2021年04月17日

米国の地下鉄車両では何故サイバー攻撃対策が必要なのか

無為無策の独裁者に盾ついたNHKニュースのキャスターが更迭
される事になり、後任が誰になるか注目していたのですけど、
大本営はいわゆる“米国番記者”を据えた様です。米国流の
秩序に染め上げようとする、なみなみならぬ意欲を感じます。
交代初日のスタートダッシュから鼻息の荒さが際立ちました。

ところで、米国流の秩序について、気になる事実があります。

(前略)日立製作所は、米国のワシントン首都圏交通局に新型の地下鉄車両を最大で800両納入する契約を結んだと発表した。(中略)現地に車両をつくる新工場を建設し、2024年から車両の納入を始める。

新型車両には、最新のデジタル画面や防犯のための高精細カメラをそなえる。サイバー攻撃への厳格な対策も取り入れるという。車体の軽量化を図り、エネルギー効率の向上を目指す。(後略)


〈朝日新聞 3月19日 朝刊 8面〉

米国の地下鉄車両では、サイバー攻撃への厳格な対策を必要
としている様です。それがどうした、と思いますか。

電子制御を取り入れ、ネットワークに接続された自動車では、
サイバー攻撃によって自動車の制御装置が乗っ取られ、不正
な動作や、場合によっては事故をを起こす事も可能になって
しまうのではないか、と言われています。そこで、自動車の
分野では、サイバー攻撃への厳格な対策の必要性がさかんに
議論されています。

その延長線上で、地下鉄車両でも、サイバー攻撃への厳格な
対策が必要なのではないか、と考えるのは、自然な事の様に
思えてしまいます。

しかしながら、自動車と地下鉄車両では、使用される環境が
まったく異なります。地下鉄車両が走る環境、地下鉄車両が
操作される環境が、自動車とはまったく異なるのです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

盗撮装置の発見から二年

いまからちょうど二年前の出来事です。2019年4月12日でした。
自分の身の回りに、AI顔認識カメラが仕掛けられている事に
初めて気付いた日の事です。

AI顔認識カメラ、と言う技術が存在している事は知っていま
した。それが近隣国で、ものすごい勢いで増えていると言う
話も知っていました。しかし、近隣国では政治体制が異なり、
それ故にそういった技術に歯止めがかからないのだろう、と
思い、まさか日本であり得る事とは、到底思えませんでした。
対岸の火事として捉えていたのです。

ところが、それは、2019年4月12日に、甘い考えであった事が
明らかとなりました。思い返せば、その日以前から、異常を
感知していた事は何度もありました。それがはっきりとした
異常として感知出来たのです。

実は、AI顔認識カメラの発見に先立って『逃げ場の無い監視
社会』の現出をいち早く察知し、警鐘を鳴らす記事を書いて
いました。いま振り返ってみれば、警鐘はまったく力を持た
なかったと言わざるを得ません。

状況は、厳しさを増す一方です。物心ついた頃からスマート
フォンに触れ、当たり前の様に利用して育った世代の人達に
とって「監視されずに生きる自由」がどう言うもので、どれ
だけ大切で貴重なものであるか実感しにくいかも知れません。

とは言うものの、最初から「監視された状態」しか知らない
人が、「監視されていない状態」がどういうものか想像する
事は難しいかも知れませんが、もし、自分の身の回りに仕掛
けられたAI顔認識カメラの存在を、ある日突然、認識出来る
様になったとしたら、まったく違う考えを持つ様になる、の
ではないでしょうか。

 
posted by miraclestar at 17:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

どう言う状態が達成されたら“安心”と言う事が出来るか

“安心”と言う概念の中で、「どう言う状態が達成されたら
“安心”と言う事が出来るか」について、自分自身の考え方
と、世の中にいる多くの人が持っている考え方の間に違いが
ある様に思います。

それは、“裏システム”による国民生活の盗聴・盗撮・管理・
統制の存在に気付いているか否か、によるものではないかと
思います。

例えばいまやその存在に異論を唱える人間はほとんど見かけ
なくなった“監視カメラ”は、街中にあふれかえっています。
目の前に居座る独裁者の元、特に元号が変わった頃からもの
すごい勢いで増えている事にお気付きでしょうか。コロナ禍
で緊急事態宣言が発令される度に、街に人が少なくなった際
には、その隙に付け込むかの様に、大量の“監視カメラ”が
少しずつ、日々着実に、設置が進められています。

多くの人は“監視カメラ”に“安心”を感じるのでしょうか。

国民に行動の変化を要請するけれども、利権が削られる様な
事はやりたくない。だから、大量の“監視カメラ”で無言の
圧力を加え、国民を締め付ける。それこそ、やつらの考える
「コロナ対策」と言う事なのでしょう。そして、コロナ禍に
おいてもやつらは利権漁りは忘れていません。先日「持続化
給付金は自民党の利権」であった事が、明らかになりました。
自民党の末端で活動していた運動員が利権共同体に参加する
新規の構成員を募る集会の場で暴露していた事が報道された
のです。末端の運動員が「持続化給付金は自民党の利権」等
と言う考えを独断で打ち出す事は考えにくく、何かしらその
言葉の根拠となる組織的な後ろ盾が、無いはずは無い、とは
思うのですが、果たして実態の解明は行われるのでしょうか。

嘘と不正にまみれた犯罪者の集まりの、嘘と不正が明らかに
なる度に“監視カメラ”の台数を増やし、無言の圧力による
国民への締め付けを強化し続けているにもかかわらず、その
やり方を支持する人達がいなくならない事を考えれば、ある
一定数の人達には、大量の“監視カメラ”は、マイナス要因
とは捉えられていないのでしょう。

しかしながら、これら大量の“監視カメラ”はすべて、将来
通信機能とAI機能が追加されてAI顔認識カメラとなり、国民
生活の隅の隅迄ほじくり返すようにして監視する「独裁者の
目」としての役割を担う様になる可能性があります。

――◇◆◇――

“安心”について、別の角度から話をしてみようと思います。

JR、新幹線の公衆電話終了
JR東日本など5社は18日、新幹線車内での公衆電話サービスの提供を6月30日で終了すると発表した。6月7日から車内デッキに設置してある公衆電話は順次使えなくなる。(後略)


〈日経新聞 3月19日 朝刊 15面〉

この公衆電話、使った事があります。以前は、スマホが普及
する前から使っていた携帯電話(いわゆるガラケー)を持ち
歩いていました。それさえも持ち歩かなくなった為、宿泊先
への連絡で、利用したのです。

スマホが全盛の時代になっても、古い携帯電話を使い続けて
いた理由は、最新機種に搭載されているGPSから得られる位置
情報が窃盗され流出する事を警戒していたからです。使って
いた携帯電話は、Webサイトの閲覧でさえ、最新の暗号通信に
対応出来ず、閲覧出来ないサイトが次々と増えていっていた
有様でしたが、GPSアンテナが搭載されておらず、万が一にも、
裏口から位置情報の窃盗を試みられたとしても、決して流出
する事の無い“安心感”がありました。

携帯電話が通信に使っている基地局の情報と、電波強度から
割り出せる大まかな位置情報が窃盗される可能性は、技術的
には有り得る話だけれども、まさかそこまではやっていない
だろうと言う根拠の無い思い込みがありました。

しかしながら、あるとき偶然に行った行動をきっかけにして、
それが甘い考えであった事を、思い知らされる事になります。

いまと同じくらい情報の窃盗を警戒していたら、位置情報の
窃盗が始まった時点で、情報の窃盗に気付く事が出来たかも
知れませんが、当時そこまで警戒していませんでした。

以来携帯電話さえも持ち歩かなくなったのです。余談ですが、
当時その座に君臨していた独裁者は「スマホを持っていない」
と公言していました。国民から窃盗した携帯電話の位置情報
について、報告を受ける立場であったと想像します。それら
を持ち歩く事の意味を誰よりも知っていたのでしょう。

多くの人は“携帯電話やスマホ”を持ち歩く事を当たり前に
している様ですが、“安心”を感じていられるのでしょうか。

携帯電話さえも持ち歩かなくなった事で、基地局との通信に
よる位置情報が窃盗される事は無くなりましたが、だからと
言って、これから先公衆電話を使う事さえ、もう無いのでは
ないかと思います。なぜなら、声紋によって個人の居場所を
特定する事が出来る盗聴マイクが、街中に仕掛けられている
からです。

新幹線の公衆電話を利用した当時、AI顔認識カメラと言えば、
ドライブレコーダーに偽装したAI顔認識カメラが搭載された
タクシーがほとんどで、その時点で全国に広がっていました
が、タクシー以外では、一部の特急車両に導入例があるのみ
でした。公衆電話が置かれていた場所にあったカメラがAI顔
認識カメラであった可能性は、ゼロではありませんでしたが、
新幹線車両は車両の数が膨大で、時間がかかるだろうと言う
考えに賭けました。利用した当時の、会話の音声や通話する
姿の映像は、恐らく流出していないとは思うのですが、これ
から先どうなるかは分かりません。いずれ、新幹線車両にも
AI顔認識カメラが導入される事になるのでしょう。

――◇◆◇――

このやり方に異論を唱える人間が、ひとりさえいないと言う
事なのでしょうか。その存在を隠す事はしない様です。

(前略)日立製作所は、米国のワシントン首都圏交通局に新型の地下鉄車両を最大で800両納入する契約を結んだと発表した。(中略)現地に車両をつくる新工場を建設し、2024年から車両の納入を始める。

新型車両には、最新のデジタル画面や防犯のための高精細カメラをそなえる。サイバー攻撃への厳格な対策も取り入れるという。車体の軽量化を図り、エネルギー効率の向上を目指す。(後略)


〈朝日新聞 3月19日 朝刊 8面〉

米国では、必要性を逸脱した性能を備えた“監視カメラ”の
存在を隠す事をしない様です。例えば日本では、防犯カメラ
の性能について「解像度は640×480、フレーム数は5fps」等
と言う値を公表している事例があります。もちろん、実際は
とんでもなく高性能な“監視カメラ”を搭載している可能性
もありますが、少なくとも表向きは、何も言わないか「低い
性能だ」と言って、決して「高精細カメラ」とは言いません。

日本の技術の粋を集めた最新の鉄道車両には、車両間の通信
にギガビットイーサーネット(1Gbps以上の通信速度)と同等
かそれ以上の通信速度を持った通信装置が搭載されています。

これだけの性能を持った通信装置が何に利用されているのか
と言えば、車内で利用出来る無線LAN(Wi-Fi)接続サービス
を提供する為に利用されているわけなのですが、あり余った
通信速度を利用してあらゆるAI認識機能を組み込む事も可能
であり、既に数多くの導入例があるのです。

――◆◇◆――

鉄道の普通車でAI認識機能の搭載を確認した初めての事例は、
JR西日本の地方路線で導入が進められていた新型車両でした。

地方路線ではワンマン運転が行われており、運転士が列車の
運転だけでなく、扉の開閉や料金収受等、利用客の多い都市
路線では車掌や駅員が担う業務も一手に引き受ける運営方式
が採られる事があります。この様な運営方式が採られる車両
では、運転しながら車内を確認する事が出来る様に鏡が備え
られている事が多いのですが、最新型の車両では鏡の代わり
にカメラとモニターが備えられており、運転台の背後の様子
はもちろんの事、先頭車両後部扉付近の様子や、2両目以降の
車内の様子迄確認する事が出来、大幅な機能向上が図られて
います。それは進化と捉える事も出来ますし、「“安心”が
向上した」と捉える事も、出来るのかも知れません。

しかしながら、このカメラはAI顔認識カメラでした。表向き
は、ワンマン列車の運転士が車内を確認する目的のカメラと
して偽装されていますが、別の目的が含まれているのです。

しかも、この車両のカメラにはマイクもついており、映像と
同時に音声も記録する事が出来る様になっています。運転士
が車内を確認する目的だ、と思い込ませる様な見せ方をして
おきながら、音声も記録する事が出来る様になっているのは、
完全な騙し討ちだ、と思うのですが、いかがでしょうか。

マイクは、AI認識機能と接続されており、声紋によって個人
の居場所を特定する事が出来る、盗聴マイクでもあるのです。

――◆◇◆――

(前略)パナソニックは19日までに、東京ドームの一般来場者が「顔パス」で入場し、店舗で買い物ができるシステムの導入に向けた実験を始めた。(中略)入場の実験は東京ドームの従業員ら約200人を対象に、今月上旬から始めた。入場ゲート前に設置したタブレット端末のカメラで捉えた顔を、あらかじめ登録した顔画像と照合し、本人確認する。(中略)買い物の実験は4月からで、一般来場者を対象にする。利用者は専用ウェブサイトで事前に顔画像やクレジットカード情報を登録する必要がある。(後略)

〈スポーツ報知 3月20日 (朝刊) 27面〉

顔認識に利用できる顔画像は、個人にとって事実上交換不能
な唯一無二の情報であり、数ある個人情報の中でも特に厳格
な管理が必要な情報だと思うのですが、これを限られた人数
の例えば入退場管理を目的に収集するのでは無くて、あろう
事か、不特定多数のしかも購買行動と結びついた情報を得る
事が可能になってしまうと言う、機密度の高い情報に機密度
の高い情報を組み合わせる情報収集を目論んでいる様ですが、
一体どうやって管理するつもりなのでしょうか。

いや、そもそも個人情報を厳格に管理するつもり等最初から
無くて、“裏システム”に登録する個人情報を効率的に得る
方便として考え出された取り組みだと見た方が、より現実味
があると言えるでしょう。

東京ドームの来場者で、顔画像を登録した人は“裏システム”
に登録されて、街中に仕掛けられたAI顔認識カメラによって
行動の履歴が記録される様になり、必要に応じて発言の盗聴、
決定的瞬間の盗撮も行われるでしょう。顔認識による決済を
利用しなくとも、POSに仕掛けられたAI顔認識カメラによって
個人のあらゆる購買履歴が記録される様になり、分析の材料
にされるでしょう。必要に応じて内心も探られるでしょう。

いまや、あらゆるタクシーやバスにはドライブレコーダーに
偽装したAI顔認識カメラが仕掛けられており、どこに出掛け
たとしても居場所が追跡出来る様になっています。JR東日本
の普通車の運転台には、ドライブレコーダー的な役割を偽装
したAI顔認識カメラが据え付けられています。JR西日本の駅
施設にあるカメラはほとんどがAI顔認識カメラです。

自分の顔を知っている人がたくさんいて、AI顔認識カメラに
追跡されなくとも、居場所を秘密にする事は困難だ、と言う
人でも、顔を知っている人に居場所を知られる事とAI顔認識
カメラに居場所を追跡される事はまったく異なります。想像
を膨らませてみてください。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

“裏システム”による国民生活の盗聴・盗撮・管理・統制

国会で虚偽答弁を繰り返し虚偽答弁で国民を煙に巻いて時間
稼ぎをしている間にうまい嘘で国民を騙して国民共有の財産
から富を掠め取り、その富を自分を中心とする親しい仲間に
分配する仕組みをつくり続けている者達の手によって、いま
議論されている事があります。

公権力によるデジタル化の推進

についてです。一昔前に全盛期を迎えたIT革命によって社会
のデジタル化が各方面で進みました。いま全盛期程の勢いは
無いものの、その勢いの延長線上にある、と言えるでしょう。

IT革命の初期に進められていたデジタル化は、モノに関する
デジタル化でした。モノの変化や移動をデジタル化する事に
よって、モノの過去・現在・未来を、整理・分析・予測する
事が出来る様になり、現場の効率化、組織や社会全体の生産
性向上に資するとして、もてはやされました。

初期において進められていたデジタル化は、あくまでモノに
関するデジタル化であり、デジタル化される情報は個人情報
からは隔離されていました。それが、少しずつ段階を踏んで
個人情報を含む領域に足を踏み入れる様になっていきました。

典型例は組織の顧客情報であり、意図しない流出や、目的外
への流用が社会問題化される様になりました。顕在化された
問題に対処して、法律等が整備されました。

ある時期から、個人情報を全面的に隠すのではなく、自らの
判断で選択した個人情報を公開し、社会的なつながりを強化・
発展させる事が、文化としてもてはやされる様になりました。

公権力によるデジタル化の推進は、その雰囲気に延長線上で
「まあ、別に問題無いんじゃないか」と言う軽い考えが支配
する中「いまなら一気に推し進められるのではないだろうか」
と言う考えのもと、議論が進められています。

しかしながら、公権力によるデジタル化の推進は、これ迄の、
自らの判断で選択した個人情報を公開するやり方のデジタル
化とは、質も量も範囲もまったく異なるものです。

その結果について深く考えを巡らせる事も無く、あろう事か、
国会で虚偽答弁を繰り返し虚偽答弁で国民を煙に巻いて時間
稼ぎをしている間にうまい嘘で国民を騙して国民共有の財産
から富を掠め取り、その富を自分を中心とする親しい仲間に
分配する仕組みをつくり続けている者達の手によって、いま
推し進められようとしているのです。

 
続きを読む...

posted by miraclestar at 04:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

人生最大の失敗

本日は、2021年3月10日です。自分にとって人生最大の失敗を
おかした日から、十年の月日が過ぎようとしています。

その日の失敗が無かったら、どういう人生を歩む事が出来て
いたのだろうか、といまも思います。とは言えその日の失敗
があったからこその学びがあり、出会いもある事は確かです。

いまから十年前、当時好きだった人がいました。その人との
関係性は決して良好とはいえませんでしたが、自分なりには
好転の端緒をつかみつつある、と思っていました。

当時、自分なりのノウハウの集大成となるイベントの初開催
に向けた準備を進めていました。もちろん、当時好きだった
人に手伝ってもらって開催出来る事が理想でしたが、それは
無理な話だと思ったので、まずは練習でとりあえず開催して
みる事にしたのです。当然自分ひとりだけでは開催する事が
出来ないので、当時一緒に活動していた仲間の中から、2人に
アシスタントをお願いする事にしました。男性女性各1人です。
イベントは定期的に開催する計画で、2人が交互に手伝う事で
話がまとまりました。一緒に活動していた仲間は大人数いて、
何故その2人だったかの経緯は覚えていませんが、恐らくたま
たま頼みやすかった、と言う事だろうと思います。深い考え
はまったくありませんでした。

そして、2011年3月10日にイベントの初開催を迎えます。その
日はアシスタントとして女性の方が手伝ってくれました。

ところが、いま思えばですけれど、これが人生最大の失敗で
した。この日の失敗によって、当時好きだった人との関係性
が決定的に破壊されてしまいました。その日以降、その人に
ついて近況が再びもたらされたとき、その人は変わり果てた
姿になっていました。自分にとって手の届かない世界の人に
なってしまっていたのです。

 
posted by miraclestar at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする