2021年08月01日

日本共産党の志位和夫氏はどこから出馬するのか

秋までに行われる衆議院議員選挙で、個人的に注目している
事のひとつに「日本共産党の志位和夫氏はどこから出馬する
のか」という論点があります。

「そんなの前回と同じだろう」と言う声が大半かと思います。
ところで志位和夫氏はどの様に当選しているかご存知ですか。

志位和夫氏は比例区南関東選出です。小選挙区との重複では
無く、比例単独立候補で当選となりました。現在の選挙制度
では問題無く認められている選出方法です。

ただ、その選出方法には、倫理的な問題がある様に思えます。
志位和夫氏は比例単独立候補で、比例名簿に単独一位で登録
されているからです。

衆議院選挙の比例区では、各政党は候補者に当選順位を設定
します。順位が高い人から当選していく、と言う仕組みです。
このとき、小選挙区との重複立候補の候補者には、同じ順位
を設定する事が出来る様になっています。同じ順位の候補者
は、小選挙区の得票状況に応じて当選者が決まる仕組みです。

各政党は、原則、比例区には小選挙区との重複立候補で同じ
順位で登録し、小選挙区の得票状況に応じて当選者が決まる
仕組みに任せる運用を行っています。ただ、特定の候補者を
優先的に当選させるやり方を採用する自由も残されています。

与党を中心に、この制度上の自由を活用して当選者を出して
いる様ですが、政党の指導者層を、このやり方で当選させて
いるのは、日本共産党が唯一です。

先日、国民民主党が「日本共産党は全体主義だ」との発言を
し、日本共産党が抗議すると言う出来事がありました。本当
に全体主義ではないと主張するのであるならば、疑われる様
な事は、控える様、転換するのが良いのではないでしょうか。

 
posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。