2021年09月20日

「酸化グラフェン」が仕事を済ませた後の行く末

新しい技術である「mRNAワクチン」には、「酸化グラフェン」
が含まれているとの報告が多くあがってきています。複数の
科学者が、「mRNAワクチン」を直接分析し、含まれている事
を確認しています。ある科学者は、各社「mRNAワクチン」に
含まれている「酸化グラフェン」が、ある中国の会社が供給
する製品に含まれているものである事を突き止めました。

もはや、「酸化グラフェン」が含まれている事に疑いの余地
は無いでしょう。気になるのは「酸化グラフェン」が仕事を
済ませた後の行く末についてです。mRNAを体内の適切な場所
に届けた後、「酸化グラフェン」はどうなるのでしょうか。

特許文書の中には「PEG化脂質ナノ粒子」と言う、ワクチンに
とって重要な成分の記載がある様です。ある化学分野の業界
誌で医師が語ったところによると、ワクチンは、「コレステ
ロール」「リン脂質」「イオン化可能脂質」「PEG化脂質ナノ
粒子」の四つの主要脂質で構成されており、これらの脂質で
mRNAを包み込む事で、輸送中や体内に入った後の一定の時間、
分解されず存在できる、「人工的な生物圏」をつくっている
様です。特許文書や業界誌においては、これ以上に具体的な
物質名の記載は無い様ですが、この「PEG化脂質ナノ粒子」は、
ある中国の会社が「covid19のワクチン用添加剤」として供給
する「酸化グラフェン」化合物である様です。

「酸化グラフェン」化合物を供給する中国の会社の説明では、
化合物は、「コアシェル構造になっていてポリエチレングリ
コール(PEG)の高分子誘導体のエネルギーを貯蔵して、メカ
的なパフォーマンスと融合するための機能」だと言う事です。

「コアシェル構造」を日本語に訳せば、「核と殻の構造」と
なり、核の部分が「酸化グラフェン」で、殻の部分が「ポリ
エチレングリコールの高分子誘導体」になるのではないかと
思います。「メカ的なパフォーマンス」について、ここでは、
四つの主要脂質とmRNAが、輸送中や体内に入った後の一定の
時間、離散せずに一体で運ばれる様にする働きの事を言って
いるのではないかと思います。

気になるのは「酸化グラフェン」化合物が仕事を済ませた後
の行く末についてです。mRNAを体内の適切な場所に届ける迄
の時間、「酸化グラフェン」化合物は四つの主要脂質とmRNA
が離散せずに一体となる働きをするのでしょう。問題なのは
その役割が終わった後、どうなるかについてです。

四つの主要脂質のうち、「コレステロール」「リン脂質」は、
人体に存在している物質であり、時間が経てば共に溶出して
無くなるのではないかと思います。「イオン化可能脂質」に
ついても、脂質のひとつとして人体で分解されるのでしょう。
では「酸化グラフェン」が含まれる「PEG化脂質ナノ粒子」は、
どうなるのでしょうか。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

専業主婦って最後まで幸せな人生を全う出来るのだろうか

専業主婦って、最後まで幸せな人生を全う出来るのだろうか、
と思います。詳しく書く事はしませんが自分の母親と祖母は、
二代続けて専業主婦でした。

専業主婦は、自分は経験した事無いし、これから先同じ境遇
に立たされる事も無いのだろうとは思うのですが、専業主婦
にも、失業する日が来ると言う事、これは見過ごされがちだ
と思うのですが、いつかやって来る現実だと言う事を考えて
おかなければならないのではないかと思います。

失業の理由は様々です。専業主婦が抱える関係性の中に欠落
が生じる事によって失業する場合もあれば、身体に不具合が
生じる事によって失業する場合もあるでしょう。

失業した後の行く末は悲惨です。専業主婦にはそうではない
事の必要性に乏しい事から、受け取る情報に偏りがあります。
専業主婦になる前に社会との接点を多く経験し、専業主婦に
なった後も積極的な情報収集に努める事を習慣化していた人
は別ですが、そうではない人の場合、情報に偏りを突く悪意
がある誘いや、フェイクニュースがもたらされれば、簡単に
騙されてしまいます。しかも、社会との接点が少なかったり
狭かったりすれば、事実に辿りつく可能性は低く、絶望的な
までの長期にわたって嘘デタラメの虜にされてしまうのです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

“韓国・韓国人に対して持っている考えやイメージ”

この情報を知りたがっている人が、世の中にどのくらいいる
のかまったく未知数なのですが、少しはいるのではないかと
思う事があったので書いてみる事にしました。

自分自身は韓国・韓国人に対してどういう考えやイメージを
持っているのか、と言う事についてです。韓国と言えば自分
に色々な事を教えてくれた人物の祖国であり、その事実から
見れば、関心がある、と言う人はいるのかも知れません。

思えば、自分自身が韓国・韓国人に対して何かしらの考えを
表明する文章を書いた事はほとんど無かった、記事を書いた
事は一度も無かったのではないかと思います。まさにそれが
答えで、「何も無い」と言うのが正直なところです。

特別に韓国が好きと言う事はありません。好きも嫌いも無い、
「何も無い」、それが韓国・韓国人に対して持っている考え
やイメージ(実際は持っていない)の内容です。

世の中には、韓国嫌いでわざわざ韓国人がいる場所に行って
ヘイトスピーチをする人がいたり、日刊紙、週刊誌、月刊誌
等の言論空間で執拗な嫌韓論を展開する言論人がいたりする
様ですが、自分にとっては、まったく共感出来ない世界です。

ただ、韓国籍を持ちながら、日本人とほぼ同じ見た目で日本
人風の名前を名乗る者が、どうやらいるらしい事には常日頃
警戒心を持っています。しかし、これは、日本人を選好する
個人的嗜好から来るものであって、韓国人である事は、理由
ではありません。また、自分と深いかかわりを持たない者で、
長い歴史的経緯から、外国籍を持ちながら、日本国土で生活
する者がいる現実を、妨げる迄のもの、でもありません。

唯一、思い当たるのは、どうやら韓国人の中には「日本」に
対してマウントをとりたがる人がいる様です。例えば「日本
は韓国の一部だ」とか「日本の○○(コンテンツ)は韓国が
生んだ」とか、自分勝手な思い込みで日本の領域を侵犯する
事がしばしばあります。この様な試みに対しては毅然とした
態度で臨む事があります。それが唯一でしょうか。

 
posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

何も無かった顔をして商売を始めるのでしょうか

先日、アフガニスタンに駐留していた米軍が完全に撤退した
と言う、歴史的な転換の節目となる出来事がありました。

思えば2001年9月11日、NYの高層ビルへ旅客機が衝突する姿を
NHKの生中継を通して目の当たりにしました。後になってから
わかった事でしたが、高層ビルで勤務していた日本人を含む
多くの人が犠牲になった中、この日ユダヤ人だけがそろって
休暇を取っていた事実があった様です。もちろん、そんな事
省みられる事は無く、テロとの戦いに火がつきました。

2001年10月7日、米国はアフガニスタンに、先制攻撃を仕掛け
ました。国際社会は黙認で賛成しました。日本も含めてです。

ときは流れ、最初の出来事から二十年の節目を目の前にして、
完全撤退の節目を迎えました。いま、アフガニスタンは見た
目では変わろうとしているかのように見える動きがあります。

もしかしたら、現地の人々の努力によってアフガニスタンは、
今後良くなっていくのかも知れません。それは楽観的過ぎる
希望的観測かも知れませんが、有り得ない事では無い未知の
世界の話です。

歴史を振り返れば、戦争で国土がめちゃめちゃになったベト
ナムは、戦争終結後、そこそこの発展を遂げました。アフガ
ニスタンもベトナムと同様の道を辿る可能性は十分有り得る
事です。そのとき、何かしら儲けの機会があるのではないか。
米国を含め、各国が考えている事ではないでしょうか。

ここから先は、アフガニスタンで政権を担う者たちの判断に
なるので確定的な事は言えないのですけど、アフガニスタン
に先制攻撃を行い、国土をめちゃめちゃにした米国は、何も
無かった顔をしてアフガニスタンを訪れ、これからは経済だ
と言って、アフガニスタンで商売を始めるのでしょうか。

民間交流の実績から比較的信頼のある日本にしても同じです。
日本の国政において米国の戦争に加担し続けた政治家、その
政治家を支え続けた経営者が、何も無かった顔をしてアフガ
ニスタンを訪れ、商売を始めるのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

いまあなたが生きている国の実態

これ迄何度も書こうと思い立ち、その度に書くのを断念して、
その結果、まったく触れて来なかった内容があります。一度
も記事にして来なかった内容だと思います。

今回、初めてその事について書いてみようと思います。

タクシーやバス、鉄道駅施設に仕掛けられたAI顔認識カメラ
による監視網の存在は繰り返し指摘してきました。ところが、
ほとんどの人は監視されている事に気付かない上に、為政者
の嘘デタラメの説明を丸呑みにして安心し、為政者の掛け声
に合わせて、自ら進んで監視の枠組みに組み込まれて踊る人
迄いる始末です。監視網の存在について、確信を伴って理解
してくれる論客は皆無に等しく、「懸念がある」との警告を
発信する者がちらほら見受けられる程度でしかありません。

「監視されずに生きる自由」について語っても、理解出来る
者は絶滅危惧種で、「監視されずに生きる自由」が冒される
事に対する意識も感覚も漂白された人のうねりを前に、ただ
絶望に打ちひしがれるしかありません。

その様な状況がある中で、現在進行形で実行されている監視
であり、具体的に差し迫った危機であるにもかかわらず、AI
顔認識カメラ以上に、監視機器が目に付きにくい場所にあり、
監視を認識して確認出来ない人が多数を占める可能性の高い
監視の実態について書いたとしても、一体誰が聞いてくれる
のでしょうか。

皆さん、自宅の電気使用量を計測する機器が、通信機能付き
の新しいものに交換された事を覚えていますか。数年前から
順次交換が進み、順番が回ってきた際には、ポストに交換の
旨を知らせる紙が投函されるのみで、ほぼ選択の余地は無く
有無を言わさず交換されてしまったのではないかと思います。

為政者の説明によると、30分に一度、通信して電力使用量を
送信する仕組みだと言う事になっています。だから、「生活
の詳しい実態は分かりません、安心して下さい」と、直接は
言っていませんが、その様に思わせる事を誘導する説明だと
思います。

しかしながら、これは真っ赤なウソです。

実際は、一秒未満の細かい時間単位で電気使用量を送信して
おり、生活の詳しい実態が丸裸になる情報が送信出来る様に
なっています。しかも為政者は、これらあらゆる世帯の電気
使用量の情報を、いつでもどこでも自由に覗き見る事が出来、
場合によっては常時監視出来る仕組みになっています。

例えば、電灯の使用履歴によって在宅している時間が分かり
ます。複数の部屋がある世帯であれば、どの時間帯に何部屋
使われているかもわかります。日常的に使用されている時間
帯と部屋数から外れた事があれば、普段いない人が来ている
とか、生活の変化があったとか、そう言う事が分かります。

為政者は、あなたの生活の隅から隅までを知る事が出来るし、
精密に監視しています。その仕組みを気付かれない様に、嘘
デタラメの説明で煙に巻きながら、つくっています。

これが、いまあなたが生きている国の実態なのです。

 
posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

撤回のお知らせ

一年前に提示した以下のファイルについて、内容は公表して
いませんが、「既存の技術で実現する事は困難」と結論付け、
「無理がある」と考えを改めました。おわびして撤回します。

shelter200904.atc


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

関西進出の思い出

自分にとって、関西進出の思い出と言えば、いまから七年前、
2014年に、自ら発案したやり方を引っ提げて守口市、門真市、
寝屋川市、枚方市、そして交野市の京阪線沿線と同じ地域の
学研都市線沿線にお邪魔した事もありましたが、それよりも
さらに五年前、2009年夏に、お邪魔した事もありました。

当時関わっていた仲間が、大阪市の中央公会堂に人を集めて
イベントを開催すると言う事で、広報と集客に協力する事に
なったのです。

とは言うものの、同じ年の春に会社勤めを辞め活動を始めた
ばかりの素人だったため、戦力にはならず、主に人海戦術の
実動部隊を担い、空いた時間には見よう見まねで仲間と同じ
活動をやりましたが、練習的な事をするのが精一杯でした。

人海戦術の主な活動はチラシ配りとポスター張りで、会場の
周囲にある飲食店や商店に飛び込み営業をして、ポスターを
張らせてもらったり、チラシを置かせてもらったりしました。

大阪と言えばもっと広い街ではあるのですが、会場のあった
中之島から南の一帯が自分にとって主な活動場所でした。

大阪には、拠点となる事務所があり、大阪で活動する仲間は
そこを中心として日常的な活動を行っているのですが、自分
はイベントに合わせた応援要員に過ぎなかったので、直前の
限られた期間、広いとは言えない範囲に限った活動でした。

目標は会場を満杯にする事、実際の集客は半分強でした。

戦力にならなかった人間が言うのも難ですが、力不足を感じ
ました。悔しさがありました。大阪は大きな街でした。短い
期間かじりついただけで、すべてが分かるはずもありません。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

タイムカプセル

posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

“キリストの教えの範囲内”を知っている無宗教者

「“イスラムの教えの範囲内”って何?」と言う事が話題に
なっている様ですね。「“イスラムの教えの範囲内”で女性
の自由や権利を認める」と言っている指導者がいる様です。

それを聞いて思い出すのは、日本における“キリストの教え
の範囲内”を教える教育機関の多さについてです。私立学校
で、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学と、子どもの
成長過程に合わせて“キリストの教えの範囲内”を教育する
教育機関がたくさんあります。

自分は中学と高校が私立学校で、中学受験のときにはその様
な中学校も受験しました。自分では、まったく意識していま
せんでしたが、受験した4校のうち、2校がそうだった様です。
自宅が東京の都心から離れていたので、同じ県内にあった3校
が第1〜第3志望で、東京の都心にあった1校は第4志望でした。
ところが、第1志望には落ち、練習や力試しのつもりで受けた
第4志望に合格してしまったのです。第1志望に落ちたときに
は泣きましたが、色々考えた末に第4志望に進学しました。

そこは、創立者がどうやらキリスト教関係者だったらしいと
言う話は耳に入りましたが、キリスト教の教育内容やその影
や形も無く、中学の間だけ英語の教科書がキリスト教の教育
機関が発行したものを採用していた以外、何もありませんで
した。学校によっては教会や宗教色を取り入れた様式の校舎
があるらしい事は後から知りましたが、その後の大学も含め、
宗教教育とは無縁の人生でした。

日本には伝統的な宗教ももちろんありますが、顔を見せるの
は冠婚葬祭のときのみで、宗教教育の実践を強制する雰囲気
は無く“宗教無し”で生きている人が多くいる様に思います。

“キリストの教えの範囲内”を教える教育機関に入学しても
必ずしもキリスト教に染まるわけではなく、学校から出たら
元通り“宗教なし”に戻る人もそこそこいるのではないかと
思います。詳しく言いませんが、親族にそういう人がいます。

 
posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

タイムカプセル


timecapsule210823.atc(後日更新bytes)


 
posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本社会を震撼させる凶悪犯

国を挙げてのお祭り騒ぎ終了間際に颯爽と登場した凶悪犯が、
日本社会を震撼させています。それは、国民を恐怖に陥れる
凶悪事件を起こした犯人と言うだけではなく、社会に影響を
与える異質性を持った事件の犯人としての性質もあります。

国を挙げてのお祭り騒ぎを旗印に推し進められて来た警察の
犯罪抑止対策がありましたが、その敗北を決定付ける出来事
だと言えるのではないかと思います。とは言うものの、その
点に気付く人の数が増える前に、「だから警察が必要なんだ」
と、警察の役割と権力を更に強化する動きを推し進めようと
するかも知れません。いま警察の内部にある秘密の部署では、
突然降って湧いた“利権の泉”に、歓喜の声を静かにあげて
いるところではないかと思います。

実際に、これから何が起こるのでしょうか。

事件は最先端のAI監視技術が導入された鉄道車両の中で起き
ました。「防犯対策だ」との大義名分で、議論も何も無しに
勝手に推し進められて来た、「防犯カメラ」と言う名の監視
カメラには、凶悪犯に対する犯罪防止効果が無い事が明らか
となりました。「防犯カメラ」と言う名で配備されたIT機器
の存在意義が否定されたと言って良いのではないかと思うの
ですが、省みられる事は無いでしょう。

犯人は少なくとも数年の長期にわたって穏健に暮らして来た
沿線住民であり、外からやって来た者ではありませんでした。
しかも、犯行直前に万引きで捕まり、警察の注視がある中で
起きた事件でした。更にあろう事か、警察が自由に監視する
事が出来る、最先端のAI監視技術が導入された鉄道車両の中
で犯行に及びました。じゃあ今後はこの様な犯罪が起きない
様にと言う事で、「鉄道車両の中で勝ち組の女性を物色して
歩きまわる者」を検知するAIが開発されるのではないか、と
思います。

AIが「鉄道車両の中で勝ち組の女性を物色して歩きまわる者」
を検知する為には、AIが「勝ち組の女性」を検知出来る様に
ならなければなりません。「勝ち組の女性」を検知するAIの
開発も進むでしょう。

そのAIを導入する為だとして、車内を広範囲に撮影し乗客の
視線の動き迄監視出来るカメラが配備されるでしょう。

これは、実際に起こる可能性があります。
しかも秘密裏に推し進められるでしょう。

 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

最先端のAI監視技術の前で刺傷事件が起きた

小田急の5000系に取り付けられている監視カメラはAI顔認識
カメラです。警察はいつでもどこでも、自由に車内の様子を
監視する事が出来る状態になっています。小田急の5000系の
車内で拾った何かをポケットに入れると、その時間と場所が
記録され、警察に通知が行く様になっています。最先端のAI
監視技術が導入されている車両です。

警察は、犯行の様子を見る事が出来る状態にあったはずです。

小田急の駅施設の監視カメラはAI顔認識カメラであり、これ
も警察が自由に監視する事が出来る状態になっています。

犯人が乗車する様子を見る事が出来る状態にあったはずです。

 
posted by miraclestar at 12:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あの幼稚園の教育って何だったのだろうか」

最近読んだ新聞の特集で、「幼稚園は学校の延長上の施設で、
保育園は福祉施設である」と言う違いがある事を知りました。
同年齢で通園する施設に幼稚園と保育園の二種類がある事は、
良く知られている事だと思いますが、それらの間にどの様な
違いがあるのか、興味があって調べない限り知る機会が無く
あまり知られていないのではないかと思いました。ましてや、
幼稚園と保育園の両方に通った経験があり、その違いを体感
的に知っている人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

自分は幼稚園に通っていました。幼稚園か保育園に通う年齢
になる少し前に、丘の上にある建売住宅に引越して、自宅の
裏手すぐ近くに小学校と幼稚園があったので、その幼稚園に
通う選択肢以外は考えられませんでした。

だから、それが当たり前だと思っていたわけですが、世の中
そうでもないらしいですね。それを当たり前のように与えて
くれた父親と母親には感謝しないわけにはいきません。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本語の力」があると見えて来る世界

言葉には意味があります。言葉と意味の組み合わせをどの位
知っているかで計る事が出来るのが「日本語の力」です。

国語の成績と「日本語の力」は違います。国語の成績が良い
人は「日本語の力」もあると思いますが、「日本語の力」が
ある人が国語の成績が良いとは限りません。

「日本語の力」があると見えて来る世界とは「想像力の世界」
です。例えば、「日本語の力」が乏しい人は、力がある人の
言った事をそのまま信じて受け入れるしかありません。一方、
「日本語の力」がある人は、力がある人が言った事が正しい
か否か、合理的で無理の無い論理か否か、自分の頭で考えて
確認しながら進む事が出来る様になります。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10万円ではじめるプログラミング講座 10

全ての国民に10万円が行きわたると言う事で、様々な事情の
方がいらっしゃるかと思いますが、それが出来る人に向けて、
Excelを活用したプログラミング講座を執筆する事にしました。
「ゲームをやった時間を記録して集計出来るプログラム」を
自分で作れるようになる事を目標にしています。

まさか、この題名が浮く事になる事態になるとは、想像して
いませんでした。それはつまり「経済的な殺戮」だからです。

前回迄作成していたプログラムの仕上げ作業をお届けしよう
と思います。この講座でつくるプログラムの正しく動作する
版にはあって、まだ紹介していない部分が少しあります。

前回つくったプログラムを開きます。ファイル名は
「den-dentaku3.xlsm / den-dentaku3.xls」として
保存したと思います。

ファイルを開くと、まっさらなExcelブックに「セキュリティ
の警告 マクロが無効にされました。」と言う表示(表現は
バージョンによって違うかも知れません)が出現している事
が確認出来ると思います。忘れずマクロを有効に設定します。

プログラムの改造を始める前に、前回つくった内容を消して
しまう事のない様、ファイル名を変えておきましょう。

ツールバー等にある「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイル名は「den-dentaku4.xlsm / den-dentaku4.xls」等
が良いでしょう。

ファイルを開いた状態で、「Alt+F11」を押します。
「Microsoft Visual Basic」の画面が出て来ると思います。
そのまま「F7」を押して、「コード」画面を開きます。



ProcessKeyPressの Select Case KeyAscii と End Selectの
間のCase Elseの前に、以下のコードを書き込みます。

Case Asc("%") '%
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
Case cmNyuryoku1
'☆9
Case cmNyuryoku2
'☆10
End Select


'☆9
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
strNyuryoku = CStr(dblKekka * dblNyuryoku1 / 100)
UpdateDisplay


'☆10
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
Select Case strEnzanshi
Case "+", "-"
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1 * dblNyuryoku2 / 100)
Case "*", "/"
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2 / 100)
End Select
ProcessKeyPress (Asc("="))



ProcessKeyPressの Select Case KeyAscii と End Selectの
間のCase Elseの前に、以下のコードを書き込みます。

Case Asc("X"), Asc("x") '1/x
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
'☆11
Case cmNyuryoku1
'☆12
Case cmNyuryoku2
'☆13
End Select
UpdateDisplay
Case Asc("Q"), Asc("q") 'sqrt
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
'☆14
Case cmNyuryoku1
'☆15
Case cmNyuryoku2
'☆16
End Select
UpdateDisplay


'☆11
If dblKekka = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblKekka = 1 / dblKekka
End If


'☆12
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku1 = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku1 = 1 / dblNyuryoku1
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1)
End If


'☆13
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku2 = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku2 = 1 / dblNyuryoku2
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2)
End If


'☆14
If dblKekka < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblKekka = dblKekka ^ 0.5
End If


'☆15
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku1 < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku1 = dblNyuryoku1 ^ 0.5
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1)
End If


'☆16
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku2 < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku2 = dblNyuryoku2 ^ 0.5
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2)
End If



「F5」キーを押して動作確認してみましょう。



「コード」の先頭にカーソルを持っていき(コンボボックス
から (General)(Declarations) を選ぶ操作でも良い)、以下
のコードを探します。

Private cmJoutai As CalcMode
Private strNyuryoku As String '入力中の数値を記憶
Private strEnzanshi As String '数値の前に押した演算子を記憶(+-*/)
Private dblNyuryoku1 As Double '演算子の左の数字を記憶
Private dblNyuryoku2 As Double '演算子の右の数字を記憶
Private dblKekka As Double '結果の数値を記憶
Private strError As String 'エラーとして表示する文字列

これを次の様に書き換えます。

Private cmJoutai As CalcMode
Private strNyuryoku As String '入力中の数値を記憶
Private strEnzanshi As String '数値の前に押した演算子を記憶(+-*/)
Private dblNyuryoku1 As Double '演算子の左の数字を記憶
Private dblNyuryoku2 As Double '演算子の右の数字を記憶
Private dblKekka As Double '結果の数値を記憶
Private blnNyuryoku As Boolean 'True:入力を受け付ける False:受け付けない
Private strError As String 'エラーとして表示する文字列

太字が今回追加したコードです。



忘れないうちに、ここまでつくって来たプログラムを保存し
ましょう。ツールバー等にある「保存」をクリックします。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国は「白人の国」にはなれない

米国に対立と混迷をもたらした前大統領が表舞台から去って
半年が経ちました。表舞台に常に姿を現す事は無くなりまし
たが、大統領選を通してつくられた対立はいまも大きな影響
を及ぼし続けている様です。

前大統領は「古き良き米国を再興する」と言う趣旨の主張を
して支持を伸ばしました。直接言葉では述べてはいませんが、
言行の節々からにじみ出るところから想像するに、本音では
「白人の国」少なくとも「白人中心の社会」を再興したいと
考えていたのではないでしょうか。

建国当初の米国は、確かに「白人の国」でした。海を渡って
街をつくった白人が集まって建国した国だからです。先住民
もいたはずですが、排除されていました。ところがどういう
わけか色々な歴史的経緯を経て多民族国家となり、「多様性
の国」だと、自他共に呼ばれる様になっているわけです。

 
posted by miraclestar at 08:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競って一位を争う経験

運動神経が絶望的に無かった自分には競って一位を争う経験
と言うものがほとんどありません。受験で勝ち上がるだけの
成績はあったけど、上位集団に属した事はありませんでした。

そんな自分にも、一時期だけ、競って一位を争った事があり
ました。高校生が競うプログラミングコンテストに出場した
ときの事でした。

しかしながら、一年目の夏、高一で出場したときは、なめて
かかっていました。プログラミングコンテストの話は恐らく
パソコン部の誰かしらを経由してもたらされたんじゃないか
と思うのですけど、初めて聞く話で、パソコン部に出場経験
のある先輩はおらず、話し合いやセレクション等無く部内で
衆目の一致する評価のあった三人に決まったので、すごさが
分からず、懸賞に応募してみる位の気分だったのです。

ある大学に設置されていたスーパーコンピュータが、夏休み
のある期間だけ使われない事から、空いている期間を使って
高校生に使ってもらおうと言う趣旨だった様です。ところが、
本選日程の後半から終わりにかけて、計画していた家族旅行
と重なっており、当時の自分には家族旅行を犠牲にする選択
肢はありませんでした。出発日の午前中までプログラミング
作業に参加した後、家族の乗った車のお迎えが来てそのまま
家族旅行へと出かけたのです。

通っていた学校の中では特に裕福と言うわけではなかったと
思いますけど、長期の休みがあれば家族旅行に出かける家庭
でした。だから、疑問はありませんでしたね。

言い訳させてもらうと、予選通過のプログラムには貢献した
自信はあります。ただ、本選は途中で離脱し完成させたのは
残りの二人でした。家族旅行から帰ってみると、優勝したと
言うのです。

大変な事になりました。予選、本選を通して、この事を深く
考えていた記憶はまったくありません。気に留めてなかった
のか、そもそも知らされていなかったのか、分かりませんが、
優勝のご褒美として、スーパーコンピュータの製造会社から
本社のある地への海外旅行がプレゼントされたのです。

そんなすごい大会だったのかと、後から気付かされ、二年目、
三年目は、真剣に取り組みました。しかし、どちらも三位に
終わりました。競って一位を争った経験でした。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

日本共産党の志位和夫氏はどこから出馬するのか

秋までに行われる衆議院議員選挙で、個人的に注目している
事のひとつに「日本共産党の志位和夫氏はどこから出馬する
のか」という論点があります。

「そんなの前回と同じだろう」と言う声が大半かと思います。
ところで志位和夫氏はどの様に当選しているかご存知ですか。

志位和夫氏は比例区南関東選出です。小選挙区との重複では
無く、比例単独立候補で当選となりました。現在の選挙制度
では問題無く認められている選出方法です。

ただ、その選出方法には、倫理的な問題がある様に思えます。
志位和夫氏は比例単独立候補で、比例名簿に単独一位で登録
されているからです。

衆議院選挙の比例区では、各政党は候補者に当選順位を設定
します。順位が高い人から当選していく、と言う仕組みです。
このとき、小選挙区との重複立候補の候補者には、同じ順位
を設定する事が出来る様になっています。同じ順位の候補者
は、小選挙区の得票状況に応じて当選者が決まる仕組みです。

各政党は、原則、比例区には小選挙区との重複立候補で同じ
順位で登録し、小選挙区の得票状況に応じて当選者が決まる
仕組みに任せる運用を行っています。ただ、特定の候補者を
優先的に当選させるやり方を採用する自由も残されています。

与党を中心に、この制度上の自由を活用して当選者を出して
いる様ですが、政党の指導者層を、このやり方で当選させて
いるのは、日本共産党が唯一です。

先日、国民民主党が「日本共産党は全体主義だ」との発言を
し、日本共産党が抗議すると言う出来事がありました。本当
に全体主義ではないと主張するのであるならば、疑われる様
な事は、控える様、転換するのが良いのではないでしょうか。

 
posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月27日

“プロの殺し屋”が逮捕された

先日、どこからどう見てもそうとしか思えない、正真正銘の
“プロの殺し屋”が逮捕される出来事がありました。

例えば、プロの料理人がいたとして、自らの拠点となる場所
を構えている、と想像してみてください。プロの料理人なら、
依頼によって毎回多種多様に異なる素材と料理に対応する為
に、何種類もの包丁を予備も含めてたくさん用意するのでは
ないでしょうか。また通常では入手が難しい調味料も自前で
準備しているでしょう。そして料理人として呼ばれた現場に
参列していて、少なくともおかしいとは思われない様な服装
もいくつも持ち合わせているのではないでしょうか。

茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員(被害者)さん(当時48歳)と妻の(被害者)さん(当時50歳)が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は(5月)7日、埼玉県三郷市(中略)、無職(容疑者)(26)(公記号偽造罪などで起訴)を殺人の疑いで再逮捕した。(中略)県警は(中略)容疑者が大量の刃物や薬品を所持しているとの情報をもとに、昨年11月に埼玉県警と合同捜査班を組み、殺人予備容疑で自宅を捜索。硫黄44.39キログラムを貯蔵していたとして、三郷市火災予防条例違反容疑で逮捕し、(容疑者)は消防法違反で起訴された。今年に入り、警察手帳の記章を偽造したとして、公記号偽造容疑でも逮捕された。(後略)

〈読売新聞 5月8日 朝刊 29面〉

プロの料理人なら、依頼に合わせた下ごしらえをしたり、腕
を磨く為に実験的な調理を行ったりする、自分専用の調理場
も持ち合わせているのではないでしょうか。

(前略)(容疑者)は自宅で硫黄約45キロなどを貯蔵したとして、昨年12月にさいたま地検が消防法違反の罪で起訴した。昨年11月に茨城県警の情報提供を受けた埼玉県警が(容疑者)の自宅を家宅捜索し、大量の硫黄や毒物の原料が見つかった。危険物に関する知識も豊富だったとみられる。(容疑者)の部屋を見た捜査関係者は「まるで実験室のようだった」と振り返る。化学反応させると有毒な硫化水素が発生する硫黄約45キロに加え、猛毒のリシンを含有するトウゴマや抽出に使う薬品があった。(後略)

〈東京スポーツ 5月9日(5月8日 夕刊) 2面〉

では、逮捕された容疑者が、“プロの殺し屋”であるならば、
“プロの殺し屋”に殺人を依頼したのは、誰なのでしょうか。

県警によると、(容疑者)は19年9月23日午前0時40分ごろ(0時38分)、2階で寝ていた会社員(被害者夫)さん(当時48)と妻でパート従業員の(被害者妻)さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺し、殺害した疑いがある。同時刻ごろに(被害者妻)さんから「助けて、痛い」と110番通報があり、約10分後に警察官が駆けつけたところ、2人が2階寝室で血を流していた。捜査関係者によると、いずれも上半身に複数の深い傷があり、手に刃物を防ごうとした際につく傷もあった。寝室から廊下を挟んだ子ども部屋では当時中学1年の長男(14)が両腕や両足を切られ重傷を負い、小学6年だった次女(13)は両手に催涙スプレーをかけられ軽傷を負った。(中略)凶器は現場から見つかっていないと県警は説明している。容疑者宅と現場は三十数キロ離れている。(中略)(5月)7日夕に記者会見した県警の(中略)捜査1課長は「被害者と容疑者の接点はなかったとみている。単独犯とみている」と話した。(後略)

〈朝日新聞 5月8日 朝刊 29面〉

依頼者はズバリ警察です。

警察と言っても、普段国民から見えない様にして秘密で活動
している、警察の中でも特殊な部署に所属する警察達です。

国民を恐怖に陥れる凶悪事件のうち、かなりの件数が警察が
企画し、警察がプロの殺し屋に依頼して引き起こした事件だ
と思います。もちろん、単独犯で、犯罪国家の考えに共鳴し、
警察に忖度して起きた事件も含まれている様ですが、国民を
恐怖に陥れる凶悪事件のうち、迷宮入りした事件は、警察が
引き起こした事件の可能性が高いと思います。

警察にとって、迷宮入りした事件とは、利権の様なものです。
国民を恐怖に陥れる事により、警察の役割と権力を強化する
事が出来るからです。

件の事件は、その場所、その状況、その被害者名で迷宮入り
した事件を起こし警察の利権とする事を意図して企画された、
「警察が起こしたテロ事件」であるのではないかと思います。

今回の犯行現場、犯行手口、被害者が選ばれた理由は、警察
の役割と権力を認めさせる効果を最大化させる組み合わせを
考え抜いた結果だと思います。警察が整備を推し進めている
盗撮装置を、全国津々浦々で国民の生活圏のあらゆる場面に
近接して設置する事で、生活と行動を監視し支配し、締め付
ける事が出来る様にする事を狙ったのではないかと思います。

情報提供事業者は、驚くべき程迄に、一般利用者を裏切って、
警察に情報を渡しています。一般利用者がどのページを閲覧
したか、つまり何を調べていたか、ニュースサイトならどの
記事を見ていたのか、地図サイトなら何処を調べていたのか、
天気サイトなら何処に行こうとしているのか、こういった事
が分かる閲覧記録の無差別な生データをリアルタイムで警察
に送信し、警察は長期間保管しています。通信経路が暗号化
されていれば安心出来る、と言うイメージは嘘です。警察は
全てを知ることが出来るのです。SNS事業者なら、会員が
SNS内に送信したあらゆる情報を渡しています。やりとり
したメッセージの内容、保存したデータ、機器から取得した
GPS位置情報の履歴等、あらゆる情報です。非公開設定は
関係ありません。警察は全て見ているのです。

警察はこの様にして入手した情報の中から、ある特定の個人
がどの様な家族と生活を共にしているか、割り出すでしょう。
犬を飼っているかどうかも分かるかもしれません。その個人
が暮らす住宅には、どんな部屋があって、どの部屋を家族の
誰が使っているか、分かるかもしれません。GPS位置情報
の履歴が入手できれば、誰がどの部屋で寝ているか、精密に
特定する事が可能でしょう。

この様な情報を元に、警察は凶悪事件を企画しているのです。
今回逮捕された“プロの殺し屋“にもこの様な情報が渡って
いたと考えて間違いないでしょう。

「警察が起こしたテロ事件」の犯人が逮捕されたのは、茨城
県警の意地があったからなのかも知れません。しかしながら、
犯人が逮捕されても、警察の利権である事は変わらないかも
知れません。動機については、迷宮入りするはずだからです。

この文章を書き記したのは犯人逮捕の新聞報道があった直後
です。もしこの文章の内容が間違っていて、事実に反するの
であるならば、この文章の内容を覆すだけの決定的事実なり
物証なりが、早晩明らかとなるでしょう。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

破滅に加担する誤りの大きな流れ

社会に必要だけど日本人がやりたがらない労働がある様です。

身近な例をあげて考えてみましょう。コンビニは好き嫌いを
問わず利用せざるを得ない施設となりました。社会に必要な
施設と言えるでしょう。ところが、社会に必要な施設である
にもかかわらずそれを支える労働をやる日本人が集まらない
現場がある様です。

日本人が集まらない現場では、安易に外国人の労働者を使う
事が行われている様です。とりあえず、様々な理由で来日し
ている外国人を使ってみたら、日本人がやりたがらない条件
でもやってくれた。経営者達は味を占めてしまいました。

コンビニで外国人が働いているのを見るのが珍しい光景では
無くなりました。この光景に、性善説的解釈をする人が多い
と言う事なのでしょうか、ある調査で、外国人労働者に対す
る積極的意見が多数を占める結果が出た事がありました。

しかし残念ながら、自らの首を絞め、破滅に加担する誤りの
大きな流れがつくられつつある、と言わなければなりません。

外国人労働者が日本人のやりたがらない労働をやってくれて
いると、呑気な考えで誤りに加担する人達は、まさか自分が
外国人労働者に明け渡してしまった労働が、喉から手が出る
程欲しくなるときが来る事を理解していないでしょう。

 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする