2022年05月21日

タイムカプセル

いまの視点でつくり直しました。

timecapsule220521.atc(1,060bytes)


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 01:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

異性とみる事が出来る年齢差の上限が24年である理由

今回は、「知る必要は無いけど、知れば面白いのではないか」
と思える内容を記事にしたいと思います。

自分にとって、どのくらい年下まで異性とみる事が出来るか、
の上限は、24年にあるのではないか、と思います。何故24年
なのかについて明らかにしたいと思います。24年と言う数字
は意図して決めた数字ではありません。実際に24年以上年下
の人を異性とみる事が出来るか、想像してみたところ、無理
な感じがしたので、この感覚はどこから来るのだろうと思索
を巡らせて出て来た後付けの説明です。とは言え、合理性は
あり、あえて否定する必要性は無いと思っています。

人生をかけて何かを成し遂げる為には、パートナーが必要に
なります。パートナーの数で安定する数は、1, 2, 4, 6, 10
がありますが、いまの社会の中で安定した基盤と自由を得る
為には10人が必要だと思います。10人のパートナーは奥さん
である必要は無いと思います。それぞれの人生の現在地に合
わせて色々な選択肢があると思います。

自分には、核となる関係性のパートナーが10人います。その
中で、絶対に揺るがない関係性のパートナーが一人います。

社会が安定していて、一人の奥さんを得ることが出来た人は、
その人を大切にすれば良いと思います。自分の場合は、一人
の奥さんを得る為に、10人の核となる関係性のパートナーと、
準じる関係性のパートナーが必要でした。

ここで、10人の核となる関係性のパートナーや準じる関係性
のパートナーと関係を構築する為に、工夫が必要な事があり
ます。それは、10人を超えるパートナーをどうやって違った
存在として認識するか、と言う問題です。

1対1で構築するパートナー関係の場合、自分の身体を境界線
として、その中と外が区別出来れば充分でした。それが1対多
となると、自分の身体を境界線として、区別出来るだけでは
不充分です。

この問題に対応する工夫無しに、無理矢理1対多の関係を構築
しようとすると、色々な問題が起きます。本来、自分の身体
を境界線として区別出来るだけの人間は、ひとりの相手とし
か関係を構築出来ないはずの存在です。時期をずらせば多数
の相手と関係を構築出来るかも知れませんが、同時にやろう
とすれば混ざってしまうでしょう。

ここで必要になってくる工夫とは、境界線の外にある存在を
10人を超える違った存在として認識する為の安定的な枠組み
を持つ事です。

自分にとって、どのくらい年下まで異性とみる事が出来るか、
の上限が24年である理由は、この「枠組み」のひとつが認識
出来る範囲の上限が24年だからです。

例えば、1から16(2の4乗)迄の数字しか知らない人間がいた
としましょう。その人間は16個迄の存在を違った存在として
認識する能力があります。ひとつの番地に20戸の家が建って
いたとしたら、そのうち目に入った16戸の家だけ同時に認識
出来る事になります。これは空想の話ではなくて、数十年前
には1から256(2の8乗,実際は0から255,以下同様)迄の数字
しか認識出来ない計算回路(8ビットコンピュータ)が最先端
だった時代がありました。

次の時代に主流となった1から65536(2の16乗)迄の数字しか
認識出来ない計算回路(16ビットコンピュータ)では、盛り
上がる計算の需要に対して、64kbytes(1kbyte = 1,024bytes)
の記憶領域しか持てない制約が問題になりました。この問題
に対処する為、64kbytesの枠を移動させて64kbytesを超える
記憶領域にアクセスする仕組みが導入されました。この仕組
みは次の主流(32ビットコンピュータ)が登場してもソフト
ウエア上には残り、しばらく足を引っ張りました。

現在の主流は1から4294967296(2の32乗)迄の数字しか認識
出来ない計算回路(32ビットコンピュータ)で、事務処理を
する分には実用上の問題は無く、長い間主流の座にあります。
ただし、動画編集やゲームをする場合は、処理速度や4Gbytes
の壁が問題になる事があります。

自分が持つ「枠組み」のひとつが認識出来る範囲の上限が24
年である事の背景には、現在主流の時間の体系に24が含まれ
ている事が関係しているのは間違いないと思います。

もちろん、コンピュータがビット数を増やしたり、枠を移動
させる仕組みを導入したりしたのと同様に「枠組み」を拡張
する事は可能かも知れません。しかし、自分はそこ迄の拡大
は望まないと言うところに落ち着いていると言う事です。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

私案


articleR050524.atc(900bytes)


 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

“亡国翼賛体制”の実態

日本と言う国は、いま滅亡に向かっています。日本と言う国
を滅亡にいたらしめる現状変更を実行する政府があり、その
政府を、与党のみならず、一部野党も一体となって支持して
おり、国民からの支持率も、少なくとも、その体制に疑問を
持つ雰囲気ではない熱狂がある様に思えます。

滅亡と言っても、いま具体的に、他国から軍事的に攻め入れ
られる危機が迫っていると言う訳ではありません。形として
の国はそのままの形で目の前にある様に見えるので、多くの
人は、滅亡に向かっている変化も、そもそも滅亡の意味さえ
も気付かないまま過ぎるでしょう。



ここから先は、ある新聞に掲載された連載記事によってあぶ
り出された“亡国翼賛体制”の実態について紹介します。

2020年11月から翌21年1月にかけて外国人の入国制限が緩和された際、政府は「ビジネス関係者の受け入れ」が目的だと説明していた。(中略)実際に入国した外国人の7割は「実習生」と「留学生」だった。

今年(2022年)3月からの水際対策緩和で強調されたのが「留学生の受け入れ」である。(中略)現在、日本人を含めて入国者は7000人に制限されているが、留学生に限っては「円滑入国スキーム」と名づけた別枠が設けられた。(中略)

岸田首相は、留学生を「わが国の宝」とまで呼んでいる。しかし問題は、留学生が“誰”にとって「宝」なのか、という点だ。(中略)実際には、低賃金の外国人労働力を欲する産業界、留学生の受け入れで潤う学校業界が与党を介し、岸田政権を動かしたのだ。(後略)(連載「水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇」 筆者:ジャーナリスト 出井康博)


〈日刊ゲンダイ 4月6日(4月5日 夕刊) 7面〉

<水際対策緩和 入国も困窮の外国人留学生に10万円支給決定 政府>
そんなタイトルの記事が(2022年)3月10日、NHK電子版で配信された。記事には、<水際対策の緩和に伴って入国した経済的に苦しい状況にある外国人留学生を支援しようと、政府は1人当たり10万円を支給することを決めました>と書かれていた。この記事に対し、文部科学省が翌(2022年3月)11日、抗議の文書を発表する。(中略)抗議を受け、すぐにNHKはタイトルを<経済的困窮の外国人留学生や日本の学生に10万円支給へ 政府>に変更。(中略)

文科省の抗議によって、改めて確認された事実がある。「困窮留学生も給付金の支給対象とする」という岸田政権のスタンスだ。(中略)

文科省によれば、給付金の支給対象は<特にアルバイトを主な収入として学業を支えてきた学生等>だ。(中略)留学生の場合、「バイトなしで日本での留学生活が送れる経済力」を条件にビザが発給され、入国している。つまり、「バイトが減ったから学費を払えない」留学生など存在しないはずなのだ。にもかかわらず、政府は困窮留学生までも支援する。(中略)

コロナで困っている留学生の大半は、そもそも母国からの仕送りなどない。バイトなしでは学費の支払い能力がないのに、「留学生」として入国している外国人たちなのだ。(後略)(連載「水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇」 筆者:ジャーナリスト 出井康博)


〈日刊ゲンダイ 4月7日(4月6日 夕刊) 7面〉

コロナ禍以降の1年半で、一気に12万人近くが減少した留学生――。学校業界に与えた影響は甚大だった。(中略)とりわけ追い込まれたのが、(中略)日本語学校だ。(中略)そんな日本語学校を岸田政権による水際対策緩和が救った。「入国者の別枠まで設けて急いで留学生を受け入れ、さらに新規入国して日本語学校へ入学する留学生までも10万円給付金の支給対象に含まれることになった。(中略)」(業界関係者)(後略)(連載「水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇」 筆者:ジャーナリスト 出井康博)

〈日刊ゲンダイ 4月12日(4月11日 夕刊) 7面〉

政府の水際対策によって外国人の新規入国が停止していた頃、緩和を求めて(中略)陳情を繰り返していた業界団体が(中略)日本語学校の団体だ。(中略)陳情の中身は主に2つ。水際対策が緩和された際、留学生を増枠で受け入れること、そして入国する留学生への経済的な支援である。その要望はどちらもかなえられる。(中略)留学生にとって最大の支出は学費だ。仮に10万円を受け取っても学費の一部となる可能性が高い。(中略)

(日本語学校)業界の大きな後ろ盾が超党派の(議員連盟)だ。(業界団体)のホームページで公開された(中略)同連盟役員(案)リストには、(自民、公明の議員は略)会長代行の中川正春・立憲民主党衆院議員(元文科相)、泉健太・立憲民主党代表など、計34人の国会議員の名前が載っている。自民、公明、立憲民主に加え、国民民主党や日本維新の会の議員もいる。(後略)(連載「水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇」 筆者:ジャーナリスト 出井康博)


〈日刊ゲンダイ 4月13日(4月12日 夕刊) 7面〉

抜け道によって「大量の『外国人』が『低賃金の労働力』と
して日本国土に流入して来る現状変更」が繰り返された先に、
どんな未来が待っているか、想像出来ますか。

その未来は、いま皆さんが当たり前に思って慣れ親しんでい
る日本と言う国でしょうか。日本と言う国は、滅亡し、存在
しなくなっているのではないでしょうか。

一部の野党議員の中には、むしろその未来を望む考えを持つ
者もいる様で、だからこそ“亡国”の現状変更に与する議連
に名を連ねているのでしょう。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

戦火に焼かれる前の遺言

本日更新予定で書こうと考えていた記事の内容は、随分前か
ら定まっていました。しかし、実際に書くかについて、直前
になるまで悩みました。書いたところで問題を回避する手段
はゼロに近く、ただ絶望でしかないからです。

目の前に鎮座する独裁者は、全国で走るタクシーにドライブ
レコーダーに偽装したAI顔認識カメラ(通信機能付遠隔監視
カメラ)を据え付け、全国どこに行っても、タクシーに遭遇
した瞬間、居場所が突き止められてしまう監視網を構築しま
した。同じ仕組みは、全国で走るバスにも導入され、個人が
全国どこに行っても、その移動が記録され、独裁者のもとに
集められる様になりました。

繁華街には、数十メートル間隔でAI顔認識カメラが設置され、
個人の歩行や行動が記録されています。主要駅だけではなく、
郊外の駅にもあります。住宅街の中に唐突に設置されている
AI顔認識カメラもあります。

鉄道施設やその周辺で、多くのカメラを管理しているCSP社の
監視カメラがAI顔認識カメラとして機能し、独裁者に個人の
プライバシーを横流ししている実例(事実として警備会社名
が確認出来たものの大多数がCSP社)をいくつも確認していま
すが、CSP社は恥ずかしげも無く営業しています。

住宅街にある個人宅の中には、公道に向けられたカメラの他
に、呼び鈴に付いているカメラが騙し討ちでAI顔認識カメラ
として機能しているものがあり、通行人の顔等を、常時AIが
認識し、認識結果を独裁者のもとに送信しています。

当ブログでは、目の前に鎮座する独裁者の正体について繰り
返し告発してきましたが、そのほとんどが顧みられる事無く、
直近の支持率は五割を超えているそうです。

「独裁者って言うけど、ボクらの気持ちを分かってくれてる」
って思いますか。あなたがスマホを持ってどこに出掛けたか
はGPSの精度でみられているんですよ。SNSでやり取りした内
容は分析されているんですよ。常時ではないかも知れません
が非公開設定も含めてあらゆる情報はみられているんですよ。

独裁者が語る言葉が、あなたがスマホを持って体験した事に
合わせて捏造した出まかせである事は、最後まで明かされる
事は無いのかも知れませんが、無視を承知で、「わからなけ
れば無いのと同じ、でいいの」と言う問いを投げかけたいと
思います。これは実例ですが、ある公衆便所に隠しマイクが
仕掛けられていて、音声が外部に送信されています。会話は
もちろんの事、男子も女子も関係無く放尿の音※やうめき声
迄録られAIで解析されています。しかし、警察がやっている
事なので、誰からも捜査される事は無く、最後まで明かされ
る事は無いでしょう。権力によってわからない状態が貫かれ
るでしょうが、無かった事にしていいのでしょうか。

※放尿の音で個人の特定が可能

独裁者の正体について告発しても、「証拠あるのか、証明し
てみろ」と言われて無視されるのが常なのですが、これから
書く内容には、公開文書による裏付けがあります。あまりに
露骨な内容ですが、根拠となる法律は成立してしまっており、
今後もこの様な露骨な収奪が恥ずかしげも無く台頭する流れ
になるのだろうと思います。



(続きは、もし書けたら更新します)

 
posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

外国人に権利を認めたら何が起こるか

これから書く内容は、当ブログ過去の記事において、何回か
触れた事のある内容であるし、日本の有権者は、その主流派
においては、これから書く内容を逸脱する主張をする政治家
がいれば「選挙で落とす」等の審判を下しているので、この
点に関しては、日本の有権者の判断を信頼しているのですが、
この事の重要性が理解されていないのではないかと思う事が
あり、いま一度周知させる必要性を感じ、書く事にしました。

日本の政治の現場で、何故か、繰り返し争点として語られて
いる論点に「外国人参政権の是非」があります。ただ、世界
の趨勢ははっきりしていて、外国人に参政権が無いのは当然、
と言える状況が存在している現状があります。

外国人に参政権を認めたら何が起こるか、について、諸外国
の国民は肌感覚で理解しているのでしょう。他国では結論が
出ていて当たり前になっている事を、論点にして逸脱しよう
とする主張がまかり通るだけでも、危機意識の欠如に呆れる
しかありませんが、日本には、日本人に認められている権利
を、参政権以外の分野でも、外国人に認めようと言う政治家
が存在しています。

残酷な話に聞こえるかも知れませんが、外国人にとって住み
やすい制度をつくったら国は滅びます。是非、澄んだ目線を
もって、政治家の、新人であればその主張を現職であれば
在任中にとった行動を
、確認していただきたいと思います。

 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月17日

The 46 Party.(日本の法人税率を 46% にする党)の防衛政策

空想上の国政政党ですが、防衛政策が出来ました。ロシアの
ウクライナ侵略で露見した懸念に、真剣に対応する戦略です。
ただし、ハリボテの施策で国民を煙に巻きつつ、国土と未来
を外国人に切り売りしながら宴を続けるやり方を維持する為
に、個人の自由が日増しに奪われ良心が破壊され続ける独裁
権力を、与野党の大多数が、再三にわたる警告に無関心の中、
無邪気に支持し、大きな勢いになりつつある翼賛体制下では、
何もかもが空想です。


shelter220417.atc(261,508bytes)


 
posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

タイムカプセル


timecapsule220413.atc(1,572bytes)


 
posted by miraclestar at 02:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月12日

疎開

昨年の衆議院議員選挙の結果をうけて、破棄・封印していた
計画を復活させる事にしました。ただし、重要度の高い計画
の為、公開は見送る事にしました。

shelter220412.atc(1,764bytes)


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月29日

いますぐ着工出来るリニア中央新幹線の代替ルート

※山梨リニア実験線入口以東は既存の計画

山梨リニア実験線と国道137号線の交点付近
※以西の実験線は廃棄

身延線の常永駅と国母駅の中間地点
※山梨県駅

間ノ岳と北岳の間
※大井川源流域を回避

飯田線の高遠原駅
※長野県駅 / 間ノ岳と同緯度

瀬戸トンネル
※以西は既存の計画

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 07:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月23日

個人間のやり取りに張り付いて内心を監視する誰かがいる

いま、改めて読む事をおすすめしたい記事です。

(前略)警察庁はインターネット交流サイト(SNS)上に投稿された違法薬物の売買に関する情報の収集に人工知能(AI)を活用する実験を始めた。投稿は数が多い上に「隠語」が使われ、警察官らによるチェックには限界があるためで、果を踏まえて本格的な運用を検討する。(中略)7月から始めており、今年度末までを予定している。(中略)違法薬物のほか、児童売春や特殊詐欺などが対象で、捜査に乗り出すケースもある。

〈日刊ゲンダイ 2021年9月13日(2021年9月11日 夕刊) 3面〉

いくつもの点から懸念を含む内容だと思います。

ひとつは、非公開の投稿やメッセージを含めSNS上にあるあら
ゆる情報を、警察は見る事が出来るし、見ている事を事実上
認めたと言う点です。

記事の説明に沿って考えて、犯罪関連の可能性がある情報を
見付けたとしましょう。ではそれが本当に犯罪関連の情報か
どうか、どうやって確認するのでしょうか。何かしらの行動
を起こす為には裏付けが必要です。最終的には非公開の投稿
やメッセージの覗き見をして確認するのでしょう。


〈2021年10月13日〉

昨年10月に公開した記事ですが、実際は、どうなっているの
でしょうか。先日千葉県のある女性から、驚きの証言が飛び
出しました。

その人は、モデルの仕事を探して、SNS(Twitter)を利用して
カメラマンを探す事をしていたそうです。ところが「募集用
のアカウントが急に使用できなくなる」事があったそうです。
さらっと読み流してしまいそうになりますが、原因について
考えてみましょう。

SNSには「通報」機能があり、問題ある投稿をしていると運営
者の調査が入り、投稿が消されたり、使用できなくなったり
する事があります。ただその場合は、投稿している当人にも
その原因について心当たりがあるでしょう。

その人の主張するところでは、「わいせつな画像や、(わい
せつな)発言は(していない)」と言う事です。

では、誰が何をみて、アカウントを使用できなくする判断
を、したのでしょうか。

 
posted by miraclestar at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疎開

他の計画と比べて、建設にあたっての物理的障害は小さいと
思います。限られた人達の間で合意して資金調達が実現すれ
ば、ハコとしてはつくられてしまうかも知れません。ただし、
「何があるから人が集まって来るのか」が完全に空白の計画
だと思います。例えば、大都市から延びる交通網の沿線には、
大都市にある職場に勤める人が住居を構えて住んだりします。
長距離交通網に乗降出来る場所の近くであれば、同様に住居
を構えて住む場合があります。そのどちらでもない場所では、
過去賑わっていたか否かにかかわらず、衰退傾向にあります。

shelter220323.atc(1,764bytes)


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月17日

若くして自殺してしまったミュージシャンの世界観

かつて、彗星の如く、若くして絶大なる支持を集め、一世を
風靡し、その世界観、そして、その人生が崩される事の無い
まま、若くして自殺してしまったミュージシャンがいました。

その世界観をひも解いてみると「学校の窓ガラスを割る」等、
かつてはそんな事が可能だったのかと、カルチャーショック
を受ける程、隔世の世界観である事が分かります。

破壊行為が手段として適切とは言いませんが、かつての社会
は、若い者が大人の世界に疑問を持ったら、何かしら拒絶の
意思表示が出来る、その可能性がある社会でした。

話は変わりますが、何年か前、ある地方都市に出掛けた帰り
に在来線特急列車の自由席に乗っていたところ、閑散区間に
入る前の途中駅で、中学生か高校生か分かりませんが学校の
制服を着た女の子が乗って来て、席には座らず一駅だけ乗車
してそそくさと降りる姿を目撃し、色々な想像が巡りました。

恐らく、現場係員が共有する暗黙の了解があるのだろう、と
思いました。地方都市に暮らす大人であれば、鉄道を見限る
選択肢(自家用車)もあるのでしょうけど、中高生(多くは
未成年)に、その選択肢はありません。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月16日

疎開

posted by miraclestar at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月10日

僕たちは何と戦っているのか

今回は「僕たちは何と戦っているのか」と「何が達成出来た
らこの戦いは終わるのか」が分かるヒントとなる話をします。

一年前の本日、人生最大の失敗として、十一年前の出来事を
話しました。その続きの話です。ここではっきりさせなけれ
ばならない事をあらかじめ言うと、当時好きだった人の話が
不可避な要素として登場しますが、過去の話であり蒸し返す
意図はありません。

いまから十一年前、当時好きだった人がいました。その人と
の関係性は決して良好とはいえませんでしたが、自分なりに
は好転の端緒をつかみつつある、と思っていました。

当時、自分なりのノウハウの集大成となるイベントの初開催
に向けた準備を進めていました。もちろん、当時好きだった
人に手伝ってもらって開催出来る事が理想でしたが、それは
無理な話だと思ったので、まずは練習でとりあえず開催して
みる事にしたのです。2011年3月10日がその日でした。

ところが、いま思えばですけれど、これが人生最大の失敗で
した。この日の失敗によって、当時好きだった人との関係性
が決定的に破壊されてしまいました。その日以降、その人に
ついて近況が再びもたらされたとき、その人は変わり果てた
姿になっていました。自分にとって手の届かない世界の人に
なってしまっていたのです。

当時好きだった人は、古巣の組織で、同じ目線に立って活動
出来る一員として合流していた人でした。

当時好きだった人は、出会った当初、お付き合いしている相
手がいる、との事でした。ただ、相手が誰かは知らなかった
し、知ろうともしなかったので、まさかの方便だった可能性
も含めて、本当の事は、いまも不明です。

当時好きだった人には、つながっていた人に頼んで、機会を
つくってもらい、思いを伝える事をしました。時間をおいて
二回挑戦しました。どちらも返事は No でした。

お付き合いしている相手がいる、と言っていたのに、二回も
挑戦して奪おうとしていた、と言う事です。鬼と思いますか。

とは言え、相手が誰か知ろうとはしませんでした。相手が誰
かによって自分の言動が変わるのは違うと思ったし、知れば、
暗に圧力をかけてしまう自分を止められないと思ったのだろ
うと思います。

何故わざわざ、お付き合いしている相手がいる、と言ってい
た人に執着し、追い求めたかと言うと、当時の自分が思って
いたところでは、前世で結ばれなかった記憶がいくつもよみ
がえって来た相手だったからです。

ある記憶では、兄妹の関係でした。別の記憶では、公開処刑
で生き別れた事もありました。ただ、この記憶が実際にどの
様な現実を反映したものかは分かりません。そもそも現世と
前世との関係性は、分かっていない事が多く、色々な説があ
る様で、現世と前世が一対一で対応していると考える捉え方
が、正しいのかどうかも分かりません。だからこそ、自分の
持っている記憶を別の角度から捉えた記憶を持っているはず
の相手と、現世でこそ結ばれて、お互いの記憶を突き合わせ
たいと思っていました。

ところが、当時好きだった人との間に割って入って来た人が
いました。自分は深い考え無しに接していましたが、結果的
に、当時好きだった人との関係性が決定的に破壊されてしま
いました。当時好きだった人は、古巣の組織で、同じ目線に
立って活動出来る一員の、別の男と結婚しました。

割って入って来た人は、古巣に専業で身を投じる為に勤めて
いた会社を辞めた直後、古巣のひとりが連れて来た人でした。
そして、あれよあれよと言う間に、同じ目線に立って活動出
来る一員に加わっていました。

割って入って来た人は、日本を代表する規模のとある会社で
福利厚生関係の職員として働いていたらしく、その後転職し
某大手マスコミの同じ職種に就いた様です。「幸せな結婚を
する為に」として貯金して来たお金があったらしく、古巣と
のある契約に必要なお金○万円に貯金を投入した、と言う話
を“聞かされ”ました。

割って入って来た人が、古巣とのある契約を結んだ際、偶然
隣の部屋に居合わせた為に、挨拶を受けた事があり、浴びせ
られた第一声は、「(適した体型をしているから)子どもを
ポコポコ産む事が出来る」でした。あまりに突然の事であり、
当時は何を言っているのか、まったく理解出来ませんでした。
自分に関係無い話にしか思えなかったので、「不思議な事を
言う人がいるな」位は思ったかも知れませんが、特に気に留
めませんでした。

自分が古巣に専業で身を投じる際に、当時住んでいた部屋を
引き払う事になり、古巣の人たちに色々引き取ってもらった
のですが、割って入って来た人は、特におしゃれな小物等を
引き取っていきました。その中には、部屋を契約した際に母
親に買ってもらったオーダーメイドのカーテンもありました。
引き取り手がいなければ捨てるつもりの物だったので、深い
考えはありませんでした。

その後、割って入って来た人が働いていた会社を辞める事に
なり、更に故郷の親に貯金が無くなっていた事が知られ騒ぎ
になり、何やら手紙を書いたらしい事を“聞かされ”ました。

その時点においても、自分に関係無い話にしか思えなかった
ので、特に気に留めませんでした。いまになって思えば自分
がまったく知らないところで勝手に推し進められていた謀略
が存在し、外堀を埋める作業だったのだろうと思います。

長い時間かかって明らかになった現実から逆算して推察する
ところでは、割って入って来た人に営業した人は、明に暗に、
組織の中にいた、ある独身の人間の、その後の人生を無断で
売り渡し、「結婚相手になる」との暗黙の約束と引き換えに
契約を交わし、組織を挙げて、嘘を現実化させようと全力で
取り組んでいる状況がある様に思えます。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

いま最もホットな real bad

いま最もホットな real bad(本物の悪)と言えば、ロシアの
現職大統領、プーチンでしょう。彼は必要のない戦争を始め
ました。ロシアの現況が分かる記事を引用します。

(ここから先の言論は封殺されました)


〔解説〕
書きたい文章は思い浮かぶけれども、
電子情報に変換する作業が進まない。


 
続きを読む...

posted by miraclestar at 23:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

年少の女の子がしばしばみる夢

すべての女の子をひとくくりにしたら異論があるかも知れま
せんが、年少の女の子がしばしばみる夢があります。それは
親世代の成功モデルでもあり、成し得たら褒められる人生で
もあります。

その夢をみさせてくれるテーマパークが、女の子の間で超絶
人気があります。どこかの国のお姫さまになる自分を夢みさ
せてくれるからです。

どこかの国のお姫さまになるのは、さすがに可能性が低いと
しても、力のあるダンナをゲットして、あわよくば好き勝手
やりたい放題の生活を送れる様になる事はありそうな事です。

力のあるダンナは、いかにして力を得るに至ったのでしょう
か。情報を独占し、都合の悪い情報は伝えず、命令した通り
踊る様訓練された愚民をつくり、すり潰して搾取していない
でしょうか。

戦後日本は、都合の悪い現実にはフタをして、好戦国が戦争
を始めるところをほくそ笑みながら追認し、戦争で生まれた
特需の恩恵にあずかる事を経験しました。戦争に巻き込まれ
犠牲になった人々の流血の上に日本の経済成長がありました。

親世代ではもしかしたら、そう言う事がかろうじて通用した
時代があったのかも知れません。しかしいまや、自分以外の
他者が受け取るはずの豊かさをすり潰して強奪するやり方は
通用しないのではないかと思います。そのやり方に群がる輩
はまだたくさん残っている様ですが、手足目口を縛りつけれ
ばすべての人間が命令した通りに踊る時代は過ぎ去りました。

 
posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月01日

新和歌山駅 私案

空想上の新幹線計画「南海道新幹線」における新和歌山駅の
具体的な位置案と、本州・四国連絡線の具体的なルート案が
定まりました。ただし、現在の自民党政権は「南海道新幹線」
を否定する意思決定をしてしまっており、具現化の見込みが
まったく無い為、非公開とします。


myplan220301.atc(1,956bytes)

内容:新和歌山駅 私案
注意:現時点で具現化の見込みがまったく無い計画です。
鍵 :(公開時期未定)


 
posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月24日

古巣の変わってしまった側面

先日、久しぶりに古巣の人達と会い、近況を話す機会があり、
変わっていない側面と、変わってしまった側面が、ある事が
分かりました。

時代認識に大きな齟齬はないものの、それを踏まえてどの様
な未来社会をつくっていくのかについて、彼らの考えと自分
の考えの間には、大幅な違いがある様でした。

端的に言うなら、立憲主義の考え方を取り入れた社会にする
か否か、だと思います。科学技術が進歩して、IT、IoT、AIと
台頭する流れの中で、個人のプライバシーが関係無い第三者
に盗み出され、好き勝手やりたい放題される様になってしま
いました。その状態を放置するのか、と言う問題があります。

どうやら彼らには、それを放置しない考えは、無い様でした。
古巣の末端で活動する一人が言うところによると、最先端に
ついて来れない人間は、不利益も止む無し、と言う事でした。

これは、自分の考えとは大幅に違います。

時間の流れを経て、残るのはどちらになるのか、いまの時点
では何とも言えません。ただわかった事は、好き勝手やりた
い放題する輩の台頭は、もうしばらく続く、と言う事でした。

 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月23日

「イケメンだけど彼女がいない、出来ない」のは何故なのか

最近、「イケメンだけど彼女がいない、出来ない」と言う話
を耳にする様になりました。しかも、単発で個別特異な話で
はなく、複数同時並行的に同様の事例が発生しているらしく、
何かしらの社会情勢と言える事象なのではないかと思います。

この謎に迫る前に、イケメンとはどう言う人なのか、考えて
みましょう。イケメンとは余裕がある人ではないか、と思い
ます。では、どう言う経緯で余裕があるのでしょうか。これ
にはふたつの要因があると思います。ひとつは人よりもズル
賢い事をしていて余裕があると言う側面です。ひとつは社会
で良いと認められている事を優秀にこなしていて余裕がある
と言う側面です。

前者は、もちろんイケメン本人がそれを意識してやっている
場合もありますが、親がやっていてイケメン本人は意識して
いない場合もありますし、親が所属する組織がやっていて親
さえも意識していない場合もあります。前者の要因がある人
は、後者の要因も満たす事が多いのではないかと思いますが、
後者の要因を満たすけれども、前者の要因が無い、あるいは
ほとんど無い人もいるでしょう。

ここで「ズル賢い事」について具体的に理解していただく為
に、いまの日本社会を読み解く、広くは流通していない視点
を紹介したいと思います。イケメンとは言え、個人で「ズル
賢い事」に手を染めてしまえば、いつかはその実態がバレて
社会における評価を下げてしまいます。ところが集団で協力
して「ズル賢い事」をすれば、その実態がバレる可能性を低
く済ませる事が出来ますし、個人が社会における評価を下げ
る可能性も低く済ませる事が出来ます。

“グル型経済”とは、「一定の力を持った者同士が手を結び、
協力して選挙で勝つ等権力を得た上で、権力に伴い得られる
『利益の源泉の采配権(利権)』を行使して、『利益の源泉』
を協力関係にある者同士(利権共同体)の間で山分けした上
で、残りの部分で『法治による公平な競争』と言うお題目を
偽装する経済」の事です。

“グル型経済”に参加するイケメンは、社会における評価を
下げる事無く、「ズル賢い事」の恩恵を受ける事が出来ます。
一方で、割を食うのは、「ズル賢い事」に縁が無く暮らして
いる人達です。

「ズル賢い事」に縁が無く暮らしている人達は、「この国は
『法治による公平な競争』が行われていて『ズル賢い事』を
する人は罰せられるんだよ」と教育されます。教育を素直に
受け取った人のいくらかは、社会で良いと認められている事
を優秀にこなしてイケメンとなるのでしょう。そこで、はた
と気付いたら、残念な現実があるわけです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする