2022年08月20日

監視カメラを許さない政治勢力

昨年、今年と行われた二回の国政選挙を経て、自分について
来てくれている人は、最後迄自分について来てくれるだろう
か、と思う事があります。

自分が選んだ十人の奥さんが結集し、生活が始まる日は来る
のだろうか、と思ったりもします。

自分と十人の奥さんが結集したら、「監視カメラを許さない
政治勢力」が登場するはずです。盗撮・盗聴を感知する事が
出来る人間が生まれて来るからです。

 

「知識基盤社会」と言ったときに、監視カメラに生活のあら
ゆる場面が凌辱され、それでいて、目立った批判が起きない
社会は、偽りの社会と言えます。

あなたがアイデアを思いついた、その瞬間に、あなたがみて
いたもの、聞いていたもの、しゃべった言葉、書いた筆跡が
盗み出され、力の強い者の血肉になるだけだからです。

「カメラに映っても、何か減るわけではない」との間違った
考えで増え続けるカメラを黙認すれば、取り返しのつかない
事になります。

 
posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック