2022年08月08日

この夏、ちょっと賢くなる為におすすめの本

いまからちょうど十年前に出版された本です。当時は、民主
党政権最後の首相でした。その年の最後に、民主党が大敗し、
第二次安倍政権※が誕生しました。

そのとき何が言われていたか。アベの時代が去ったいま、十
年の間に起きた事を踏まえて読み返すと、色々みえて来る事
があるのではないかと思います。


戦後史の正体 1945-2012 孫崎享 著 創元社


著者はいま現役で日刊紙の週一コラムを書いているので、ご
存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。

発行日は8月10日で、自分が持っているのは10月発行の刷です。
記憶は残っていませんが、かなり流行っていたはずです。

「高校生でも読める」戦後史の本、と銘打った本です。自分
が高校生くらいの人に現代史の本をすすめるとしたら、この
本を選びます。教科書にしても良いと思います。

※第一次安倍政権への評価はP368に一行だけ言及があります。
 この一行読み落とすと真逆の評価を誘導する可能性が高い。



「いまは暑いし忙しい」と言う人は、入手しておいて、秋に
ゆっくり読む、でも良いかも知れません。

 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック