2023年09月07日

人新世の文明論

終戦直後と現代では、正義の方向性が180度変わってしまった。

かつて、人を殺してはいけない、と言う正義が普遍的な合意
内容で誰も疑わなかった。それが現代では、虐殺や大量殺戮
を行う政体が、その実態が明らかになっても倒れない倒錯が
起きている。虐殺や大量殺戮が明らかになっても、実行する
政体にむしろ同情を抱き、支持し続ける一定の岩盤支持層が
残り、虐殺や大量殺戮を実行し続ける事態が起きている。

人間は変わってしまったのか。いや、恐らく標準的な人体の
機能はあまり変わっていない。人類が置かれている環境自体
が変わってしまったため、一部人間の精神状態が影響を受け
たと考えるのが正しいのだろう。

人新世と言う言葉がある。みた目や響きは知的で高等な印象
があるが、その実態は逆である。人間が増え過ぎて地球環境
に様々な悪影響を及ぼす様になった時代を示す言葉だ。知的
で高等な存在であるはずの人間が、動物や植物、バクテリア
等の微生物と同等の扱いに押し戻される時代でもある。



世界のどこかに「増え過ぎた人口を10分の1程度の人数にする」
と言う趣旨の目標が書かれた石碑が存在すると言う話があり
ます。「人口削減計画」なるものが存在し計画に沿って虐殺
や大量殺戮が行われているとする説が方々で語られています。

人類を苦しめるウイルスは、計画を実施する者によって人工
的につくられてバラ撒かれたんだ、とする説もあります。

個人的な見解ですが、HIVやCOVID-19は、地球がつくりだした
ウイルスだと思います。人工的につくられたか否かは本質的
な問題ではありません。地球に対して増え過ぎた人類の人数
を抑制する、自然の働きだと言う事です。

では、地球の環境収容力に対する人類の人口の適正規模とは
どの程度の数値となるのでしょうか。存在するとされる石碑
にある通り、10分の1程度しか無く、虐殺や大量殺戮であるか
否かにかかわり無く、人口が減少する事態が起こり続けるの
は避けられないのでしょうか。それとも、何かしらの進歩に
よって、環境収容力が向上し、人口維持が可能となり、更に
人口を増やしていける未来が待っているのでしょうか。



 

この国において、ガス室は小さな限られた部屋の出来事では
ない。社会全体が大きなガス室であり、毒物ウイルスが広く
散布されている。誰がいつ毒物ウイルスに遭遇してもおかし
くない状況になっている。



本日未明、カッターの様なもので足に傷を付け、毒物を注入
される被害を受けた。恐らくサソリか何かの生物由来の毒で
複雑に入り組んだ分子構造をしており、5時間以上体内に残り
続けた。左足足首上部に5センチ程度の傷が残っており、肉体
に跡が残る直接の危害を受けた初の事件だった。



今朝、当ブログで紹介した事もあるラジオ番組のコメンテー
ターが、一部分野で先週迄とは真逆の方向のコメントをして
いた。一部分野で批判を完全封印し、迎合する言葉を吐いて
いた。一部分野以外では批判が生き残っていたので同一人物
の痕跡はあった。



さっきから未知の毒物を盛られ続けている。左足中指の先に
塗り付けられてた。二時間後、右足中指の先に塗り付けられ
てた。と思ったら、足の甲や膝にいくつものスポットが付い
ていた。起きていて意識があるのにお構いなしだ。青酸同様、
皮膚から浸透するが、青酸より浸透速度が遅い。重曹かける
と失活する。最初、1要素分解する。その後、しばらくすると、
10要素と8要素分解する。



「地球の環境収容力に対する人類の人口の適正規模」に見解
を持つ事は、エアコンのフィルターに毒物ウイルスを吹き付
けて、空気中に散布する行為の正当性や、ペットボトル飲料
や総菜に毒物ウイルスを混入して、国民に食べさせる行為の
正当性を判断する上で役立つ。



先述のラジオ番組のコメンテーターは、当ブログで紹介した
週の放送で、木原事件について「刑事上のシロと政治に求め
られるシロはまったく違う」と言う趣旨の明快なコメントを
発していたのに、木原を名指しして援護する姿勢に転換して
しまった。最近数日の出来事をみていると、独裁政権の中心
核は、どうやら木原周辺にあるらしい。アベの時代からそう
だったのか。根拠のない予想だけど、木原と木原妻の共同で
利権を温める何かしらの法人を保有しているんじゃないのか。
そのどちらかでも糾弾の対象になれば利権は吹き飛ぶんだろ。



人類の恥を集めたガチチップのどれを試しても、死なないし
健康を害する事が無い状況を踏まえ編み出されたのが、ガチ
チップ4の中身を空気中に浮遊させるやり方。チップの状態で
浮遊させても、空気清浄機(掃除機と同じ仕組み)があると
フィルターに回収されてしまう。そこで空気の通り道に吹き
付けたガチチップが浮遊した瞬間に失活させると、液体?粒子
として、空気中に浮遊させた状態がつくれる。ガチチップ4の
中身が喉や肺等に吸着すると、ダメージを与える事が出来る。



ガチチップ4にアルコールを近付けると、チップが失活し中身
があらわになる。更にアルコールに触れさせ続けると、分解
して一酸化炭素が発生する。

ガチチップ4に重曹を近付けると、チップが失活し中身があら
わになる。更に重曹に触れさせ続けると、完全分解する様だ。



ある日から、自宅近くの総菜売り場に並んでいる弁当に毒物
が混入する様になった。最初に当たった毒物は、ガチチップ4
だった。その後、レジ打ちの従業員の中にチップを身に付け
て勤務していた者がいた事が分かった。少なくとも酒を同時
に摂取すると一酸化炭素が発生するはずで、死者も出ている
のではないかと思っているのだが、逮捕も解雇もされる様子
が無い。その後も、総菜担当従業員含め3人以上チップを付け
て勤務していた者がいた事が分かった。

CGCのパック飲料にガチチップ4が混入する様になった。他に
RNAウイルス5亜種ブレンドのチップも登場。2種類の味に2種
類のガチチップがそれぞれ混入されている。自宅近くで売ら
れているCGCスポーツドリンク(KIRIN製造)にガチチップ4が
混入されている。KIRINに限らず、小田急駅内の自販機で購入
出来るペットボトル飲料に、ガチチップ4またはRNAウイルス
チップが混入されていた。

ファミリーマートで販売されている弁当等やサンドイッチ等
の一部にガチチップ4が混入されていた。パック飲料飲み口に
チップが塗り付けられた状態で販売されていた。購入後毎回
アルコールで失活させている。いまのところほぼ抜けが無い。



スマートホンを使った盗撮には2種類の手段がある様だ。通常
のアプリを使った方法。どう言う誘い方でのせられているの
かは知らないが、自らインストールし、自らの操作で入切が
可能な様だ。指示に従った場所に行き、カメラを指示された
対象に向ける様に言われる様だ。場合によってはイヤホンを
して指示を受けながら動く者もいる。もうひとつは、バック
ドアにアクセスする方法。アイフォン・アンドロイドともに
バックドアが整備されている。GPSの位置情報を元に、盗撮し
たい場所の近くにあるスマートホンを割り出し、回線を開く。
カメラとマイクを起動して盗撮・盗聴を開始する。常時接続
ではない。恐らく、利用者の回線容量に寄生する形の仕組み
である為、常時接続だと回線容量を消費し過ぎてバレる、と
思っているのではないか。

2023.9.14 更新

洗おうと流しの底に広げたタオルの上にありがいた。流され
るか潰されるかだけだと思い流しの外に出してやった。そう
したら苦しそうにして動きが鈍くなり動かなくなった。自分
には何も起きないから気付かなかったが、いまやガチチップ
1を建物の色々なところに塗り付ける様になったらしい。エレ
ベーターの点検にやって来た作業員がガチチップ1を身に付け
ていて、エレベーターの表裏に複数のスポットがつていた。

2023.9.21 更新

現外務大臣が、オウム真理教の死刑囚の死刑を執行し、未来
世代の視点から事件の背景を探る道が閉ざされ、完全に闇に
葬られてしまった。産経新聞の記者が明かしたところによる
と「阪神大震災は地震兵器によって起きた」との主張をして
いた様だ(2019/2/26に詳細記事)。

京都アニメーションの公判が行われている。被害者の人数が
桁外れに多いので、極刑は避けられない様に思える。被告は
「京都アニメーションがアイデアをパクった」との主張をし
ている様だが、問答無用で妄想と断定し闇に葬り去る流れが
ある様だ。暴力に訴えたやり方には異論があるが、その動機
となった「盗用」について、主張の具体的内容および客観的
な事実確認の内容に、強い関心を持って動向を注視している。

週刊文春が報じたところによると、組閣前夜に木原氏がある
企業幹部と会食をしていたそうだ。企業名は、JR東日本西武
東急東武の各鉄道会社だそうだ。目的について、西武につい
ては氏の選挙区の票田になっているそうで、選挙協力を依頼
したとの解説だったが、他の3社は何故呼ばれたのか。



スマートホンを使った盗撮には2種類の手段がある、と言った
が、当記事で告発後間もなく、バックドアによる盗撮・盗聴
は封じられた様だ。現在、通常のアプリを使った方法だけが
残っている。つまり、盗撮・盗聴が働いているスマートホン
を持っている者は、何かしらの誘いに応じ、承諾してアプリ
を入れ、自らの操作で起動している事になる。駅のベンチに
座って休憩していると、工作員(=盗撮・盗聴が働いている
スマートホンを持っている者)が、スマートホンのカメラを
向けて通過していくのだが、ひとりやふたりではない。何人
もの一般利用者風の人が誘いに応じて工作員になり、カメラ
を向けて盗撮して来る。先日、ひとつの場所で連続して工作
員がやって来て、流れが途切れる迄に20〜30人に盗撮された。

仕事の持ち場のひとつに、敷地外縁と公道の、主に枯葉集め
の作業がある。実際目撃している事だが、拉致チップを付け
た通行人が、ポケット等から枯葉等を取り出して作業が終了
した場所等にポロっと落として去って行く。目の前に作業者
がいても関係無い。直前にきれいにした場所に新しいものが
落ちているので、それと分かる事もあるが、新しいものには
チップが塗り付けられているので、特に自分にとっては正確
に弁別する事が可能である。初期は拉致チップだったがガチ
チップが塗り付けられている事も多い。街路樹は落葉樹だが、
夏は葉が青々と茂り、稀にしか落葉しない。にもかかわらず、
自分の持ち場と周りだけ、落葉の季節を思わせる枯葉が常に
補充されている。毎日作業しているはずなのに、何故か変色
した枯葉が補充されている。勤務の行き帰りに持ち場の枯葉
量を確認しているが、何故か昼前後の一時間から数時間の間
に、一日に増える量の枯葉が集中して増えている。

 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック