2021年07月23日

社会に必要な労働を外国人に任せれば国は消滅する

“中抜き”の祭典が幕を開けようとしています。コロナ禍の
中で開催を強行する意義と言えば、前政権、現政権を通して
築き上げた“中抜き”の仕組みを維持・存続する事しか残さ
れていないからです。権力に巣食い、法律を書き換えさせて
迄財を成した“中抜き”のトップランナーが、祭典の中止を
訴える政府関係者に「越権だ」とわめいた事が、先日話題に
なりました。最近も、コロナの給付金で“中抜き”に参加し、
信じられない様な増益になったとの報道も流れました。

“中抜き”の祭典は奇しくも“中抜き”のトップランナーに
よってもたらされた厄災を、目に見える形でつきつけました。
隠蔽され、抑圧され、黙殺されてきた問題が取り沙汰されて、
議論が先鋭化する可能性があります。

ここで考えて欲しい事があります。どの道、議論が巻き起こ
れば考えざるを得なくなるのではないかと思いますが、その
方向性がとても大事です。世の中の主流を占める論客はある
結論に向かって、その結論が導かれる様に材料を提供する事
になるでしょう。果たして、その結論は正しいのでしょうか。

良く考えて欲しいのです。自らの故郷として誰からも侵され
ない国土を持ち合わせている民族は、世界を見回してみれば、
稀です。本当に稀です。誰からも侵されない国土を持ち合わ
せている民族は、少数派なのです。そうではない民族の方が
圧倒的に多いのです。

だからでしょうか、誰からも侵されない事を否定し、世界の
多数派に合わせる事が良い事だ、とする言説を唱える人間は、
とても多くいます。日本も例外ではなく、むしろ主流として
重用される流れがずっと続いています。

抽象的な話が長くなりましたが、具体論に切り込みましょう。

社会に必要な労働を外国人に任せて良いのかと言う問題です。

社会に必要だけど日本人がやりたがらない労働がある様です。
じゃあと言う事で、外国人を連れてきてやってもらおう、と
言う風潮があります。

本当にそれで良いのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。