機会を棄権せず、熟考していただくと良いのではないか、
と思います。

強き者のパートナーになる事だけを目指すのであれば、自ら
生み出す力は必ずしも不要であり、専ら消費する側であるの
みで、生み出す側に行くつもりが無いかも知れません。そう
言う者は、自らが消費する対象がどこで生み出されたかには
興味が無く、ただより大きな刺激があるか否かに関心がある
だけなのかも知れません。

一部の人が宗主と崇め奉る国の歴史をひも解くと、一貫して
土地にあったものを焼き払い、無かった事にして、好き勝手
なものに置き換える歴史であった事が分かります。

黒くて大雑把なシルエットに、他者を焼き払いながら大きく
なったあの国の歴史も、嘘をついて、他者を欺きながら生き
延びて来た悪事も、溶かされて、「大きくなれば押し潰せる」
との共通理念に向かう大きな流れがみえます。

他者を焼き払いながら大きくなったあの国のやり方の中には、
この国に生きる者が自ら生み出す力を持つ未来がありません。

この事の意味を、何度も何度も繰り返し咀嚼して、噛みしめ
ていただきたいと思います。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムカプセル


timecapsule230122.atc(2,062,660bytes)


 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

「Nシステム」よりも精密な“個人検問装置”

この国の現状を正しく知ってもらう為に、書く事にしました。

東京周辺の駅施設では、「Nシステム」よりも精密で、個人を
対象にした“個人検問装置”の設置が推し進められています。
それには、赤外線カメラを使い、不特定多数の個人の着衣を
はぎ取り、体の各部位のサイズ(少なくとも身長以外を含む)
等の情報を元に、個人を識別する機能があります。満員電車
に乗って通過する電車内でも性能を発揮し、視野角を絞れば
数km離れても識別する様です。

「Nシステム」と違うのは、法律で公道を走る自動車に掲示が
義務付けられている番号を読み取るので無く、体のサイズを
読み取るので、登録や掲示に関係無く識別してしまう点です。
また多くの場合、装置が壁や天井の向こう側、場合によって
は、数フロア離れた場所にあるので、検問されている事自体、
気付かない人が多数になるのではないかと思います。

これから先、個人の行動履歴は精密に記録され、蓄積されて
行くのでしょう。赤外線カメラの前で、不用意にしゃべった
内容、書いた内容、打ち込んだ内容は盗み出され、行動履歴
と併せてオトモダチの血肉となるのでしょう。

こういった、不正に盗み出す装置を仕掛ける者や窃盗された
情報で体面を取り繕う者と、それ以外とで、ふたつの人種に
分かれて行くのだと思います。

 
posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月18日

異物が肉体に及ぼす影響は無かった事にはならない

まもなく、急ごしらえの新型コロナウイルスワクチンを政府
方針で打ち始めてから2年が経とうとしています。本日で丁度
1年11カ月が過ぎたところです。

その間(かん)様々な疑いをみてみぬフリしながら、接種の
既成事実化が推し進められました。ときが経ち、疑いも忘却
に埋もれ、年明けからの製薬会社のCMでイメージが書き換え
られようとしています。

親世代に向けた接種が無かったら、コロナに感染し、容易に
重症化し、死んでいたかも知れない、それが死なないで済ん
でいる、少なくとも親族では誰ひとり死んでいない、それは
疑いの余地無い現実で、認めるしかない、感謝するしかない
事です。

しかし、感染しても自力で抵抗出来る可能性がある子世代が
接種しなければならないのか、良く考える必要があると思い
ます。

思い出していただきたいのが、一昨年(2021年)夏に、異物
混入騒ぎがあり、役人は黒くて不定型な異物について「異物
はステンレス片」と言う、素人でもそれと分かる嘘をついて
ごまかし、詳しく検証されず有耶無耶になった出来事があり
ました。

アベ以来、ないものをあると言いあるものをないと言い張る
デタラメがまかり通っていますが、ある公文書をないと言い
押し通し得たとしても、ある異物をないと言い押し通しても、
異物が肉体に及ぼす影響は無かった事にはならないでしょう。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

新規鉄道会社 私案

本日公開を予定していた内容がありましたが、不安が大きく
公開出来る状態ではないと判断しました。公開中止とし、無
期限延期となります。



秘密警察がいまも激しく活動している。どうせ何を言っても
半信半疑なんだろう。手足目口が拘束されている。目にみえ
ないから信じてもらえない。拘束具を仕掛けて回る秘密警察
の動きを目撃しているはずの立場の人間が、みてみぬフリで
沈黙をするから、黙るしかない。



仕切り直しまして、公開する事にしました。前半部が当初の
内容で、後半部を追加しました。前半部は先行きが不透明で、
頓挫の可能性さえありました。

article230115.atc(164,708bytes)

鍵 :0WCtEYt219+K/XDi9IyF


 
posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月13日

特急たごくら 私案

思いがけず出来てしまったものです。ただ、いま出すと賛否
ありそうです。とりあえず出してみる事にしました。


kiji230113.atc(44,964bytes)

内容:特急たごくら 私案
注意:解説は含まれていません。
鍵 :SLlhcPIj+qYUC3gTPztC


 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月12日

“火事場泥棒”の系譜

年始に視聴をおすすめした番組「帝銀事件」と「混迷の世紀」
をつなぐ「“火事場泥棒”の系譜」について述べようと思い
ます。起点は「巣鴨プリズン」、終点は「日米ソロモン諸島
合同軍事演習」、底流にある思想は「反共の砦」です。



「反共の砦」と言う思想で、あらゆる“火事場泥棒”が正当
化されました。“火事場泥棒”の申し子・安倍晋三が数多の
“火事場泥棒”を繰り返して、盗み出したものを集大成した
ものが「クアッド(日米豪印)」と言う名の軍事同盟構想で
した。アベ死後には「クアッド」をアベの功績として称える
キャンペーンがたちあがっていたので、その界隈では拠り所
なのでしょう。

「クアッド」は、共産主義を掲げる中国の野心を封じ込める
対抗軸として打ち出された軍事同盟構想でした。「日米ソロ
モン諸島合同軍事演習」は、足並み揃わず支持も広がらない
「クアッド」を、無理矢理取り繕うとする日米の惨状でした。



戦争犯罪者として「巣鴨プリズン」に収容されてた岸信介が
釈放され公職に返り咲いたのは、「反共の砦」を築くうえで
役に立つと判断されたからでした。

岸信介の孫、安倍晋三は、犯罪的行為を行う組織と協力しな
がら権力に居座り国民に対する背信的行為を繰り返しました。

安倍晋三と協力関係にあった組織は、主な手段が殺人ではな
かったものの、日本国民に対する経済的な虐殺を行いながら、
ギブアンドテイクで、無罪放免であり続けました。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父親は「戦場へ行け」と責めたてる

戦争を経験した人は、立場による濃淡はあれ、「命を大切に
しろ」と言う。しかし、父親と母親は違う。

「命を大切に」を「死なない」と言い換えると「肉体が死な
ない」事だけで大切にしたと言えるのか、と言う問題がある。

肉体が死ななくとも、人道に反する犠牲を生む役割を背負わ
される可能性がある。肉体が死ななくとも何かが死んでいる。

父親は「戦場へ行け」と責めたてる。自ら戦時統制に加わり
息子にも加わる様促す。母親は「限られた枠内でも、戦費を
買い支えたい」と言い出す。

どこを向いても、戦争一色だ。しかも、かつての戦争と違う
彩色だから、戦争と気付いている人が少ない。

 
posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月11日

私案


myplan230111.atc(1,028bytes)


 
posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月06日

世田谷一家殺害事件の動機について

おそらく、毎年決まった時期に放映されているの
でしょうけど、正月に世田谷一家殺害事件を振り
返る特集が放映されていたのをテレビでみました。

当時、大学一年生で、大学生活に忙しく、事件の
ニュースが流れていたはずですが、ほとんど触れ
る事無く、スルーしていました。現場近くに住ん
でいた知り合いから、警察が聞き込みに来た事を
耳に入れた事が、自分にとっての第一印象でした。

自分は、犯人につながる具体的な情報は何ひとつ
持ち合わせてはいないのですが、テレビの特集に
触れ、犯人の動機についてはゼロから想像を巡ら
せる事が出来ると思い、記事を書く事にしました。

以下、まったくの想像で御座います。テレビで得
られる範囲の情報に対しては整合性があると思い
ますが、膨らませた部分についての裏取りはあり
ません。



3つの切り口から動機に迫ろうと思います。

ひとつは、情報窃盗又は情報隠滅の秘密工作です。

犯人は、通常の強盗殺人では考えられない程長い
時間犯行現場に滞在して、家中を物色した形跡が
あったと報じられています。

特異なのは、侵入場所とみられる浴室の、浴槽に
張られた水の中に、被害者夫の仕事に関する書類
や被害者妻の仕事に関する書類を切り刻んだ状態
で投入していたと、報じられていた点です。

その報道から容易に想像がつくのは、被害者夫か
被害者妻が、仕事を通して又は仕事以外の活動を
通して知り得た情報を、一家を殺害して迄欲した
可能性です。もしくは、被害者もろとも隠滅して
しまう事を狙った可能性が考えられます。

ただし、これが動機だとすると、他にもみられる
特異な点についての説明が付きません。秘密工作
だとするならば、あまりにも多くの証拠品を残し
て現場を立ち去る行為は、リスクが大きすぎます。
決定的な反証は、証拠品の中に犯人自身の血液や
指紋が含まれていた、と言う点でしょう。



ふたつは、未解決事件を創りたかった可能性です。

これは、黙っていましたがずっと有力だと思って
いた仮説でした。警察にとって未解決事件は利権
の源泉となるものです。未解決事件があればそれ
を口実に、監視強化を含む捜査権限の強化に支持
を集める事が可能となるからです。

しかしながら、これを言うには根拠となる情報が
足りなかった為、触れる事を控えていました。不
用意に触れて、警察の権限強化に油を注ぐ結果に
なれば、取り返しのつかない事になりかねません。

ただし、これが動機だとすると、捜査に参加して
いた警察署長が、引退後に遺族の側についた事の
説明が付きません。もし警察の捜査に対する不正
な圧力があったとして、すべての経緯を知るはず
の立場にある人間が、遺族を前にして隠蔽を貫き
通す事が出来るのか、そこ迄の悪意が常人に為し
得るのか、疑問が残ります。



3つは、何故、20世紀最後と言う時期を選んで事件
は起きたのか、と言う最大の謎に答える動機です。
また、何故、多くの証拠品を残して現場を立ち去
る行動を選択したのか、と言う謎に答える動機で
もあります。この着想は、年末年始に放映された
テレビ番組をみて生まれて来たものです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月04日

ブログ読者に是非みておいて欲しい番組

当ブログ読者に、是非みておいて欲しい番組があります。

1月1日21時からNHKで放送されていたNHKスペシャルです。

「混迷の世紀 2023巻頭言」と言う番組です。

NHKの受信料を支払っている人であれば、視聴する手段は
あると思います。また、いつか再放送するかも知れません。
録画して、何度もみれる様にする事をおすすめします。



以下、各人のモチベーションと投資可能時間に合わせて、
段階を踏んで挑戦出来る視聴方法について記述します。

【レベル1】「2023巻頭言」を取り敢えず一回視聴する

【レベル2】2022年に放送されていた「混迷の世紀」を入手して通しでみる

「通しでみる」とは、一本を最初から最後まで、み通すと言う事です。
途中で眠ってしまった場合は、繰り返しみて下さい。おすすめは、
新しいものから順番に(5→4→3→2…)みるやり方です。時系列
順に(0→1→2→3…)みるやり方だと、途中で眠くなって挫折する
可能性があると思います。課金するか、融通し合う場合は違法に
ならない範囲でお願いします。

【レベル3】レベル2を新しいもの又は興味のあるものを中心に繰り返しみる

最低二回、出来れば三回繰り返しみると、理解が深まります。
レベル2の途中でレベル3に移行しても構いません。

【レベル4】レベル2をすべて繰り返しみる

【レベル5】「2023巻頭言」を通しでみる

レベル4を飛ばしてレベル5に移行しても構いません。

【レベル6】「2023巻頭言」を繰り返しみる

紹介した番組は、いつか再放送するかも知れません。再放送の情報がもし
あったら、逃さずに録画して、何度もみれる様にする事をおすすめします。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

「竜とそばかすの姫」解釈記事

映画の解釈記事を書こうと思います。

「竜とそばかすの姫」という映画をみる機会があり、
「この映画から何を読み取れば良いのか」が非常に
分かりにくい映画だと思ったので、自分なりの答え
を述べようと思った次第でございます。

扱うテーマは、近未来であり得そうな方向性なのですが、
映画に登場する様なデバイスは、近未来に実現する兆しはなく、
将来においても実現するとはとても思えないので、あくまで
空想の世界であり続けるとは思うのですが、では、現実世界
をこする空想世界から何が読み取れるか、と言う話になって
来るのではないかと思います。



以下は、ネタバレを含む内容ですので、
まだみていない方はご注意ください。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月02日

正月是非みて欲しい番組

少し早いですが、少しでも早く知らせた方が
良いと思いまして、公開とさせていただきます。

この正月に是非みておいて欲しい番組があります。
誰向け、と言う情報ではなく、日本で生活している人、誰でもです。
日本で生活している限り、国内で受け取る情報に影響を受けるので、
日本で生活している人であれば、誰でも関係あります。

NHK総合で2022年12月29日と30日の21時から放送されていた
NHKスペシャルです。NHK受信料を支払っている人であれば、
いまからでも視聴する方法はあると思います。

番組名は「未解決事件・松本清張と帝銀事件 74年目の“真相”」です。

自分にとっては「松本清張」も「帝銀事件」も初めての情報でした。
松本清張は、名前だけ聞いた事あったけれども、帝銀事件については、
事件の存在自体、初めて知りました。

理解できなかった、途中で眠ってしまった、と言う人は、
通しでみれる様になる迄、何度もみて下さい。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする