2021年08月23日

日本社会を震撼させる凶悪犯

国を挙げてのお祭り騒ぎ終了間際に颯爽と登場した凶悪犯が、
日本社会を震撼させています。それは、国民を恐怖に陥れる
凶悪事件を起こした犯人と言うだけではなく、社会に影響を
与える異質性を持った事件の犯人としての性質もあります。

国を挙げてのお祭り騒ぎを旗印に推し進められて来た警察の
犯罪抑止対策がありましたが、その敗北を決定付ける出来事
だと言えるのではないかと思います。とは言うものの、その
点に気付く人の数が増える前に、「だから警察が必要なんだ」
と、警察の役割と権力を更に強化する動きを推し進めようと
するかも知れません。いま警察の内部にある秘密の部署では、
突然降って湧いた“利権の泉”に、歓喜の声を静かにあげて
いるところではないかと思います。

実際に、これから何が起こるのでしょうか。

事件は最先端のAI監視技術が導入された鉄道車両の中で起き
ました。「防犯対策だ」との大義名分で、議論も何も無しに
勝手に推し進められて来た、「防犯カメラ」と言う名の監視
カメラには、凶悪犯に対する犯罪防止効果が無い事が明らか
となりました。「防犯カメラ」と言う名で配備されたIT機器
の存在意義が否定されたと言って良いのではないかと思うの
ですが、省みられる事は無いでしょう。

犯人は少なくとも数年の長期にわたって穏健に暮らして来た
沿線住民であり、外からやって来た者ではありませんでした。
しかも、犯行直前に万引きで捕まり、警察の注視がある中で
起きた事件でした。更にあろう事か、警察が自由に監視する
事が出来る、最先端のAI監視技術が導入された鉄道車両の中
で犯行に及びました。じゃあ今後はこの様な犯罪が起きない
様にと言う事で、「鉄道車両の中で勝ち組の女性を物色して
歩きまわる者」を検知するAIが開発されるのではないか、と
思います。

AIが「鉄道車両の中で勝ち組の女性を物色して歩きまわる者」
を検知する為には、AIが「勝ち組の女性」を検知出来る様に
ならなければなりません。「勝ち組の女性」を検知するAIの
開発も進むでしょう。

そのAIを導入する為だとして、車内を広範囲に撮影し乗客の
視線の動き迄監視出来るカメラが配備されるでしょう。

これは、実際に起こる可能性があります。
しかも秘密裏に推し進められるでしょう。

 
posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

最先端のAI監視技術の前で刺傷事件が起きた

小田急の5000系に取り付けられている監視カメラはAI顔認識
カメラです。警察はいつでもどこでも、自由に車内の様子を
監視する事が出来る状態になっています。小田急の5000系の
車内で拾った何かをポケットに入れると、その時間と場所が
記録され、警察に通知が行く様になっています。最先端のAI
監視技術が導入されている車両です。

警察は、犯行の様子を見る事が出来る状態にあったはずです。

小田急の駅施設の監視カメラはAI顔認識カメラであり、これ
も警察が自由に監視する事が出来る状態になっています。

犯人が乗車する様子を見る事が出来る状態にあったはずです。

 
posted by miraclestar at 12:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あの幼稚園の教育って何だったのだろうか」

最近読んだ新聞の特集で、「幼稚園は学校の延長上の施設で、
保育園は福祉施設である」と言う違いがある事を知りました。
同年齢で通園する施設に幼稚園と保育園の二種類がある事は、
良く知られている事だと思いますが、それらの間にどの様な
違いがあるのか、興味があって調べない限り知る機会が無く
あまり知られていないのではないかと思いました。ましてや、
幼稚園と保育園の両方に通った経験があり、その違いを体感
的に知っている人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

自分は幼稚園に通っていました。幼稚園か保育園に通う年齢
になる少し前に、丘の上にある建売住宅に引越して、自宅の
裏手すぐ近くに小学校と幼稚園があったので、その幼稚園に
通う選択肢以外は考えられませんでした。

だから、それが当たり前だと思っていたわけですが、世の中
そうでもないらしいですね。それを当たり前のように与えて
くれた父親と母親には感謝しないわけにはいきません。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本語の力」があると見えて来る世界

言葉には意味があります。言葉と意味の組み合わせをどの位
知っているかで計る事が出来るのが「日本語の力」です。

国語の成績と「日本語の力」は違います。国語の成績が良い
人は「日本語の力」もあると思いますが、「日本語の力」が
ある人が国語の成績が良いとは限りません。

「日本語の力」があると見えて来る世界とは「想像力の世界」
です。例えば、「日本語の力」が乏しい人は、力がある人の
言った事をそのまま信じて受け入れるしかありません。一方、
「日本語の力」がある人は、力がある人が言った事が正しい
か否か、合理的で無理の無い論理か否か、自分の頭で考えて
確認しながら進む事が出来る様になります。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10万円ではじめるプログラミング講座 10

全ての国民に10万円が行きわたると言う事で、様々な事情の
方がいらっしゃるかと思いますが、それが出来る人に向けて、
Excelを活用したプログラミング講座を執筆する事にしました。
「ゲームをやった時間を記録して集計出来るプログラム」を
自分で作れるようになる事を目標にしています。

まさか、この題名が浮く事になる事態になるとは、想像して
いませんでした。それはつまり「経済的な殺戮」だからです。

前回迄作成していたプログラムの仕上げ作業をお届けしよう
と思います。この講座でつくるプログラムの正しく動作する
版にはあって、まだ紹介していない部分が少しあります。

前回つくったプログラムを開きます。ファイル名は
「den-dentaku3.xlsm / den-dentaku3.xls」として
保存したと思います。

ファイルを開くと、まっさらなExcelブックに「セキュリティ
の警告 マクロが無効にされました。」と言う表示(表現は
バージョンによって違うかも知れません)が出現している事
が確認出来ると思います。忘れずマクロを有効に設定します。

プログラムの改造を始める前に、前回つくった内容を消して
しまう事のない様、ファイル名を変えておきましょう。

ツールバー等にある「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイル名は「den-dentaku4.xlsm / den-dentaku4.xls」等
が良いでしょう。

ファイルを開いた状態で、「Alt+F11」を押します。
「Microsoft Visual Basic」の画面が出て来ると思います。
そのまま「F7」を押して、「コード」画面を開きます。



ProcessKeyPressの Select Case KeyAscii と End Selectの
間のCase Elseの前に、以下のコードを書き込みます。

Case Asc("%") '%
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
Case cmNyuryoku1
'☆9
Case cmNyuryoku2
'☆10
End Select


'☆9
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
strNyuryoku = CStr(dblKekka * dblNyuryoku1 / 100)
UpdateDisplay


'☆10
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
Select Case strEnzanshi
Case "+", "-"
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1 * dblNyuryoku2 / 100)
Case "*", "/"
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2 / 100)
End Select
ProcessKeyPress (Asc("="))



ProcessKeyPressの Select Case KeyAscii と End Selectの
間のCase Elseの前に、以下のコードを書き込みます。

Case Asc("X"), Asc("x") '1/x
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
'☆11
Case cmNyuryoku1
'☆12
Case cmNyuryoku2
'☆13
End Select
UpdateDisplay
Case Asc("Q"), Asc("q") 'sqrt
If cmJoutai <= cmAllClear Then Exit Sub
Select Case cmJoutai
Case cmKekka
'☆14
Case cmNyuryoku1
'☆15
Case cmNyuryoku2
'☆16
End Select
UpdateDisplay


'☆11
If dblKekka = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblKekka = 1 / dblKekka
End If


'☆12
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku1 = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku1 = 1 / dblNyuryoku1
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1)
End If


'☆13
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku2 = 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku2 = 1 / dblNyuryoku2
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2)
End If


'☆14
If dblKekka < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblKekka = dblKekka ^ 0.5
End If


'☆15
dblNyuryoku1 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku1 < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku1 = dblNyuryoku1 ^ 0.5
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku1)
End If


'☆16
dblNyuryoku2 = ConvertNyuryoku()
If dblNyuryoku2 < 0 Then
strError = "計算出来ません"
cmJoutai = cmJoutai * -1
Else
dblNyuryoku2 = dblNyuryoku2 ^ 0.5
strNyuryoku = CStr(dblNyuryoku2)
End If



「F5」キーを押して動作確認してみましょう。



「コード」の先頭にカーソルを持っていき(コンボボックス
から (General)(Declarations) を選ぶ操作でも良い)、以下
のコードを探します。

Private cmJoutai As CalcMode
Private strNyuryoku As String '入力中の数値を記憶
Private strEnzanshi As String '数値の前に押した演算子を記憶(+-*/)
Private dblNyuryoku1 As Double '演算子の左の数字を記憶
Private dblNyuryoku2 As Double '演算子の右の数字を記憶
Private dblKekka As Double '結果の数値を記憶
Private strError As String 'エラーとして表示する文字列

これを次の様に書き換えます。

Private cmJoutai As CalcMode
Private strNyuryoku As String '入力中の数値を記憶
Private strEnzanshi As String '数値の前に押した演算子を記憶(+-*/)
Private dblNyuryoku1 As Double '演算子の左の数字を記憶
Private dblNyuryoku2 As Double '演算子の右の数字を記憶
Private dblKekka As Double '結果の数値を記憶
Private blnNyuryoku As Boolean 'True:入力を受け付ける False:受け付けない
Private strError As String 'エラーとして表示する文字列

太字が今回追加したコードです。



忘れないうちに、ここまでつくって来たプログラムを保存し
ましょう。ツールバー等にある「保存」をクリックします。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 08:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする