2022年08月14日

自分から逃げて逃げ込む先

自分が嫌いって言う人いますね。一方、自分が好きって言う
人もいます。どちらも、色々複雑になっていて、言葉だけを
捉えて一概にどうとは言えないのですけど。

自分が嫌いな人は、常に目の前の現実から逃げようとします。
現実逃避ってやつですね。まあ仕方ないと思うのですけど。

その逃げ込む先がですね、問題なんですけど「自分が好き派」
と「自分が嫌い派」がいてですね、後者の存在に頭を抱えて
いるんですね。

自分から逃げて逃げ込む先なんて、自分以外は全部一緒、と
言うのが普通だと思うんですけど、たまたまなのか、「ある
一線」を超えない範囲で逃げ込む先を選ぶ人も中にはいます。

「自分」を「個人」で捉えれば、逃げ出したくなる事もある
かも知れませんが、「自分」を「日本人」で捉えれば、少し
調べるだけで客観的に分かる事はたくさんあり、滅亡を防ぐ
知恵が働いてもいいんじゃないか、と思います。

自分から逃げて逃げ込む先を分類しました。

  1. 日本の文化的産物
  2. 日本以外の文化的産物
  3. 日本の文化的産物を破壊し
    日本以外の文化的産物に置き換えようとするもの


「自分が好き派」は1に逃げ込みます。
「自分が嫌い派」は2に逃げ込みます。

ここで言う「自分」とは「日本人」の事です。

1と2の掛け持ちはあると思いますが、「自分が好き派」が2を
好む様になって気持ちが大きくなる事はあっても、「自分が
嫌い派」が「自分が嫌い派」である限り、1を好む様になる事
はありません。

3に該当するのは、主に日本以外の文化的産物です。非常に稀
な事例かと思いますが、日本の文化的産物でありながら、3に
該当するものもあります。

3に逃げ込む人は、「自分が嫌い派」です。3と1の掛け持ちは
長続きしません。自分の中の矛盾に耐えかねて、どちらかを
捨てる事になるはずです。

 
posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック